投稿日: Sep 17, 2020

メモリ使用量とモジュラリティの面で最適化されたリファクタリング済みの MQTT、JSON、および AWS IoT デバイスのシャドウライブラリを備える AWS IoT Device SDK for Embedded C (C-SDK) バージョン 202009.00 が利用可能になりました。これには、GitHub サブモジュール化を介して追加された依存ライブラリが含まれています。リファクタリングされたライブラリは、GNU ComplexityMISRA コーディング標準Coverity 静的分析、C Bounded Model Checker (CBMC) 自動推論ツールを含むコード品質チェックを経て、メモリの安全性と機能の正確性を保証しています。このリリースには、C-SDK バージョン管理の更新も含まれています。更新されたバージョン管理と 202009.00 リリースの詳細については、README および Changelog を参照してください。

C-SDK は、MIT オープンソースライセンスに基づく C ソースファイルのコレクションであり、組み込みアプリケーションで使用して、IoT デバイスを AWS IoT Core に安全に接続できます。これはソース形式で配布され、アプリケーションコード、その他のライブラリ、および制約のある組み込みデバイスに適した基盤となる OS とともに、お客様のファームウェアに組み込むよう意図されています。

GitHub からソースコードをダウンロードして開始できます。詳細については、デベロッパーガイドをご覧ください。