AWS によるクラウド財務管理

コストを透明化、制御、予測、最適化することで、ビジネスを変革する

クラウドを使えば、固定支出 (データセンターや物理サーバーなど) を変動費の支出に置き換え、消費した分の IT サービスに対してのみ支払うことができます。さらに、規模の経済によって、変動費はご自分で行ってお支払いするよりもはるかに低額となります。クラウドにまだ馴染みがなくても、クラウドへの移行を始めたばかりでも、AWS の一連のソリューションが費用の管理と最適化を支援します。

この前例のない時代、多くの企業や組織は、運用、予算、収益の混乱に直面しています。AWS には、コスト管理と最適化を支援する一連のソリューションがあります。これには、コストと使用状況のデータを整理および追跡する、一括請求 (コンソリデーティッドビリング) とアクセス許可を介した制御を強化する、予算と予測を通じてより良いプランを実現する、リソースと料金設定の最適化でさらにコストを削減するといったサービス、ツール、リソースが含まれます。 

クラウド財務管理ソリューション

ユーザー定義の方法に基づいて、コストと使用状況を整理して報告する

情報に基づく意思決定を行うには、コストと使用状況の情報をほぼリアルタイムで完全に把握する必要があります。AWS は、ニーズに基づいてリソースを整理し、コストと使用状況のデータを 1 つのウィンドウで視覚化および分析し、適切なエンティティ (部門、プロジェクト、製品など) に正確にチャージバックするためのツールを備えています。コストを一元管理するのではなく、エンジニアリング、アプリケーション、ビジネスチームに重要なリアルタイムのコストデータを提供できます。割り当て可能な詳細なコストデータで、チームは可視性と詳細を把握し、チームの支出について説明することができます。

詳細はこちら »
請求管理と費用制御

ビジネスおよび組織のリーダーは、支出の概要、組織全体のアカウントで発生したすべてのサービスコストの内訳、割引やクレジットなど、AWS 請求に関する情報にアクセスするためのシンプルで簡単な方法を必要としています。 請求を統合することで、請求全体の使用量の合計に基づき、より多くの割引を活用できます。リーダーは、適切な枠組みを設定し、コスト、ガバナンス、セキュリティの制御を維持できるようにする必要もあります。AWS は、きめ細かなユーザーのアクセス許可のガバナンスを有効にすることで、組織が自由と制御のバランスをうまくとれるよう支援します。

詳細はこちら »
柔軟な予測と予算編成による計画の改善

企業や組織は、プロジェクトやアプリケーションなどにかかるクラウドコストの予測を計画し、設定する必要があります。クラウドの出現により、インフラストラクチャの承認、調達、インストールをチームに依存することなく、チームは継続的にリソースを取得して非推奨にすることが可能になりました。しかしながら、この柔軟性により、組織は新しい動的な予測や予算編成プロセスに適応する必要が生まれました。AWS は、コストと使用状況の履歴に基づいて予測を行い、予算のしきい値とアラートを設定できます。そのため、コストと使用状況を予測したとき、またはしきい値の制限を超えた場合にはいつでも通知を受けることができます。リザーブドインスタンスと Savings Plans の予約使用率やカバレッジターゲットを設定し、それらが目標に向かう進捗具合をモニタリングすることもできます。

詳細はこちら »
リソースと料金の推奨事項で、コストを最適化

AWS を使って、コストを管理し、継続的に支出を最適化できます。さまざまな AWS 料金モデルとリソースを選択することで、パフォーマンスとコスト効率の両方の要件を満たし、必要に応じて調整が可能です。アーキテクチャとビジネスのニーズに合わせて AWS のサービスを評価する場合、オペレーティングシステム、インスタンスタイプ、アベイラビリティーゾーン、購入オプションなどのさまざまな要素から柔軟に選択できます。AWS は 評価プロセスを簡略化するリソース最適化の推奨事項を提供し、コストを最適化するリソースを効率的に選択できるようにします。さらに、使用パターンに基づいて料金モデルに関する推奨事項も提供するため、ワークロードのパフォーマンスを損なうことなくコストをさらに削減 (リザーブドインスタンスと Savings Plans では最大 72%、スポットインスタンスでは最大 90%) できます。

詳細はこちら »

コストを透明化、制御、予測、最適化することで、ビジネスを変革する方法についてご紹介します。

より多くの価値を顧客に提供し、予算内に収める方法を学びます。 

詳細はこちら »

