以下の翻訳は、便宜上提供されているにすぎず、翻訳版および英語版の間で齟齬または矛盾がある場合(翻訳版の提供の遅滞による場合を含みますが、これに限られません)、英語版が優先します。

この AWS カスタマーアグリーメント(「本契約」)は、本契約を締結する個人または当該個人が代理する団体(「サービス利用者」)による、提供される本サービス内容(以下に定義する)へのアクセスおよび利用の条件を定めたものであり、Amazon Web Services, Inc.(「AWS 」または「アマゾン」)とサービス利用者の間の契約を構成する。本契約は、サービス利用者が「同意する」のボタンをクリックするか、本条件とともに提示されるチェック欄にチェックマークを入れたとき、またはそれ以前に、サービス利用者が提供される本サービス内容を利用したときに発効する(「契約発効日」)。サービス利用者は、適法に契約を締結できるものであること(例えば、未成年者でないこと)をアマゾンに対して表明する。サービス利用者がその勤務先である 会社などの団体を代理して本契約を締結する場合には、サービス利用者は、かかる団体を拘束する法的権限を有するものであることをアマゾンに対して表明する。本契約で使用される一定の用語の定義は、第14条に定めるとおりとする。

1.1 全般 サービス利用者は本契約に従い提供される本サービス内容にアクセスし利用することができる。一定の提供される本サービス内容には、サービスレベルアグリーメントが適用される場合がある。サービス利用者は、第 14 条に定義されるサービス条件、適正利用規約、およびその他のアマゾン規約を含む、提供される本サービス内容のサービス利用者による利用に適用されるすべての法律、規則および規準を遵守する。

1.2 サービス利用者のアカウント 本サービスにアクセスするためには、サービス利用者は、有効な電子メールアドレスに関連づけた AWS アカウントを作成しなければならない。サービス条件で明示的に認められている場合を除き、サービス利用者は一つの電子メールアドレスにつき、一つの AWS アカウントのみ作成することができる。サービス利用者は、自らのアカウントに基づき生じるあらゆる活動につき、かかる活動がサービス利用者、サービス利用者の従業員、または第三者(サービス利用者の業務委託先および代理人を含む。)のいずれによるものかを問わず責任を負うものとし、アマゾンおよびアマゾンの関連会社は、サービス利用者のアカウントへの不正アクセスにつき、それがアマゾンによる本契約の違反により生じた場合を除いて、責任を負わないものとする。サービス利用者は、権限のない第三者がサービス利用者のアカウンを使用していることが疑われる場合や、アカウント情報の紛失または盗難の場合には、直ちにアマゾンに連絡するものとする。サービス利用者は、第 7 条に従い、そのアカウントおよび本契約をいつでも解除することができる。

1.3 サービス利用者へのサポート サービス利用者が、アマゾンが本サービスのユーザ一般に対して無償で提供するサポート以外に、本サービスのサポートを希望する場合には、AWS Support ガイドラインの条件に従い、顧客サポートを申し込むことができる。

1.4 第三者コンテンツ 第三者が提供するソフトウェア アプリケーションなどの第三者コンテンツは、別個の条件(別途の料金等を含む。)に基づき、アマゾン以外の会社または個人からサービス利用者に対して直接提供される場合がある。アマゾンは第三者コンテンツのテストまたは検査を行っていないことがあるため、サービス利用者は、自らの危険で、第三者コンテンツを使用するものとする。

2.1 提供される本サービス内容の変更 アマゾンは、随時、(提供される本サービス内容全体を含めて)提供される本サービス内容のいずれの部分についても変更、中止、廃止し、あるいは提供される本サービス内容の属性もしくは機能を変更または削除することができるものとする。提供される本サービス内容の重要な変更または中止を行う場合には、アマゾンは、サービス利用者に対して通知する。

2.2 API の変更 アマゾンは、随時、本サービスの API を変更、中止または廃止することができるものとするが、変更、中止または廃止から 12 ヶ月間は、変更、中止または廃止された API の以前のバージョンのサポートを継続するため商業上合理的な努力をする。ただし、それにより、(a)セキュリティもしくは知的財産の問題が生じる場合、(b)経済的もしくは技術的に負担が大きい場合、または(c)法律もしくは政府機関の要請を遵守する必要がある場合を除く。

2.3 サービスレベルアグリーメントの変更 アマゾンは、第 12 条に従い、随時、サービスレベルアグリーメントを変更、中止または追加することができるものとする。

3.1 AWS セキュリティ 第 10 条、および第 4.2 項に基づくサービス利用者の義務を制限することなく、アマゾンは、サービス利用者コンテンツを、事故による、または違法な、紛失、アクセスまたは開示から保護するためにサービス利用者を支援するよう設計された合理的で適切な対策を実施する。

3.2 データプライバシー サービス利用者は、サービス利用者コンテンツが保存される AWS リージョンを指定することができる。サービス利用者は、自らが選択する AWS リージョンにおけるサービス利用者コンテンツの保存および当該 AWS リージョンへのサービス利用者コンテンツの転送に同意する。アマゾンは、提供される本サービス内容を維持もしくは提供するのに必要な場合、または法律もしくは政府機関の拘束力ある命令を遵守するのに必要な場合を除き、サービス利用者コンテンツにアクセスもしくはそれを利用しない。アマゾンは、法律または政府機関の拘束力ある命令を遵守するのに必要な場合を除き、(a)いかなる政府または第三者に対しても、サービス利用者コンテンツを開示せず、(b)第 3.3 項を条件として、サービス利用者が選択した AWS リージョンからサービス利用者コンテンツを移動しない。法律または政府機関の拘束力ある命令に違反することにならない限り、アマゾンは、本第 3.2 項に言及のある法的要件または拘束力ある命令についてサービス利用者に通知する。アマゾンは、プライバシー規約に従ってのみサービス利用者のアカウント情報を利用するものであり、サービス利用者は、かかる利用に同意する。プライバシー規約は、サービス利用者コンテンツには適用されない。

