AWS 認定ソリューションアーキテクト – アソシエイト試験は、AWS プラットフォームでの分散アプリケーションとシステムの設計経験がある個人を対象としています。この試験では以下について理解していることが求められます。

  • AWS におけるスケーラビリティ、高可用性および高耐障害性の設計とデプロイ
  • 既存のオンプレミスアプリケーションの AWS への引き上げおよびシフト
  • AWS とのデータの送受信
  • データ、コンピューティング、データベースまたはセキュリティ要件に基づく適切な AWS サービスの選択
  • AWS アーキテクチャのベストプラクティスの適切な使用の識別
  • AWS のコストの予測とコストコントロールメカニズムの識別

この試験の受験対象者には以下が求められます。

  • AWS における分散システムの可用性、コスト効率、高耐障害性およびスケーラビリティの設計に関する 1 年以上の実際の経験
  • 最低でも 1 つのハイレベルプログラム言語についての深い知識
  • AWS ベースのアプリケーションに関する要件の識別と定義についての能力
  • オンプレミスと AWS の構成要素を組み合わせた複合システムのデプロイの経験
  • AWS プラットフォームで安全性と信頼性の高いアプリケーションを構築するためのベストプラクティスを提供する能力

  • 複数の選択肢と複数の答えがある問題
  • 試験時間: 80 分間
  • 英語でご利用いただけます(そのほかに日本語、簡体字中国語、韓国語、フランス語でもご利用可能です)
  • 10月1日より模擬試験受験料: 2,160 円 (日本語版/税込)

2015年税制改正に伴い、2015年10月1日以降に実施する日本国外から配信されております模擬試験について、消費税を請求させて頂きます。

  • 本試験受験料:  16,200 円 (日本語版/税込)
試験のお申込み

試験準備ワークショップの受講
試験ガイドのダウンロード
サンプル問題のダウンロード
模擬試験 (Practice Exam)の受験-日本語版

試験準備セルフペースラボ

一連のセルフペースラボで主要概念とサービスについて実践練習を行います。

試験準備リソースガイド

AWS 認定の準備に役立つリソースとヒントを参照してください。


再認定を受ける資格があるかどうかを確認し、必要な手順をご覧ください。

AWS 再認定について見る »

模擬試験   (Practice Exam) は受験準備ができているかの確認を目的としている為、模擬試験問題や解答を入手することはできません。各試験分野での理解度を測定いたします。