投稿日: Jun 19, 2018

このクイックスタートでは、Jupiter (Cognizant の継続的なデータテストアクセラレーターと Adaptive Data Foundation コンポーネントを提供) を約 1 時間で アマゾンウェブサービス (AWS) クラウドにデプロイします。  Amazon Simple Storage Service (Amazon S3)、Amazon Redshift、または Amazon EMR 上の Apache Hive で AWS クラウドに保存されたデータの品質保証テストを自動化して実行できます。 

AWS クラウドに Jupiter をデプロイ後にできること。

  • Jupiter がテストするデータベースとソースを設定する。
  • テストスクリプトをデプロイするためのソースコード管理 (SCM) リポジトリを設定する。
  • 最新のテスト実行についての情報を含むダッシュボードを表示する。
  • Amazon S3 と Apache Hive 用のサンプルデータセットを含む、一連のサンプルテンプレートテストプロジェクトをお試しください。
  • Jupiter と Jira または HP Application Lifecycle Management (ALM) などの障害管理ツールを統合して、トレーサビリティを有効にします。

開始方法:

AWS クイックスタートのリファレンスデプロイの詳細については、カタログを参照してください。

クイックスタートは自動化されたリファレンスデプロイメントで、AWS ベストプラクティスに従って、AWS への主要テクノロジーのデプロイに AWS CloudFormation テンプレートを使用します。

このクイックスタートは、AWS パートナーネットワーク (APN) のプレミアパートナーである Cognizant Technology Solutions との協力によって開発されました。