Amazon Web Services ブログ

Category: 利用事例

Hightail — クラウド上での創造的なコラボレーションを支援

Hightail (旧社名: YouSendIt) は、世界各地の 5,000 万人以上の専門家が優れたコンテンツをユーザーに提供できるよう支援することで、創造的な作業の確認、改善、承認方法を合理化しています。Hightail は、ファイル共有会社として 2004 年に設立されて以来、付加価値のある創造的なコラボレーションサービスの提供へと戦略的方向を転換し、著名な顧客を数多く獲得しています。 本日のゲスト投稿では、Hightail の技術担当上級副社長である Shiva Paranandi 氏が、同社が実施したオンプレミスからクラウドへのペタバイト単位のデータ移行について語ります。クラウドベンダーの評価プロセスと、すべてを AWS に移行した理由が述べられています。 Hightail はユーザーが大きなファイルを簡単に共有して保存できる方法を提供するために設立されましたが、それ以降、創造的なコラボレーションツールへと進化してきました。当社は、ユーザーがデジタル資産を管理、共有するだけの場所ではなく、創造的なチームを作り、顧客とつながり、創造的なワークフローを開発して、最初から最後までプロジェクトを管理できる場所になりました。現在では、Lionsgate や Jimmy Kimmel Live! といった有名ブランドのコラボレーションサービスの原動力となっています。当社は、国内外の顧客が増える中で、製品開発とユーザーへのサービスに対して社内的により傾注する必要がありました。独自のデータセンターの運営には、予定していたよりも多くの時間、費用、人材が必要になることがわかりました。 より迅速に反復して顧客のニーズを満たし、市場までの時間を大幅に改善する手法が必要でした。データセンターのコストを削減し、世界各地の特定のリージョンで迅速にスケールアップする柔軟性が必要だったのです。新しい場所でのデータセンターの設営には長い時間がかかり、当社が達成できる成長ペースの妨げとなっていました。さらに、使用することもないストレージキャパシティーを所有することになる、ニーズに先回りした購入にはうんざりしていました。頻繁に使用しないデータを非アクティブなストレージに保持する一方で、顧客のリクエストに応じてそのデータを迅速に取り出せることでコストを削減する、階層型で非常にスケーラブルなストレージソリューションが必要でした。当社の主な推進力は俊敏性と革新であり、クラウドはそれらを強力に可能にしてくれます。それを踏まえて、ストレージとコンピューティングインフラストラクチャの管理にリソースを投入するのではなく、ビジネスを差別化する構想に時間とコストを費やすことができる、クラウドファーストのポリシーを採用することに決定しました。 AWS とクラウド競合他社の比較 移行の開始にあたって、まず AWS、Google、IBM、Microsoft を含むさまざまなクラウドベンダーの評価を行いました。当社にとっては明らかに AWS が抜きん出た選択肢でした。ある時点では、ニーズを満たすために複数のクラウドプロバイダーからのサービスを組み合わせることを検討しましたが、最適なルートは AWS を単独で使用することであると判断しました。トレーニング、同期、サポート、システムの可用性、それに他の移行や管理の要素を考慮すると、複数のクラウドを使用する手法は実用的ではありませんでした。最善のコスト削減と、ほかに例を見ないパートナーソリューションのエコシステムにより、他のベンダーは必要なく、すべてを AWS に移行することを選択しました。 AWS に移行することで、ギガバイトあたりの最低料金、リッチなエコシステムへのアクセス、社内の迅速な人材開発、SOC II コンプライアンスの維持が可能になりました。エコシステムは特に当社にとって重要で、非常に多くのパートナーを持つ AWS は競合他社とは一線を画していました。実際に、イメージのプレビュー、ビデオのエンコード、プレゼンテーションの提供などのサービスについて当社が依存しているすべてのベンダーは既にこのネットワークに参加しているため、既存の投資や専門知識を簡単に利用することができました。別のプロバイダーを選択していれば、既に正しく稼働しているプラットフォームからの移行が必要になりますが、これは当社にとって望ましい結果ではありませんでした。また、AWS のテクノロジーについて社内で開発できる人材の数も驚くべきものでした。AWS の使用に関する内部チームのトレーニングは、AWS カンファランス、トレーニング教材、サポートなどの利用可能なツールを使用した簡単なプロセスです。 ペタバイト単位のデータの移行 AWS を選択したことで、作業が簡単になりました。多くの場合、社内で使用していたよりも優れた機能が提供されました。オンプレミスストレージから AWS に数ペタバイトのデータを簡単に移行できました。AWS の Direct Connect により高速に処理を進めることができたため、3 か月ほどですべてのデータをプッシュできました。それによるユーザーへの影響はありませんでした。AWS Key […]

