Amazon Machine Learning のご利用を開始するための方法はいくつかあります。AWS マネジメントコンソールには、Amazon Machine Learning のすべてのエンティティを作成、アクセス、管理するためのウェブベースのインターフェイスが備わっています。また、このコンソールに含まれるウォークスルーチュートリアルに沿って、機械学習モデルの構築プロセスを進めることができます。プログラムから Amazon Machine Learning へのアクセスは、AWS SDKAWS Mobile SDK で有効にできます。また、Windows、Mac、Linux/UNIX の各システムで利用できる AWS コマンドラインインターフェイス (CLI) を使えば、Amazon Machine Learning のエンティティを作成し、管理できます。

Amazon Machine Learning を始める

まずは無料で始める

12 か月間の AWS 無料利用枠と、24 時間年中無休のカスタマーサービスやサポートフォーラムといった、AWS の基本的なサポート機能を利用できます。

Amazon Machine Learning は現在 AWS 無料利用枠でご利用できないことにご注意ください。

Getting Started with Amazon Machine Learning (オンラインセミナー)

MachineLearning_ProductDetailBanner

AWS マネジメントコンソールは、Amazon Machine Learning にアクセスして管理するためのウェブベースのインターフェイスです。このコンソールでは可視化ツールを利用できるほか、ウィザードに沿って機械学習 (ML) モデルの作成プロセスを進めることができます。複雑な ML のアルゴリズムやテクノロジーを学習する必要はありません。

また、AWS マネジメントコンソールには、Amazon Machine Learning チュートリアルへのリンクがあります。このチュートリアルでは、機械学習を使ってマーケティングキャンペーンへの反応を予測するサンプルアプリケーションを通じて、Amazon ML の説明を受けられます。

ご利用を開始するには、Amazon Machine Learning Developer Guide の 「Accessing Amazon Machine Learning」を参照してください。

アプリケーションの開発者は、ご自身のユースケースで Amazon Machine Learning を簡単に利用できるようにする、さまざまな AWS SDK の中から選ぶことができます。Amazon Machine Learning 用の AWS SDK には、次のプログラミング言語とプラットフォーム用の、ライブラリ、コードサンプル、ドキュメントが含まれています。

AWS SDK for Java

AWS SDK for Java

sdk_NET

AWS SDK for .NET

sdk_Python

AWS SDK for Python

sdk_PHP

AWS SDK for PHP

sdk_NODE

Node.js 内の AWS SDK for JavaScript

sdk_RUBY

AWS SDK for Ruby

AWS Mobile SDK は、高品質のモバイルアプリケーションを迅速かつ簡単に構築するために役立ちます。AWS Mobile SDK を使用すると、モバイルアプリケーションの構築のために特別に設計されたサービスを利用し、データストリーミング、ストレージ、データベースを提供する人気のある各種 AWS サービスにモバイル向けに最適化された方法で接続し、他の AWS サービスを一通り利用できます。

AWS Mobile SDK には、iOS と Android 向けのライブラリ、コードサンプル、ドキュメントが含まれているので、デバイスやプラットフォームを越えて優れた体験を提供する Amazon Machine Learning によるスマートアプリケーションを構築できます。