3.3 サービス属性 請求および管理業務を提供するため、アマゾンは、サービス利用者が提供される本サービス内容を利用する AWS リージョンおよび米国内の AWS リージョンにおいてサービス属性を処理することができる。サービス利用者によって始動されたサポートサービスをサービス利用者に対して提供するため、および、不正行為、不正利用または本契約の違反を調査するため、アマゾンは、アマゾンがそのサポートおよび調査担当の人材を維持するところでサービス属性を処理することができる。

4.1 サービス利用者コンテンツ サービス利用者は、サービス利用者コンテンツの開発、内容、運用、維持および使用につき、単独で責任を負う。例えば、サービス利用者は以下に関して単独で責任を負う。

(a) サービス利用者コンテンツの技術的運用(サービス利用者が本サービスの提供要求を行う場合の、当該本サービスのその時点の最新の API と互換性があることを確認することを含む。)

(b) 適正利用規約、その他のアマゾン規約および法律へのサービス利用者コンテンツの準拠。  

(c) サービス利用者コンテンツに関するあらゆるクレーム

(d) デジタルミレニアム著作権法に従った通知を含む、サービス利用者コンテンツが第三者の権利を侵害すると主張する第三者からサービス利用者(またはその関係者)に送付される通知の適正な取扱いおよび処理

4.2 その他のセキュリティおよびバックアップ サービス利用者は、提供される本サービス内容を適正に設定および利用し、サービス利用者コンテンツを不正アクセスから保護するため暗号化技術を使用することや定期的にサービス利用者コンテンツを保存することを含めて、サービス利用者コンテンツの適切なセキュリティ、保護およびバックアップを維持するため自ら手段をとることにつき責任を負う。AWS へのログイン用の本人確認手段および本サービスによって生成されたプライベートキーは、サービス利用者の社内使用に限定されるものとし、サービス利用者は、AWS へのログイン用の本人確認手段および本サービスによって生成されたプライベートキーを第三者に売却し、譲渡しまたは再使用許諾してはならない。ただし、サービス利用者は、自らのために業務を履行する代理人または業務委託先に対して、自らのプライベートキーを開示することができる。

4.3 エンドユーザーによる違反 本契約、サービス利用者コンテンツまたは提供される本サービス内容の利用に関連して、サービス利用者が第三者に行うことを許可、支援し、またはその便宜を与えた行為は、サービス利用者自身の行為とみなされる。サービス利用者は、エンドユーザーによるサービス利用者コンテンツおよび提供される本サービス内容の利用につき責任を負う。サービス利用者は、すべてのエンドユーザーが本契約に基づくサービス利用者の義務を遵守すること、およびサービス利用者と各エンドユーザーとの契約の条件が本契約に矛盾しないことを確保する。サービス利用者が、本契約に基づくサービス利用者の義務のエンドユーザーによる違反に気付いた場合には、当該エンドユーザーによるサービス利用者コンテンツおよび提供される本サービス内容へのアクセスを直ちに終了させるものとする。

4.4 エンドユーザーのサポート サービス利用者は、エンドユーザーに対し、(もしあれば)顧客サービスを提供する責任を負う。アマゾンは、サービス利用者またはエンドユーザーとの間に、アマゾンにサポートまたはサービスを提供することを義務付ける別途の合意がある場合を除き、エンドユーザーに対していかなるサポートまたはサービスも提供しない。

5.1. サービス料金 アマゾンは料金等を毎月計算し、請求する。アマゾンは、サービス利用者のアカウントが不正なものであるか、または支払いが為されないおそれがあるとの疑いをもった場合には、発生した料金について、より頻繁に請求することができる。サービス利用者は、AWSサイトに記載されるとおり、提供される本サービス内容の利用に適用される料金等を、アマゾンが対応するいずれかの支払方法によりアマゾンに対して支払う。本契約に基づき支払われる金額は、すべて、相殺や反対請求も、いかなる控除や源泉徴収もなしに支払われるものとする。新しい本サービスまたは本サービスの新しい機能に関する料金等は、アマゾンが通知により別段の明示的な指定をしない限り、AWSサイトに改訂後の料金等が掲載されたときに発効する。アマゾンは、少なくとも30日前までにサービス利用者に通知することにより、既存の本サービスの料金等を値上げし、または新たな料金等を追加することができる。アマゾンは、すべての料金等の支払い遅延に対し、月利1.5%(または、法により認められる最も高い利率が、これより低い場合はその利率)の利息を請求する場合がある。

5.2 税金 サービス利用者が支払うこととされているすべての料金等の額には、付加価値税、売上税等の、適用される税金および関税は含まれていない。サービス利用者は、サービス利用者の付加価値税納税者番号を含む、アマゾンがサービス利用者から付加価値税を徴収する義務を負うかどうかを判断するためにアマゾンが合理的に必要となる情報をアマゾンに提供する。サービス利用者が、売上税、使用税、その他同様の取引に関する税金の課税を法律上免除されている場合には、サービス利用者は、課税地毎に、法令上必要な要件を満たす免税証明書をアマゾンに提供しなければならない。アマゾンは、サービス利用者から免税証明書を受領した後に当該サービス利用者のアカウントについて発生する料金等についてのみ、免税の扱いを行うものとする。法律により控除または源泉徴収が必要とされる場合には、サービス利用者はその旨をアマゾンに通知し、かかる控除および源泉徴収後にアマゾンが受領する正味金額が、かかる控除または源泉徴収が必要でない場合にアマゾンが受領するはずである金額と同額となるよう、アマゾンに必要な追加の支払いをするものとする。さらに、サービス利用者は、源泉徴収および控除された金額が、権限を有する税務当局に支払われたことを示す文書をアマゾンに交付するものとする。

