投稿日: May 20, 2021

AWS Toolkit for VS Code を使用して、お客様は Java および Go で記述された Lambda 関数を作成、ローカルデバッグ、およびデプロイできるようになりました。Java ユーザーは Java 8、Java 8.al2、および Java 11 で Maven と Gradle を使用してビルドされた Lambda をステップスルーでデバッグでき、Go ユーザーは Golang 1.14 以降でビルドされた Lambda で同じことを実行できます。

AWS Toolkit for VS Code は、オープンソースのプラグインであり、統合開発環境 (IDE) を利用して、アマゾン ウェブ サービスでのソフトウェアアプリケーションの作成、デバッグ、およびデプロイを可能にします。AWS Toolkit 拡張機能は、AWS Explorer ビューを通じて AWS アカウントのリソースを表示します。このインターフェイスオプションを使用すると、一連の AWS のサービスとのインタラクションが可能となり、S3 リソースを表示し、CloudWatch Logs を開き、Lambda 関数を呼び出すなどのタスクを実行できます。

AWS Toolkit をインストールし、AWS Toolkit ユーザーガイドを確認してください。 IDE プラグインのフィードバックツールを使用してビューを共有したり、GitHub で機能のリクエストや問題を送信したりできます。