AWS 認定 DevOps エンジニア – プロフェッショナル試験では、AWS プラットフォームでの分散アプリケーションシステムのプロビジョニング、運用、管理における技術的な専門知識を認定します。この試験で次の点を理解していることが求められます。

  • AWS での継続的なデプロイが発生するシステムの実装と管理と方法論
  • セキュリティ管理、ガバナンスプロセス、コンプライアンス検証の理解、実装、および自動化
  • AWS でのモニタリング、メトリックス、ログ記録システムの定義とデプロイ
  • AWS プラットフォームでの可用性が高く、スケーラブルで、自己修復機能のあるシステムの実装
  • 運用プロセスを自動化するためのツールの設計、管理、およびメンテナンス

この試験の受験対象者には以下が求められます。

  • 模擬試験受験料:2,160円 (日本語)

2015年税制改正に伴い、2015年10月1日以降に実施する日本国外から配信されております模擬試験について、消費税を請求させて頂きます。

試験のスケジュール

試験ガイドのダウンロード
サンプル問題のダウンロード
模擬試験(Practie Exam)の受験

試験準備リソースガイド

AWS 認定の準備に役立つリソースとヒントを参照してください。


模擬試験 (Practice Exam) は受験準備ができているかの確認を目的としている為、模擬試験問題や解答を入手することはできません。各試験分野での理解度を測定いたします。