6.1 全般 アマゾンは、アマゾンが以下のいずれかに該当する事由が生じたと判断した場合には、サービス利用者に通知して、提供される本サービス内容のいずれかの部分またはそのすべてへのアクセスまたはその利用のための、サービス利用者またはエンドユーザーの権利を直ちに停止することができる。

(a) サービス利用者またはエンドユーザーによる提供される本サービス内容の利用または登録が、(i)提供される本サービス内容または第三者にとってセキュリティ上の危険を呈する場合、(ii)提供される本サービス内容、またはサービス利用者以外のAWS の利用者のシステムもしくは本コンテンツに悪影響を及ぼす可能性のある場合、(iii)アマゾン、当社の関連会社または第三者に責任が生じる可能性のある場合、または(iv)不正なものである可能性がある場合。

(b) サービス利用者またはエンドユーザーが、本契約に違反している場合。サービス利用者の支払が15日を超えて遅延している場合を含む。

(c) サービス利用者が通常の営業を行わなくなった場合、サービス利用者の資産を債権者の利益のために譲渡し、もしくは同様の処分を行った場合、またはサービス利用者が破産、会社更生、清算、解散もしくは同様の手続の対象となった場合。

6.2 停止の効果 アマゾンが提供される本サービス内容のいずれかの部分またはそのすべてへのアクセスまたはその利用のためのサービス利用者の権利を停止した場合には、以下の規定が適用される。

(a) サービス利用者は、停止日までに発生したすべての料金等を支払う責任を引き続き負う。

(b) サービス利用者は、引き続きアクセスが可能な提供される本サービス内容に適用される料金等、ならびにデータ保存に適用される料金等、および停止日以降に完了される進行中の作業の料金等を支払う責任を引き続き負う。

(c) サービス利用者は、停止期間中のサービスレベルアグリーメントに基づくサービスクレジットを受けることはできない。

(d) 本契約に別段の定めがある場合を除き、アマゾンは、停止を理由として、サービス利用者コンテンツを消去しない。

提供される本サービス内容へのアクセスまたはその利用のための、サービス利用者またはエンドユーザーの権利を停止するアマゾンの権利は、第7.2項に従って本契約を解除するアマゾンの権利に加えて認められるものである。

7.1. 契約期間 本契約の期間は、契約発効日に開始し、第7.2項に従って、サービス利用者またはアマゾンにより解除されるまで有効に存続する。

7.2 契約解除

(a) 無理由解除 サービス利用者は、(i)アマゾンへの通知、および(ii)すべての本サービスのためのサービス利用者のアカウントの閉鎖(アカウント閉鎖の手段はアマゾンが提供する。)により、理由を問わず本契約を解除することができる。アマゾンは、サービス利用者に30日前までに通知することにより、理由を問わず本契約を解除することができる。

(b) 正当事由による契約解除

(i) 各当事者による解除 相手方当事者による本契約の重大な不履行または違反があり、違反当事者に対して30日前までに通知をしたが、違反当事者が30日以内に当該重大な不履行または違反を是正しない場合、他方当事者は、正当事由により本契約を解除することができる。

(ii) アマゾンによる解除 アマゾンはさらに、以下の場合には、サービス利用者に対して通知することにより、直ちに本契約を解除することができる。(A)サービス利用者またはエンドユーザーによる作為もしくは不作為の結果、第 6.1 項に定める停止となった場合、(B)提供される本サービス内容を提供するためにアマゾンが使用するソフトウェアその他の技術を提供している第三者パートナーとアマゾンの関係が終了し、解除され、または本サービスの一環としてソフトウェアその他の技術をアマゾンが提供する方法を変更する必要が生じた場合、(C)本サービスの提供により、重大な経済的もしくは技術的な負担、または重大なセキュリティの危険がアマゾンに生じると考えられる場合、(D)法律または政府機関の要請を遵守する必要が生じた場合、または(E)サービス利用者もしくはエンドユーザーによる提供される本サービス内容の利用、またはサービス利用者もしくはエンドユーザーに対するアマゾンによる本サービスの提供が、法律上、規制上の理由で、非現実的または実行不能であるとアマゾンが判断する場合。

7.3. 契約解除の効果

(a) 全般 本契約が解除された場合には、以下の規定が適用される。

(i) 本契約に基づくサービス利用者のすべての権利は直ちに終了する。

(ii) サービス利用者は、解除日までに生じたすべての料金等、および解除日以降に完了される進行中の作業の料金等を支払う責任を引き続き負う。

(iii) サービス利用者は、自己が保有する AWS コンテンツのすべてを直ちに返却するか、アマゾンの指示がある場合にはそれを破棄するものとする。

(iv) 第 4.1 項、第 5.2 項、第 7.3 項、第 8 条(第 8.4 項においてサービス利用者に付与されるライセンスを除く)、第 9 条、第 10 条、第 11 条、第 13 条および第 14 条は、その条件に従い引き続き適用される。

(b) 契約解除後の支援 第 7.2 項(b)に従ってアマゾンがサービス利用者による提供される本サービス内容の利用を解除する場合を除き、解除後 30 日間は、以下の規定が適用される。

(i) アマゾンは、解除にかかわらず、いかなるサービス利用者コンテンツも消去しない。

(ii) サービス利用者が、契約解除後の提供される本サービス内容の利用のための料金等およびその他の支払額のすべてを支払っている場合に限り、サービス利用者はサービス利用者コンテンツを本サービスから取り出すことができる。

