AWS のコストと使用状況レポートでは、サービス、料金、予約などに関するメタデータ (例: Amazon EC2 リザーブドインスタンス (RIs)) を含む、AWS のコストと使用状況に関する最も包括的なデータを提供します。

AWS のコストと使用状況レポートを有効にする

AWS のコストと使用状況レポートには、アカウントとその IAM ユーザーが使用した各サービスカテゴリの AWS 使用状況が、時間単位または日単位の明細項目として一覧表示されているほか、コスト配分のためにアクティブ化されたタグも表示されます。また、AWS のコストと使用状況レポートをカスタマイズし、使用状況のデータを日単位または時間単位で集計することも可能です。

CostandUsageReporting

AWS のコストと使用状況に関する包括的な情報にアクセス

AWS のコストと使用状況レポートにより、自分のコストと使用状況に関するデータを詳細に調べ、AWS の実装が現在どのように活用されているか理解し、最適化のための機会を見極めることが可能です。完全なデータディクショナリについては、こちらを参照してください。

TrackRIUsage

Amazon EC2 リザーブドインスタンス (RI) の使用状況を追跡

RI の割引が適用されている使用状況の各項目には、その割引がどこに割り当てられたかを示す情報が記載されています。そのため、どのインスタンスか特定の予約で得をしたか、簡単に追跡できます。

IngestintoRedshiftQuickSight

戦略的なデータ統合を活用

Amazon Athena のデータ統合機能を使うことで、自分のコストと使用状況に関する情報に対し、標準の SQL クエリですばやくクエリを行うことができます。また、データを Amazon Redshift または Amazon QuickSight へ直接アップロードできます。


AWS は、AWS のコストと使用状況レポート (CSV 形式) をユーザーが指定した Amazon Simple Storage Service (S3) バケットに提供します。レポートは最低 1 日に 1 回以上更新されます。レポートは Amazon S3 コンソールを使用してダウンロードするか、または Amazon S3 API を使用してプログラムでレポートを取得できます。

Amazon Athena に統合するように、コストと使用状況レポートを 設定することも可能です。Amazon Athena と、AWS のコストと使用状況レポートとの統合が有効化されると、ユーザーのデータは、圧縮された Apache Parquet ファイルとしてユーザーが指定した Amazon S3 バケットに配信されます。AWS のコストと使用状況レポートは、Amazon Redshift に直接取り込むか、または、Amazon QuickSight にアップロードすることも出来ます。

AWS のコストと使用状況レポートには直接の費用は発生しませんが、標準の Amazon S3 ストレージ料金が適用されますのでご注意ください。

CostandUsageReport