AWS Innovate Online Conference

2019 年 10 月 1 日〜11 月 5 日開催 | 全 60 セッションをオンラインで公開

AWS Innovate 概要

AWS Innovate は、AWS クラウドを活用してビジネス革新を目指しているすべての IT リーダー及び IT プロフェッショナルを対象とした、最新のクラウド情報をお届けするためのオンラインカンファレンスです。AWS Innovate に参加し、セルフペースで視聴することで、インフラストラクチャとアプリケーションを設計、デプロイ、運用するためのスキルを身につけることができます。この機会を活用し、AWS サービスについての正しい理解を深め、より多くのビジネス変革を効率良く加速するのにお役立てください。

2019 年 10 月 1 日 〜 11 月 5 日の期間で開催し、AWS 最新情報の他、AWS エキスパートによる 60 以上のビジネス及びテクニカルセッションを提供します。期間中いつでも視聴できるオンデマンドセッション、10 月 8 日10 月 15 日には Q&A つきのライブセッションも用意しています。

Activities
60 Sessions

60 のセッション

Live QA

ライブ配信と Q&A

Certificate of Attendance

修了証明書の発行

Why Attend?
参加のメリット

・自由な時間と場所からアクセスでき、効率良くスキルアップできます
・10 月 8 日または 10 月 15 日に参加すると、AWS エキスパートへご質問および導入についてのご相談が可能です
・最新の AWS 事例およびベストプラクティスがキャッチアップできます
・AWS 認定 - 認定試験対策講座『AWS 認定ソリューションアーキテクト – アソシエイト』『AWS 認定ソリューションアーキテクト – プロフェッショナル』で AWS 認定取得の準備ができます

Who Should Attend?
対象の方

・これからクラウド活用を検討する初心者の方
・クラウド活用をさらに拡大したい経験者の方
・業種およびユースケース別 AWS 活用ベストプラクティスが知りたい方
・AWS 認定を取得されたい方
・AWS 関連技術について短期間でスキルアップしたい方
・Amazon カルチャーなど AWS のコア文化を知りたい方
・これまでオフラインセミナーへの参加が難しかった方

セッションリストはこちら ≫
配信スケジュール
10 月 1 日 (火) オンデマンド配信開始
10 月 8 日 (火) Getting Started with AWS』シリーズ公開開始 - 初日の 10 月 8 日は 13:00 - 16:00 にライブ配信と AWS エキスパートによる Q&A
10 月 15 日 (火) Business Innovation by AWS』シリーズ公開開始 - 初日の 10 月 15 日は 13:00 - 17:00 にライブ配信と AWS エキスパートによる Q&A
11 月 5 日 (火) オンデマンド配信終了
ライブ配信『Getting Started with AWS』10 月 8 日 (火) 13:00 - 16:00
  Track1 Track2 Track3
13:00-13:30 【データベース移行】データベースの移行で考えなければならないこと 【分析】Effective Data Lakes: ユースケースとデザインパターン 【働き方改革】Amazon WorkSpacesで実現するテレワークによる働き方改革
13:45-14:15 【データベース移行】データベース移行アンチパターン その1 【分析】AWS で実現するサーバーレスのデータ処理と分析 【セキュリティ】サーバーレスで認証基盤をスピーディーに構築 Amazon Cognitoのユースケースとポイント
14:30-15:00 【データベース移行】データベース移行アンチパターン その2 【分析】進化し続けるクラウドデータウェアハウス Amazon Redshift の実践的活用 【セキュリティ】AWS環境における脅威検知と対応
15:15-15:45 【ネットワーク】多くの選択肢が揃ってきた「オンプレミスとVPC間の接続方法」を整理してみる 【ストレージ】初めての Amazon FSx for Windows ファイルサーバー (サービス解説編) 【AWSアンチパターン】AWS アンチパターン(初級編)
ライブ配信『Business Innovation by AWS』10 月 15 日 (火) 13:00 - 17:00
  Track1 Track2 Track3 Track4
13:00-13:30 【AI/ML】AI 顔認証イベント受付サービスを作ってみよう 【Application Development】いつもの言語でAWS環境を管理する アプリ担当者のための AWS CDK  【Container】はじめてのコンテナワークロード Part 1 - コンテナの特徴を技術的背景から理解する 【コンタクトセンター】AWSの考える革新的なコンタクトセンターソリューション
13:45-14:15 【AI/ML】レコメンデーションシステムの作り方:Amazon Personalize入門 【Application Development】サーバーレスアプリケーション開発環境 【Container】はじめてのコンテナワークロード Part 2 - 仮想マシン時代とコンテナ時代の考え方の違いを理解する 【サーバーレス】プラクティカルサーバーレス - 動的Web、モバイルバックエンド、業務系API編
14:30-15:00 【AI/ML】分析と機械学習:データレイクから機械学習への一歩 【Application Development】AWS Amplify で手軽にはじめる SPA プロトタイピング 【Container】はじめてのコンテナワークロード Part 3 - 仮想マシンからの移行を成功させる 【サーバーレス】プラクティカルサーバーレス - 企業内データ処理、ログデータ処理、イベント駆動の業務連携 編)
15:15-15:45 【AI/ML】今から始める機械学習入門:Amazon SageMakerの初級活用方法 【Application Development】アプリ開発者・マーケター向け、AWS を活用してカスタマーエンゲージメントを高める方法 【IoT】IoTにおけるデータ分析基盤の構築 【サーバーレス】サーバーレスプロフェッショナル講座
16:00-16:30 【AI/ML】機械学習モデルの開発プロセスを加速する:Amazon SageMakerの実践活用方法 【Application Development】AWSにおけるモダンアプリケーション開発のベストプラクティス 【IoT】AWSサービスを活用したIoTプロトタイピングの実装例 【AWS アンチパターン】AWS アンチパターン(応用編)
FAQs

Q: AWS Innovateはどこでホストされていますか?
AWS Innovateは オンラインカンファレンスです。オンライン登録プロセスが完了すると、プラットフォームにアクセスするために必要なログインリンクを含む確認メールが開催前に届きます。

Q: どのような人が対象ですか?
クラウドの初心者でも経験豊富なユーザーでも、AWS Innovate で新しいことを学ぶことができます。 AWS Innovate は、インフラストラクチャとアプリケーションを設計、デプロイ、および運用するために必要なスキルが身につくよう設計されています。

Q: AWS Innovate は有償ですか?
AWS Innovate は無料のオンラインカンファレンスです。

Q: AWS Innovate の主催者に連絡先はどこになりますか?
ご質問は「aws-jp-innovate@amazon.com」へお問い合わせください。

60 のセッション
AI/ML、分析、データベース、ストレージ、サーバーレス、コンテナ、セキュリティなど、コアなテーマで幅広いトピックを AWS エキスパートが解説します。

ライブ配信と Q&A
10 月 8 日と 10 月 15 日にライブ配信を行います。その際に、AWS エキスパートへのご質問および導入についてのご相談が可能です。

修了証明書の発行
セッションに参加いただくと、修了証明書が発行されます。

AWS Showcase & Resource Hub
 
Learn more by visiting the AWS Training & Certification, AWS Marketplace, and AWS Partner Network booths at the AWS Showcase. Access short tutorials, whitepapers, reference architectures, and customer case studies to expand your knowledge of AWS.

Badges
Unlock higher knowledge levels and collect badges throughout the conference.

Builders' Zone
Dive deep into architectures and technical stacks, and learn how AWS experts have helped solve real-world problems for organizations in industries like financial services, insurance, life sciences, and media and entertainment, and walk away with the ability to implement these or similar solutions in your own organization.