(iii) アマゾンは、アマゾンがすべての顧客に対して一般的に提供するものと同様の、契約解除後のデータ取り出しの支援をサービス利用者に対して提供する。

契約解除後のアマゾンによるその他の支援は、サービス利用者とアマゾンの相互合意に従う。

8.1 サービス利用者コンテンツ サービス利用者とアマゾンの間においては、サービス利用者またはそのライセンサーが、サービス利用者コンテンツに関するすべての権利、権原および利益を有する。本第8条に規定する場合を除いて、アマゾンは、本契約に基づきサービス利用者またはそのライセンサーからサービス利用者コンテンツに関するいかなる権利(関連する知的財産権を含む。)も取得しない。サービス利用者は、アマゾンが、提供される本サービス内容をサービス利用者およびエンドユーザーに提供するために、サービス利用者コンテンツを使用することに同意する。

8.2 サービス利用者の提供物 サービス利用者の提供物を提供する際に、アマゾンがサポートする他のライセンスのいずれかをサービス利用者が指定しない限り、サービス利用者の提供物にはアパッチ ソフトウェア ライセンスの条件が適用される。

8.3 適切な権利 サービス利用者は、アマゾンに対し以下のとおり表明し、保証する。(a)サービス利用者またはそのライセンサーは、サービス利用者コンテンツおよびサービス利用者の提供物に関するすべての権利、権原および利益を有する。(b)サービス利用者は、本契約により企図される権利の付与に必要な、サービス利用者コンテンツおよびサービス利用者の提供物に関するすべての権利を有する。(c)サービス利用者コンテンツ、サービス利用者の提供物、またはエンドユーザーによるサービス利用者コンテンツ、サービス利用者の提供物もしくは提供される本サービス内容の利用はいずれも、適正利用規約に違反しない。

8.4 提供される本サービス内容のライセンス サービス利用者とアマゾンの間においては、アマゾン、アマゾンの関連会社またはアマゾンのライセンサーが、提供される本サービス内容に関するすべての権利、権原および利益を有する。アマゾンは、本契約期間中、以下を行うための、限定的、取消し可能、非独占的、サブライセンス不可、かつ譲渡不可のライセンスをサービス利用者に対して付与する。(i)本契約に従ってのみ、本サービスにアクセスし利用すること、および(ii)サービス利用者による本サービスの許可された利用に関連してのみ、AWS コンテンツを複写し、使用すること。本第 8.4 項に規定する場合を除いて、サービス利用者は本契約に基づきアマゾンまたはアマゾンのライセンサーから、提供される本サービス内容に関するいかなる権利(関連する知的財産権を含む。)も取得しない。AWS コンテンツの中には、アパッチ ソフトウェア ライセンスまたはその他のオープンソースライセンスなどの別個のライセンスに基づきサービス利用者に提供されるものもあり、この場合には、サービス利用者による当該 AWS コンテンツの使用には当該ライセンスが適用される。本契約と別個のライセンスとの間に齟齬があった場合には、AWS コンテンツに関しては、別個のライセンスが優先して適用される。

8.5 ライセンス制限 サービス利用者およびエンドユーザーは、本契約により明示的に許可される方法または目的以外には、提供される本サービス内容を利用することはできない。サービス利用者およびエンドユーザーは、以下の行為をし、また、以下の行為を試みてはならない。(a)提供される本サービス内容に含まれるソフトウェアの修正、変更、改ざん、修復またはその他、翻案物の作成(提供される本サービス内容に含まれるソフトウェアが、翻案物の作成を明示的に許可する別個のライセンスに基づいてサービス利用者に提供されている場合を除く。)、(b)提供される本サービス内容のリバースエンジニアリング、逆アセンブルもしくは逆コンパイル、または提供される本サービス内容に含まれるソフトウェアのソースコードを引き出すその他の処理もしくは手順を適用すること、(c)料金の発生を回避するための方法、または使用制限もしくは使用割当を超過する方法によって提供される本サービス内容にアクセスし、または使用すること、または(d) 提供される本サービス内容の再販売またはサブライセンスを行うこと。本契約によってサービス利用者に付与されるすべてのライセンスは、サービス利用者が継続して本契約を遵守することが条件であり、本契約の条件を遵守しない場合には、すべてのライセンスは直ちにかつ自動的に解除される。本契約期間中およびその終了後も、サービス利用者は、アマゾンまたはアマゾンの関連会社、顧客、取引先、提携先もしくはライセンサーのいずれに対しても、サービス利用者が利用した提供される本サービス内容に関して、特許侵害またはその他の知的財産権侵害を主張しないものとし、第三者が主張することを承認、支援または奨励しないものとする。サービス利用者は、商標使用ガイドラインに従う場合に限り、AWS 商標を使用することができる。

8.6 本提案 サービス利用者がアマゾンまたはアマゾンの関連会社に対して本提案をする場合、サービス利用者が本提案を秘密と指定した場合であっても、本提案に関するすべての権利、権原および利益はアマゾンが有するものとし、アマゾンおよびアマゾンの関連会社は、本提案を何らの制限なく使用する権利を有するものとする。サービス利用者は、本提案に関するすべての権利、権原および利益を取消し不能の形でアマゾンに譲渡するものとし、本提案に関するアマゾンの権利を記録し、対抗要件を具備し、維持するためにアマゾンが要求する支援をアマゾンに対して提供することに同意する。

