Category: 値下げ


EC2 の料金の値下げ – リザーブドインスタンス & M4 インスタンス

AWS の拡大が進むに連れて、お客様へ提供するサービス価値も高めて行けるように努めています。サプライヤと協力してコスト低減を実現しながら、今まで以上に効率的でコスト効率が良い方法でハードウェアやソフトウェアを構築できるようにしています。定期的そして頻繁にコスト低減を行っているほか、お客様が AWS を利用する上で最適化できるオプションもご提供しています。たとえばリザーブドインスタンス (2009 年にリリース) は、オンデマンド料金に比べ Amazon EC2 ユーザーに大幅な割引を提供します。また、特定のアベイラビリティーゾーンで使用するキャパシティー予約においても同様です。AWS をご利用のお客様は様々な方法でリザーブドインスタンスを購入し管理されています。前払いでより大幅な値下げを利用するお客様もいれば、最初に何も払わずに小さな (とはいっても、かなりの額にはなりますが) 割引をご利用されるお客様もいらっしゃいます。また、その中間を取って一部前払いして先述の 2 つのオプションの間に位置する割引料金をご利用され、満足されている方もいます。このようにお客様の幅広い好みにお応えすべく、AWS では大半の現行世代のインスタンスタイプを対象に 3 年契約の前払いなしスタンダードリザーブドインスタンスをオプションを追加しました。さらに、前払いなしリザーブドインスタンス、コンバーティブルリザーブドインスタンス、汎用 M4 インスタンス (オンデマンドおよびリザーブドインスタンス) の料金の値下げも行うことになりました。これで 61 回目の AWS 料金の値下げとなります。詳細はこちらをご覧ください (すべての変更および値下げは即座に有効になります)。3 年契約のスタンダード RI で前払いなしのオプションを追加 – これまでは 1 年契約のスタンダード RI で前払いなしのオプションをご提供していました。そして本日より、3 年契約の C4、M4、R4、I3、P2、X1、T2 スタンダードリザーブドインスタンスで前払いなしのオプションも開始しました。前払いなしリザーブドインスタンスの料金を低く設定 – C4、M4、R4、I3、P2、X1、T2 インスタンスタイプで、前払いなし 1 年契約のスタンダードと 3 年契約のコンバーティブルリザーブドインスタンスを対象に、最大 17% までの料金値下げを行いました。新しい料金はインスタンスタイプやオペレーティングシステム、リージョンにより異なります。いくつかのリージョンにおける Linux の前払いなしリザーブドインスタンスの平均値下げは次の通りです。

米国東部 (バージニア北部) 米国西部 (オレゴン) 欧州 (アイルランド) アジアパシフィック (東京) アジアパシフィック(シンガポール)
C4 -11% -11% -10% -10% -9%
M4 -16% -16% -16% -16% -17%
R4 -10% -10% -10% -10% -10%

コンバーティブルリザーブドインスタンスをより安価に – コンバーティブルリザーブドインスタンスはインスタンスファミリーや RI と関連のある他のパラメーターをいつでも変更できるようにします。これにより、アプリケーションの展開や変更の必要が発生した場合に RI インベントリを調整することができます。3 年契約のコンバーティブルリザーブドインスタンスの料金を大方の現行世代のインスタンス (C4、M4、R4、I3、P2、X1、T2) で、最大 21% まで値下げしました。いくつかのリージョンにおける Linux のコンバーティブルリザーブドインスタンスの平均値下げは次の通りです。

米国東部 (バージニア北部) 米国西部 (オレゴン) 欧州 (アイルランド) アジアパシフィック (東京) アジアパシフィック(シンガポール)
C4 -13% -13% -5% -5% -11%
M4 -19% -19% -17% -15% -21%
R4 -15% -15% -15% -15% -15%

このような値下げは、その他ほぼすべてのリージョンでも有効になる予定です。M4 インスタンスをより安価に – M4 Linux インスタンスの料金を最大 7% まで引き下げました。新価格については EC2 リザーブドインスタンスの料金表ページEC2 料金表ページまたは AWS 料金表 API をご覧ください。詳細 次のブログは EC2 リザーブドインスタンスモデルに追加した改良点の詳細情報について説明しています。

