投稿日: Jul 2, 2021

AWS Elemental MediaPackage で、HLS、CMAF、および DASH 形式のライブおよび VOD ストリーミングに、時間付き ID3 メタデータパススルーがサポートされるようになりました。ID3 メタデータタグによりデータを指定のタイムコードで動画ストリーミングに埋め込むことができるため、ダウンストリームシステムまたはクライアントはそれを使用して視聴エクスペリエンスを拡張できます。ストリーミングにメタデータを動的に追加することにより、広告挿入でのビーコンの活用、クライアント側での図形の重ね合わせ、目次、オーディオトラックの聴取などのユースケースが可能になります。

ID3 メタデータは、AWS Elemental MediaLive で既にサポートされていて、提供元からのパススルーをするか、タグを作成するのに MediaLive スケジュールを使用します。

さらに今回、最新の MISB ST1910.1 仕様から、MediaPackage で、DASH ライブストリーミングの Key Length Value (KLV) メタデータがサポートされるようになりました。時間付き ID3 メタデータと同様に、KLV はビデオストリームに同期メタデータを追加するメカニズムで、大量のメタデータを効率的に含めることができます。センサーのデータを産業用のユースケースに送信したり、アスリートや物体のリアルタイムの位置データをライブスポーツのユースケースに送信したりすることに使用できます。

ID3 と KLV のサポートの詳細については、AWS Elemental MediaPackage ドキュメントのページをご覧ください。

AWS Elemental MediaPackage を利用できる AWS リージョンすべてのリストは AWS のリージョン表をご覧ください。