9.1. 全般 サービス利用者は、(a)サービス利用者またはエンドユーザーによる提供される本サービス内容の利用(サービス利用者のアカウントに基づき生じるあらゆる活動およびサービス利用者の従業員その他の人材による利用を含む。)、(b)サービス利用者またはエンドユーザーによる本契約の違反または適用される法律の違反、(c)サービス利用者コンテンツ、またはサービス利用者コンテンツと他のアプリケーション、コンテンツ、もしくはプロセスとの組合せ(サービス利用者コンテンツによる、またはサービス利用者コンテンツの使用、開発、設計、製作、宣伝もしくはマーケティングによる、第三者の権利の侵害もしくは不正利用の疑いに関連する請求を含む。)、または(d)サービス利用者とエンドユーザーとの間の紛争に関する第三者の請求により生じる、またはこれに関連する、あらゆる請求、損害、損失、責任、費用および支出(合理的な弁護士報酬を含む。)につき、アマゾン、アマゾンの関連会社およびライセンサーならびにこれらの各々の従業員、役員、取締役および代表者を防禦し、これらの者に補償し、損害を与えないものとする。アマゾンまたはアマゾンの関連会社が前記の第三者からの召喚状またはその他の強制的な法的命令もしくは手続に対応する義務を負う場合には、サービス利用者は、合理的な弁護士報酬、ならびに第三者の召喚状またはその他の強制的な法的命令もしくは手続に対応するために費やされるアマゾンの従業員および業務委託先の時間および資材について、その時点のアマゾンの時間給に基づき、アマゾンに対して支払うものとする。

9.2. 手続 アマゾンは、第 9.1 項の対象である請求につき、速やかにサービス利用者に対して通知するが、アマゾンがサービス利用者に速やかに通知しない場合であっても、かかる通知の遅延によってサービス利用者が請求に対して防禦する能力が阻害された限度でのみ、第 9.1 項に基づくサービス利用者の義務に影響するものとする。サービス利用者は、(a)アマゾンの書面による同意を得ることを条件として、サービス利用者自身が選択する弁護士を通じて請求に対する防禦を行うことができ、(b)和解をする前にサービス利用者がアマゾンの事前の書面による同意を取得することを条件として、サービス利用者が適切とみなす和解をすることができる。アマゾンはまた、いつでも請求に対する防禦および和解の支配権を自ら引き受けることができる。

提供される本サービス内容は「現状」のままで提供される。アマゾン、アマゾンの関連会社およびアマゾンのライセンサーのいずれも、提供される本サービス内容または第三者コンテンツに関して、提供される本サービス内容または第三者コンテンツが中断されないこと、エラーがないこと、もしくは有害な構成要素を含まないことの保証、またはサービス利用者コンテンツおよび第三者コンテンツを含むすべてのコンテンツが安全であり、その他紛失または損傷もしないことの保証を含め、明示であると黙示であるとを問わず、法定のものであるかその他のものであるかに関わらず、いかなる種類の表明も保証もしない。法律により禁止される場合を除き、アマゾン、アマゾンの関連会社およびアマゾンのライセンサーは、商品性、満足な品質、特定目的への適合性、非侵害および平穏享有に関する黙示の保証ならびに取引過程または取引慣行により生じる保証を含め、一切の保証をしない。

アマゾン、アマゾンの関連会社またはライセンサーのいずれも、いかなる直接、間接、付随的、特別、結果的または懲罰的損害(利益、のれん、使用またはデータの損失による損害を含む。)につき、たとえ当事者がかかる損害の可能性を通知されていたとしても、サービス利用者に対して責任を負わない。さらに、アマゾン、アマゾンの関連会社およびアマゾンのライセンサーのいずれも、以下の(A)から(D)に関連して生じる填補、償還または損害賠償につき、いかなる責任も負わない。(A)サービス利用者が本サービスを利用できない場合((I)本契約、またはサービス利用者による提供される本サービス内容へのアクセスもしくはその利用の、解除または停止、(II)アマゾンによる本サービスの一部または全部の中止、または(III)サービスレベルアグリーメントに基づく義務を制限することなく、その理由を問わず(停電、システムの故障その他の障害の結果である場合を含む。)、本サービスの全部または一部の予期されない、または予定されないダウンタイムの、いずれかの結果としての場合を含む。)、(B)代替の商品またはサービスの調達費用、(C)本契約、またはサービス利用者による提供される本サービス内容の利用もしくはアクセスに関連して、サービス利用者がなした投資、支出または履行約束、(D)サービス利用者コンテンツまたはその他のデータへの不正アクセス、その変更、またはその削除、破棄、損害、損失もしくは保存の失敗。いずれの場合も、本契約に基づくアマゾン、アマゾンの関連会社およびアマゾンのライセンサーの責任の総額は、請求の原因となった本サービスについて、かかる請求に先立つ12ヶ月間に本契約に基づいてサービス利用者がアマゾンに対して実際に支払った金額を限度とする。

アマゾンは、AWS サイトに改訂版を掲載するか、第 13.7 項に従いその他の方法でサービス利用者に通知することにより、本契約(アマゾン規約を含む。)をいつでも変更することができる。但し、アマゾンは、サービスレベルアグリーメントのいずれかに対する重大な変更については、第 13.7 項に従い遅くとも 90 日前までにこれを通知する。変更された条件は、AWS サイトへの掲載時、またはアマゾンがサービス利用者に電子メールで通知する場合は電子メールの記載に従って、また、サービスレベルアグリーメントに対する重大な変更に関しては 90 日前通知を条件として、発効する。本契約の変更の発効日以降に引き続き提供される本サービス内容を利用した場合には、サービス利用者は、変更後の条件に拘束されることに同意したものとする。本契約の変更を知るために AWS サイトを定期的に閲覧することはサービス利用者の責任である。アマゾンによる本契約の最終変更日は、本契約の末尾に記載されているとおりである。

13.1 秘密保持および公表 サービス利用者は、AWS 秘密情報を本契約上認められる本サービス内容の利用に関連してのみ使用することができるものとする。サービス利用者は、本契約期間中およびその終了後 5 年間、いかなる時も、AWS 秘密情報を開示してはならないものとする。サービス利用者は、AWS 秘密情報の開示、流布、または不正使用を防止するために、自己の同様の秘密情報を保持するために採用する手段を最低限含む、すべての合理的な方法をとるものとする。サービス利用者は、本契約またはサービス利用者による提供される本サービス内容の利用に関して、いかなるプレスリリースも、その他の発表や広告もしないものとする。サービス利用者は、本契約により明示的に許可される場合を除き、アマゾンとサービス利用者との関係について不実の表明や誇張(アマゾンがサービス利用者またはその事業努力を支援、後援、支持または貢献しているという明示もしくは黙示の表明を含む。)をし、または、アマゾンとサービス利用者その他のいかなる個人もしくは団体との間の関係もしくは提携関係について、明示もしくは黙示に表明してはならないものとする。

