投稿日: Jun 21, 2018

本日、Amazon Macie は、AWS SDK の一部として、新しい管理 API をリリースしました。新しい Macie API は、たとえば Amazon S3 リソースと Amazon Macie の関連付けなど、ユーザーの IT 管理ワークフローを自動化します。新しい Amazon S3 バケットが作成されると、それらのバケットはプログラムによって Macie によって関連付けられて、データディスカバリ、分類、および進行中のデータアクセスのモニタリングに対応します。

Amazon Macie は、個人を特定できる情報 (PII) や認証情報のような機密データを認識するための完全マネージド型サービスであり、ダッシュボードやアラートによって、機密データがどのようにアクセスされたかを把握できます。また、Macie では、不正アクセスや不注意によるデータ漏洩を検知するとアラートが生成されます。

Amazon Macie API の新しいセットを使用することで、AWS アカウント ID および Amazon S3 バケットと Macie の関連付けまたは関連付け解除を行うことができます。さらに、API を使用することで、現時点で Amazon Macie と関連付けられているアカウントとバケットのリストを、プログラムによって取得することができるようになります。Amazon Macie の 管理 API は、「AWS SDK」の一部であるため、使い慣れたツールで使用開始できます。Java、Python、Go、Java Script、.NET、PHP、Ruby でご利用いただけます。

Amazon Macie は現在、米国東部 (バージニア北部) および米国西部 (オレゴン) で利用できます。詳細に関しては、Amazon Macie API Reference をご覧ください。