膨大な請求額を回避するために、ビジネスの俊敏性と適切なレベルのコスト制御のバランスをとりましょう。

詳細はこちら »

組織内で必要なコストの可視性と説明責任を確立します。

詳細はこちら »

AWS を利用してランウェイを伸ばし、より少ない費用でより多くを得るために必要となるすべてのことを学びます。

詳細はこちら »

AWS クラウド財務管理サービス

AWS のサービス、ツール、リソースを活用して、コストと使用状況のデータを整理および追跡したり、一括請求 (コンソリデーティッドビリング) とアクセス許可を介した制御を強化したり、予算計画と予測を通じてより良いプランを実現したり、あるいはリソースと料金設定の最適化でさらにコストを削減したりすることで、AWS の請求額を削減できます。 

ユースケース 機能 AWS のリソース
整理する ビジネスロジックに沿ったコスト配分戦略の構築 AWS Billing Conductor | AWS コスト配分タグ | AWS Cost Categories
レポート 詳細かつ割り当て可能なコストデータを使用して、クラウド支出の認識と説明責任を高める AWS Cost Explorer | AWS Cost and Usage Report | AWS Application Cost Profiler
アクセス 統合的な表示で組織全体の請求情報を追跡 AWS 一括請求 | AWS Purchase Order Management | AWS クレジット
管理 適切な枠組みを設定して効果的なガバナンスメカニズムを確立 AWS Cost Anomaly Detection | AWS Identity and Access Management AWS Organizations | AWS Control Tower | AWS Service Catalog
予測 作成した予測ダッシュボードを使用して、リソース使用率と支出を見積る AWS Cost Explorer (セルフサービス) | AWS Budgets (イベント駆動)
予算 予算のカスタムしきい値と自動アラート通知により支出を管理 AWS Budgets AWS Budget Actions AWS Service Catalog
購入 ワークロードのパターンとニーズに基づいて、無料トライアルとプログラムによる割引を活用する AWS 無料利用枠 | AWS リザーブドインスタンス | AWS Savings Plans | AWS スポットインスタンス | Amazon DynamoDB オンデマンド
伸縮性 予想される使用パターンとニーズに基づいて、サービスをスケーリングおよびスケジューリングする AWS Instance Scheduler Amazon Redshift の一時停止と再開 | EC2 Auto Scaling | AWS Trusted Advisor
適切なサイズ設定 サービスの割り当てサイズを実際のワークロードの需要に合わせる AWS Cost Explorer の適切なサイズ設定に関する推奨事項 | AWS Compute Optimizer | Amazon Redshift のサイズ変更Amazon S3 Intelligent Tiering
検査 リソースのデプロイとコスト最適化を常に最新の状態にする

AWS Cost Explorer

知る必要のあるトップ 4 の項目

ブログ
AWS Billing Conductor に関する質問と回答
このサービスがどのように AWS の請求とコスト配分のニーズをサポートするかを理解するために、一般的な質問にお答えします。
今すぐ回答を見る ›
動画
効果的なメトリクス戦略の作成
個々の KPI を評価し、組織の長期的な戦略目標に基づいて全体的なメトリクス戦略を設定する方法について説明します。
見て学ぶ ›
ブログ
オンプレミスとクラウドの比較モデルの作成
効果的なコスト比較モデルを作成するための 5 つの重要なアクションをご紹介します。
ブログを読む ›
ポッドキャスト
Cost Star 評価による AWS 最適化の採点
Morningstar が Cost Star Scorecard を使用して、どのようにクラウドコストを理解し、改善し、所有しているのかをお聞きください。
プレゼンテーションを視聴する ›

お客様事例

CFM のジャーニーを加速させる

Amazon Machine Learning Solutions Lab との連携

クラウドエコノミクス

AWS でビジネス価値を理解、構築、および実現します。

お客様の組織で新しい機械学習スキルを習得

管理とガバナンス

ビジネスの俊敏性とガバナンスコントロールを実現します。

AWS クラウド財務管理コミュニティとイベント

コミュニティとイベント

CFM のエキスパートやお客様とつながり、コラボレーションし、学ぶことができます。

AWS Machine Learning パートナーを選択する

CFM ブログ

最新のクラウド財務管理のアップデートをご確認ください。