13.2 不可抗力 アマゾンおよびアマゾンの関連会社は、本契約に基づく義務の履行遅延または履行不能につき、かかる遅延または不履行がアマゾンの合理的な支配の及ばない原因によるものである場合には、責任を負わない。かかる原因には、天災、労働紛争その他の産業騒乱、システム全体にわたる電力、電気通信その他の公共サービスの故障、地震、嵐その他の自然現象、封鎖、通商停止、暴動、政府の行為もしくは命令、テロ行為、および戦争が含まれる。

13.3 独立の契約当事者、非独占的権利 アマゾンとサービス利用者とは、独立の契約当事者であり、いずれの当事者および各々の関連会社も、目的の如何にかかわらず、相手方当事者の代理人ではなく、相手方当事者を拘束する権限を持たない。両当事者は、(a)相手方当事者により開発または企画される製品、サービス、コンセプト、システムまたは技術と類似または競合する製品、サービス、コンセプト、システムまたは技術を自ら開発し、または開発を委託する権利、および(b)相手方当事者の製品またはサービスと競合する製品またはサービスを提供する第三者開発者またはシステムインテグレータを支援する権利を留保する。

13.4 第三者受益者の不存在 本契約は、本契約の当事者ではないいかなる個人または団体に対しても、第三者受益者の権利を発生させない。

13.5 米国政府の権利 提供される本サービス内容は、提供される本サービス内容に一般に適用されるものと同じ権利および制限付で、米国政府に対して、「市販品」、「商用コンピュータ ソフトウェア」、「商用コンピュータ ソフトウェア ドキュメンテーション」および「技術データ」として提供される。サービス利用者が米国政府を代理して提供される本サービス内容を使用しており、かかる条件が米国政府の必要性を満たさないか、いずれかの点において連邦法と矛盾する場合には、サービス利用者は直ちに提供される本サービス内容の利用を中止するものとする。「市販品」、「商用コンピュータ ソフトウェア」、「商用コンピュータ ソフトウェア ドキュメンテーション」および「技術データ」という用語は、連邦調達規則および国防連邦調達規則補足に定義されている。

13.6 輸出入規則の遵守 本契約に関連して、各当事者は、輸出管理規則、国際武器取引規則、および外国資産管理局が実施する特定国に対する経済制裁プログラムを含む、輸入、再輸入、輸出および再輸出に関して適用されるすべての法律および規則を遵守するものとする。すなわち、サービス利用者は、サービス利用者コンテンツの転送および処理、サービス利用者コンテンツのエンドユーザーへの提供、ならびにこれらの行為が生じるAWS リージョンを含め、提供される本サービス内容の利用のためにサービス利用者が選択する方法に関する法規制遵守について単独で責任を負うものとする。

13.7 通知

(a) サービス利用者宛の場合 アマゾンは、本契約に基づくサービス利用者への通知を、(i)AWS サイトへの通知の掲載、または(ii)その時点でサービス利用者のアカウントに関連づけられている電子メールアドレスへの電子メールの送信のいずれかの方法で行うことができる。AWS サイトへの掲載によって行う通知は、掲載時に発効し、電子メールで行う通知は、アマゾンが電子メールを送信した時点で発効する。自らの電子メールアドレスを利用できるものにしておくことは、サービス利用者の責任である。サービス利用者が実際に電子メールを受領するか否かにかかわらず、その時点でサービス利用者のアカウントに関連づけられている電子メールアドレスに送信された電子メールは、アマゾンが当該電子メールを送信した時点でサービス利用者により受領されたものとみなされる。

(b) アマゾン宛の場合 本契約に基づくアマゾンへの通知は、以下に従って AWS 宛に行われるものとする。(i)番号206-266-7010宛のファクシミリ送信、または(ii)Amazon Web Services, Inc., 410 Terry Avenue North, Seattle, WA 98109-5210 宛の、直接交付、翌日配達便、書留郵便もしくは証明郵便による郵送のいずれかの方法。アマゾンは、AWS サイトに通知を掲載することによって、新しいファクシミリ番号または住所を指定することができるものとする。直接交付された場合には、通知の効力は直ちに発生する。ファクシミリ送信または翌日配達便による郵送の場合には、通知の効力は送信または発送された翌営業日に発生する。書留郵便もしくは証明郵便による郵送の場合には、通知の効力は発送された日から 3 翌営業日後に発生する。

(c) 言語 本契約に従って行われる連絡および通知は、すべて、英語によるものとする。

13.8 譲渡 サービス利用者は、アマゾンの事前の書面による同意なく、本契約を譲渡し、本契約に基づく権利を第三者に委任またはサブライセンスしてはならないものとする。本 13.8 項に違反する譲渡または移転は、無効とする。前記に従うことを条件として、本契約は、両当事者ならびに各々の承継人および譲受人を拘束し、それらの者の利益のために効力を有する。

13.9 不放棄 アマゾンが本契約のいずれの規定に基づく権利行使をしない場合であっても、かかる規定に基づく権利の現在または将来における放棄とはならず、後にかかる規定に基づく権利行使をするアマゾンの権利の何らの制限ともならないものとする。アマゾンによる権利放棄が有効となるためには、すべて書面によらなければならない。

