お客様によっては、複数の AWS アカウントがあると、費用やリソースを組織内で割り振るために役立ちます。この資料には、課金の便宜を保ちつつ複数の AWS アカウントを構築して管理するために役立つ、アカウントレベルの考慮事項、ベストプラクティス、高度な戦略的ガイダンスの概要が記されています。詳細はこちら »

AWS のお客様は、ご使用の AWS リソースに対するアクセスを制御するため複数の AWS アカウントを使用する場合が少なくありません。この資料には、セキュリティを確保しつつ複数の AWS アカウントを構築して管理するために役立つ、アカウントレベルの考慮事項、ベストプラクティス、高度な戦略的ガイダンスの概要が記されています。詳細はこちら »

この資料には、AWS リソースの管理を簡単に行えるようにするタグ付けのベストプラクティスが記されています。AWS のお客様が AWS 環境で一貫した効率的なタグ付けのアプローチを実装できるよう、一般的なタグのカテゴリと戦略を取り上げています。詳細はこちら »

AWS では、高い可用性と信頼性でお客様にサービスを提供するため、サービスに制限を設けています。この回答では、サービス使用率をモニタリングするベストプラクティスと、使用率が上限の 80% を超えた場合に自動的にメール通知を送信するソリューションについて説明されています。詳細はこちら »

Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) では、幅広いタイプやサイズのインスタンスが用意され、キャパシティーニーズに最も適したサイズのコンピューティングリソースを最小限のコストで柔軟に利用できます。この回答では、Amazon EC2 のコスト最適化のベストプラクティスや、マネージドサービスを使用して Amazon EC2 インスタンスの適切なサイズ設定を分析する AWS ソリューションについて説明されています。詳細はこちら »

お客様が使用率をモニタリングしてコストを最適化できるよう、AWS 請求レポートにはリソースの使用状況と見積りコストの情報が掲載されています。この回答では、コスト管理についての AWS ベストプラクティスが説明され、請求明細レポートの詳細なメトリクスをカスタムダッシュボードに表示させるソリューションが紹介されています。詳細はこちら »

AWS のお客様は、Amazon WorkSpaces の使用状況をモニタリングすることで、コスト削減の可能性を探ることができます。この回答では、ユーザーの個別の使用状況に基づいて WorkSpaces の請求モデルをコスト効率の最も優れたモデルに変更する AWS ソリューションについて説明されています。詳細はこちら »

ご意見をお寄せください