  • 「EC2 リザーブドインスタンスの新たなインスタンスサイズの柔軟性 (New – Instance Size Flexibility for EC2 Reserved Instances)」 – このブログはインスタンスファミリーやリージョン内で複数のインスタンスサイズに単一の RI を使用する方法について説明しています。
  • 「EC2 リザーブドインスタンスの更新 – コンバーティブル RI のリージョン別メリット (EC2 Reserved Instance Update – Convertible RIs and Regional Benefit)」 – このブログはリージョン別メリットと (リージョン内でどの AZ でもインスタンスを実行できるように、キャパシティーの予約を適用しない) インスタンスファミリーや他のパラメーターの変更を許可するコンバーティブル RI について説明しています。
  • 「EC2 リザーブドインスタンスモデルを単純化 (Simplifying the EC2 Reserved Instance Model)」 – このブログは 3 つの支払いオプションを紹介しています (全前払い、一部前払い、前払いなし)。

詳細は AWS 料金表リザーブドインスタンスのよくある質問をご覧ください。

Jeff;

Amazon Elastic Block Store(EBS)アップデート-スナップショットストレージの値下げとPIOPSボリュームのIOPS/GB比率の改善

Amazon Elastic Block Store(EBS)はEC2インスタンスにアタッチして利用できる、永続化されたブロックレベルストレージです。EBSを利用することで、必要なパフォーマンスを備えたSSDベースのボリュームをプロビジョンし、マネジメントコンソールによる手作業やプログラムによってバックアップとして利用できるスナップショットを作成することが可能になります。

本日、これらの機能に対する改善についてお知らせをいたします。プロビジョンドIOPSボリュームにおけるプロビジョン可能なIOPS値の制限を緩和するとともに、スナップショットストレージの費用を47%削減いたします。この改善により、EBSはこれまでよりもパワフルで経済的なものになるでしょう。

IOPS/GB比率の改善
プロビジョンドIOPSのコンセプトをご紹介したのは2012年のことでした(詳細は過去のポストをご覧ください)。プロビジョンドIOPSボリュームを利用すると、それぞれのEBSボリュームに必要なレベルのパフォーマンスを確保することができます。設定可能なIOPSの値はボリュームのサイズに依存しており、最大20,000IOPSまでの範囲でボリュームが大きくなるほどより高いIOPSを指定することが可能です。

これまでは、1GBあたり最大30IOPSの範囲で指定が可能でした。これからは1GBあたり最大50IOPSまでを指定できるようになります。プロビジョンドIOPSボリューム(io1)は年間を通じて、99.9%に時間に対して指定したIOPS値のプラスマイナス10%の範囲のパフォーマンスを発揮するように設計されています(詳細についてはEBSについてのよくある質問をご覧ください)。

極めて負荷の高い処理を実行するために、小容量で高いIOPSを持つプロビジョンドIOPSボリュームを利用しているケースがあります。本日発表した改善により、こういった小容量で高いIOPSを求めるユースケースにおいて、さらに容量を小さくすることが可能になります。つまり、従来は20,000IOPSを指定するには最低667GBの容量が必要だったものが、本日からは400GBを確保すれば良いということになるのです。

この改善は全ての一般利用可能なAWSリージョンにおいて、新たにボリュームを作成する際に適用されます。

スナップショットストレージの値下げ
また、全てのAWSリージョンにおいてEBSスナップショットの費用を47%値下げいたします。

スナップショットはこれまでよりも経済的になりました。この改善の結果として、より高頻度にバックアップを取ることが可能になり、これによって障害や人為的ミスからのリカバリタイムが短くなることが期待できます。もしEBSボリュームのバックアップを取っていないようでしたら、今が始めるチャンスです!

この値下げは2016年8月1日にさかのぼって自動的に適用されます。また、AWS Storage Gatewayのゲートウェイキャッシュ型ボリュームのスナップショットについても同様に適用されます。

— Jeff;

原文:Amazon Elastic Block Store (EBS) Update – Snapshot Price Reduction & More PIOPS/GiB(翻訳:SA小林)