13.10 可分性 本契約のいずれかの部分が無効または執行不能と判断された場合であっても、本契約の残余の部分は引き続き完全な効力を有するものとする。無効または執行不能とされた部分は、かかる部分の本来の効果および意図に従って解釈されるものとする。かかる解釈が不可能な場合には、無効または執行不能とされた部分は、本契約から分離されるが、本契約の残余の部分は引き続き完全な効力を有するものとする。

13.11 準拠法、裁判地 本契約およびサービス利用者とアマゾンの間に生じるすべての種類の紛争は、法の抵触に関する規則の適用は除外して、アメリカ合衆国ワシントン州法に準拠する。国際物品売買契約に関する国際連合条約は本契約には適用されない。

13.12 紛争 サービス利用者による提供される本サービス内容の利用に関連する、または AWS が販売もしくは配布する製品もしくはサービスに関連する紛争またはクレームは全て、裁判所ではなく拘束力のある仲裁により解決される。ただし、サービス利用者は、サービス利用者のクレームが適格要件を満たす場合に少額裁判所(small claims court)にクレームを申し立てることができる。連邦仲裁法および連邦仲裁規範が本契約に適用される。仲裁には判事も陪審員もおらず、仲裁の裁定に対する裁判所の審査は限定される。しかし、仲裁人は裁判所と同様の損害賠償および救済(差し止めによる救済、宣言的救済または法定損害賠償を含む)を個別事案ごとに裁定することができ、裁判所がそうであるのと同様に本契約の条項に従わなくてはならない。仲裁手続きを開始するために、サービス利用者は、アマゾンの登録代理人である Corporation Service Company(300 Deschutes Way SW, Suite 304, Tumwater, WA 98501)宛てに、仲裁を要請しサービス利用者のクレームを説明する書簡を送付しなければならない。仲裁は、米国仲裁協会(AAA)によって、www.adr.org 上で、または 1-800-778-7879 に電話することによって入手可能である AAA の規則に基づき行われる。申立て手数料、事務手数料および仲裁人手数料の支払いは、AAA の規則に準拠する。アマゾンは、仲裁人がクレームについて根拠がないと判断しない限り、総額 10,000 ドル未満のクレーム手数料を払い戻す。アマゾンは、仲裁人がクレームについて根拠がないと判断しない限り、仲裁の弁護士費用および経費を求めない。サービス利用者は、書面提出に基づいて、電話によって、または相互に合意した場所において、仲裁を行うことを選択できる。アマゾンおよびサービス利用者は、紛争解決手続を個別事案ごとに行い、集団訴訟、統合訴訟または代表訴訟を行わないことに合意する。もし何らかの理由によってクレームが仲裁ではなく裁判所で進行する場合は、アマゾンおよびサービス利用者は陪審裁判の権利を放棄する。第 8.5 項を条件として、アマゾンおよびサービス利用者は双方とも、サービス利用者またはアマゾンが、知的財産権の侵害またはその他の不正利用を差し止めるため、裁判所に訴訟を提起できることに合意する。

13.13 完全合意、英語 本契約には、アマゾン規約が含まれ、本契約は、本契約の対象事項に関するサービス利用者とアマゾンの間の完全な合意を構成する。本契約は、本契約の対象事項に関して、本契約以前の、または本契約と同時に存在する、書面または口頭によるサービス利用者とアマゾンの間の一切の表明、了解、合意または連絡に優先する。サービス利用者とアマゾンの間の他のいかなる合意にかかわらず、本契約第 3 条のセキュリティおよびデータ プライバシーに関する規定は、サービス利用者コンテンツのセキュリティ、プライバシーおよび秘密保持に関するアマゾンおよびアマゾンの関連会社の義務のすべてを含むものである。アマゾンは、サービス利用者がその注文書、領収書、受領書、確認書、連絡その他の文書において提示する、本契約の規定と異なる、またはそれに追加される、いかなる条件またはその他の規定(それが本契約を重大に変更するか否かを問わない。)にも拘束されず、かかる条件その他の規定に拘束されることを明確に否認する。本文書の条件が、アマゾン規約のいずれかに含まれる条件と矛盾する場合には、本文書の条件が優先する。ただし、サービス条件と矛盾する場合には、サービス条件の条件が優先するものとする。アマゾンが本契約の英語版の他言語による翻訳を提供した場合であっても、翻訳版と英語版との間に齟齬がある場合には、英語版が優先するものとする。

「適正利用規約」とは、現在 http://aws.amazon.com/aup にて閲覧可能な、アマゾンが随時更新する規約を意味する。

「アカウント情報」とは、サービス利用者のAWSアカウントの作成または管理に関連してサービス利用者がアマゾンに提供する、サービス利用者に関する情報を意味する。たとえば、アカウント情報には、サービス利用者のAWSアカウントに関連する氏名、ユーザーネーム、電話番号、電子メールアドレスおよび支払情報が含まれる。

「API」とは、アプリケーション プログラム インターフェースを意味する。

「AWS 秘密情報」とは、アマゾン、アマゾンの関連会社、提携先、またはこれらの各々の従業員、業務委託先もしくは代理人により、秘密として開示される、または情報の性質もしくは開示の状況から合理的に秘密であることが理解される、すべての非公開情報を意味する。AWS 秘密情報には以下の情報が含まれる。(a)アマゾンまたはアマゾンの関連会社もしくは提携先の技術、顧客、事業計画、販売促進およびマーケティング活動、財務およびその他の業務内容に関する非公開情報、(b)アマゾンが秘密を保持する義務を負う第三者の情報、ならびに(c)サービス利用者とアマゾンまたはアマゾンの関連会社の間の協議または交渉の性質、内容およびその存在。AWS 秘密情報には以下の情報は含まれない。(i)本契約に違反することなく、一般に入手可能である情報、もしくは入手可能となった情報、(ii)サービス利用者がアマゾンから受領した時点で、サービス利用者が知っていたことを文書により証明できる情報、(iii)不法行為もしくは犯罪行為によってその情報を取得した、または開示したものではない第三者から受領したものである 情報、または(iv)AWS 秘密情報を参照することなく、サービス利用者が独自に開発したものであることを文書により証明できる情報。

