投稿日: Oct 21, 2020

Amazon Managed Streaming for Apache Kafka (Amazon MSK) で、新しいクラスターおよび既存のクラスター向けに Apache Kafka バージョン 2.6.0 のサポートが開始されました。Apache Kafka 2.6.0 には、パフォーマンスを改善する複数のバグ修正と新機能が適用されました。いくつかの重要な機能には、クライアントクォータを管理するためのネイティブ API (KIP-546) や、高度なコンシューマーユースケースを可能にする明示的なリバランストリガー (KIP-568) が含まれます。改良点とバグ修正の詳細な一覧については、Apache Kafka の 2.6.0 のリリースノートをご覧ください。

Amazon MSK は Apache Kafka 向けのフルマネージドサービスで、Apache Kafka をデータストアとして使用するアプリケーションを簡単に構築および実行できます。Amazon MSK は Apache Kafka と完全に互換性があり、既存の Apache Kafka ワークロードを Amazon MSK に確実にすばやく移行することや、新しい Apache Kafka ワークロードを一から構築することができます。Amazon MSK を使用すると、アプリケーションの革新に多くの時間を費やすことができ、クラスターの管理に費やす時間を短縮できます。開始方法については、Amazon MSK デベロッパーガイドをご覧ください。

Apache Kafka バージョン 2.6.0 のサポートは、Amazon MSK が利用可能なすべての AWS リージョンで提供されています。