「AWS コンテンツ」とは、WSDL、ドキュメンテーション、サンプル コード、ソフトウェア ライブラリー、コマンドライン ツールおよびその他の関連技術を含む、本サービスへのアクセスおよびその使用ができるように、本サービスに関連して、または AWS サイトにおいて、アマゾンまたはアマゾンの関連会社が提供する本コンテンツを意味する。AWS コンテンツには本サービスは含まない。

「AWS 商標」とは、本契約に関連してアマゾンがサービス利用者による使用を認める、AWSおよびその関連会社の商標、サービスマーク、サービス名または商品名、ロゴおよびその他の表示を意味する。

「AWS Support ガイドライン」とは、現在 http://aws.amazon.com/premiumsupport/guidelines にて閲覧可能な、アマゾンが随時更新するガイドラインを意味する。

「AWS サイト」とは、http://aws.amazon.com およびその後継サイトまたはアマゾンが指定するその関連サイトを意味する。

「本コンテンツ」とは、ソフトウェア(マシーンイメージを含む。)、データ、テキスト、音声、ビデオまたは画像を意味する。

「ドキュメンテーション」とは、本サービスのための開発者ガイド、スタートガイド、ユーザガイド、クイックレファレンスガイド、およびその他の技術上、操作上のマニュアルおよび仕様であり、http://aws.amazon.com/documentation に掲載され、アマゾンが随時更新する文書コンテンツを意味する。

「エンドユーザー」とは、直接、または別のユーザーを通じて間接的に、以下を行う個人または団体を意味する。 (a)サービス利用者コンテンツへのアクセスもしくはその利用、または(b)サービス利用者のアカウントに基づく提供される本サービス内容へのその他のアクセスもしくはその利用。「エンドユーザー」には、サービス利用者のアカウントではなく、自らの AWS アカウントに基づき本サービスまたは本コンテンツにアクセスし、それらを利用する個人または団体は含まれない。

「アマゾン規約」とは、本契約で参照されまたは本契約書に統合される、適正利用規約、サイト規約、サービス条件、商標使用ガイドライン、AWS コンテンツおよび AWS サイトにおいて説明されるあらゆる制限事項、ならびにその他のすべての規約または条件を意味する。アマゾン規約には、AWS サイトにて参照される白書やその他のマーケティングコンテンツは含まれない。

「プライバシー規約」とは、現在 http://aws.amazon.com/jp/privacy にて閲覧可能な、アマゾンが随時更新するプライバシー規約を意味する。

「本サービス」とは、サービス条件に記載されるウェブサービスを含む、アマゾンまたはアマゾンの関連会社が提供する各種ウェブサービスを意味する。

「サービス属性」とは、リソース識別子、メタデータタグ、セキュリティおよびアクセスの役割、ルール、利用規程、許可、利用の統計および分析等、サービス利用者のアカウントに関する本サービスの利用データを意味する。

「サービスレベルアグリーメント」とは、本サービスに関してアマゾンが提供する、AWS サイトに掲載されるすべてのサービスレベルアグリーメントであって、アマゾンにより随時更新されるものを意味する。本サービスに関してアマゾンが現在提供するサービスレベルアグリーメントは、現在 http://aws.amazon.com/jp/ec2-sla/http://aws.amazon.com/jp/s3-sla/http://aws.amazon.com/cloudfront/slahttp://aws.amazon.com/route53/sla、および http://aws.amazon.com/rds/sla に掲載されている。

「提供される本サービス内容」とは、本サービス(付随するAPIを含む。)、AWSコンテンツ、AWS商標、AWSサイトならびに本契約に基づきアマゾンが提供するその他の製品およびサービスを意味する。提供される本サービス内容には、第三者コンテンツは含まれない。

「サービス条件」とは、現在 http://aws.amazon.com/serviceterms に掲載されている、アマゾンが随時更新する特定の本サービスに関する権利および制限を意味する。

「サイト規約」とは、現在 http://aws.amazon.com/terms/ に掲載されている、アマゾンが随時更新する利用規約を意味する。

「本提案」とは、サービス利用者がアマゾンに対して提供する、提供される本サービス内容に対するあらゆる改良提案を意味する。

「本契約期間」とは、第 7.1 項に記載する本契約の期間を意味する。

「第三者コンテンツ」とは、AWS サイトにて、または本サービスに関連して、第三者からサービス利用者に提供されるコンテンツを意味する。

「商標使用ガイドライン」とは、現在 http://aws.amazon.com/trademark-guidelines/に掲載されている、アマゾンが随時更新するガイドラインおよびライセンスを意味する。

「サービス利用者コンテンツ」とは、サービス利用者またはエンドユーザーが、サービス利用者の AWS アカウントに関連して、本サービスによる処理、保存またはホスティングのためにアマゾンに転送する本コンテンツ、およびサービス利用者およびエンドユーザーによる本サービスの利用により、サービス利用者またはエンドユーザーが前記から得たコンピューターの結果を意味する。たとえば、サービス利用者コンテンツには、サービス利用者またはエンドユーザーが、Amazon Simple Storage Service 内に保存している本コンテンツが含まれる。サービス利用者コンテンツには、アカウント情報は含まれない。

「サービス利用者の提供物」とは、AWS サイトまたは本サービスの、開発者フォーラム、サンプル コード レポジトリー、公開データ レポジトリーまたは同様の共用エリアにサービス利用者が掲載またはその他提供する本コンテンツを意味する。

最終更新日: 2016 年 3 月 18 日