Read More

AWS HIPAA 対応サービス発表についての詳細情報

では、HIPAA 対応サービスの発表がいくつかありました。AWS ヘルスケアおよびライフサイエンスグローバルテクニカルリーダーの Patrick Combes、および AWS ヘルスケアおよびライフサイエンスパートナーソリューションアーキテクトの Aaron Friedman が、その全貌についてお知らせするためにこの投稿を書いています。 -Ana ここ数週間の間に、次の AWS のサービスが BAA に追加されたことをお知らせいたします。 Amazon API Gateway、AWS Direct Connect、AWS Database Migration Service、Amazon SQS。これら 4 つのサービスはすべて AWS へのおよび AWS を通じてのデータの移動を容易にするため、お客様がこれらのサービスを使用してヘルスケアにおけるソリューションをどのように促進できるか楽しみです。これらのサービスのそれぞれのユースケースは膨大なので、お客様が Protected Health Information (PHI) でこれらのサービスを使用できるいくつかの方法を取り上げます。 AWS の事業提携の追補 (BAA) の適用を受けるすべての HIPAA の対象サービスと同様に、PHI は、保管時または転送時に暗号化される必要があります。HIPAA のホワイトペーパー を参照することをお勧めします。これは、PHI を保存、処理、および転送するための AWS の HIPAA 対応サービスの設定方法について説明しています。そしてもちろん、PHI に該当しないアプリケーション部分については、90 以上のサービスを使用して、ユーザーに最適なエクスペリエンスを提供することができます。HIPAA のアーキテクチャに関するアイデアは、ウェブサイトでご覧いただけます。 Amazon API […]

Read More

AWS でコンソーシアムサイエンスを活用し科学的発見を促進

同僚の Mia Champion は科学者 (彼女が発表した記事) であり、AWS 認定ソリューションアーキテクト そして AWS 認定開発者でもあります。今回は、彼女が大量なデータのデータセットリサーチを行っている際に、バイオインフォマティクスにおけるクラウドコンピューティングの価値に気付いた時のことについてブログを投稿いただきました。 科学研究における技術の進歩は、そのコンテンツにおいても複雑性を増し、日々急増しているデータセットのコレクションに可能性を与えています。世界中で加速化するイノベーションは、最近のクラウドコンピューティング革命によっても活気付けられ、一見したところ無限でスケーラブルそして迅速なインフラストラクチャを研究者に提供しています。現在では、研究者が独自のシーケンサー、マイクロスコープ、コンピューティングクラスターなどを所有するための障害を排除しています。クラウドを使用することで、科学者はギガバイトにも及ぶ何百万人という患者のサンプルのデータセットや各患者のその他の情報を簡単に保存、管理、処理そして共有することができます。アメリカの物理学者である John Bardeen はこのように言っています。「科学というものは協同して取り組むものです。数人の科学者が共に努力し出し合った結果を組み合わせることで、1 人の科学者が行うよりも効率よく研究を進めることができるのです (Science is a collaborative effort. The combined results of several people working together is much more effective than could be that of an individual scientist working alone)」 再現性のイノベーション、一般化、データ保護の優先 これまでにないスケールで、安全性を備えたクラウドを有効にしたデータ共有を活用する研究者や組織は日々増え、AWS クラウドを使用して革新的でカスタマイズした分析ソリューションを作り出しています。しかし、そうしたスケールの共同作業環境において、対象分野そして科学における従来の方法を根本的に変え、安全なデータ共有と分析を行うことは可能でしょうか?クラウドを有効にしたリソースの共同体を構築することで、研究結果の説明やその影響において問題となり、再現性の下落に繋げた分析変動性を排除することはできるのでしょうか? こうした疑問への答えは「イエス」です。Neuro Cloud Consortium、The Global Alliance for Genomics and Health (GA4GH)、The […]

Read More

Streamlineのケーススタディ:Amazon GameLiftで加速リリース

Proletariatについて ボストンに拠点を置くProletariatは、革新的なマルチプレイヤー体験の構築に焦点を当てたインディーゲーム企業です。5人のゲーム業界のベテランによって2012年に設立されました。彼らは、賞を獲得したWorld Zombinationの立案者です。World Zombinationは、プレイヤー同士が共に戦略を立て合ってゾンビや人間の大群を用いて街を破壊したり守ったりする巨大なオンラインゲームです。彼らの最新のマルチプレイヤーゲームであるStreamlineは、オーディエンスのインタラクティブなゲーム参加が特徴であり、ストリーミング配信者や視聴者が試合中にゲームプレイルールをリアルタイムに変更することができます。 課題 Proletariatは、3月のGDC 2016でStreamlineを公表し、ゲームストリーマーのプレミアムイベントである9月のTwitchCon 2016でベータ版を公開する予定であると告知していました。しかし、TwitchCon 2016のTwitch Prime一般公開に含めないかという話をAmazonが持ちかけたところ、ProletariatはStreamlineを誰でもプレイできるようにするために開発を加速することを決めました。彼らは興奮する一方で、自分たちの独自のゲームサーバソリューションが、管理に手間がかかり過ぎることと増加していくプレイヤー需要をサポートするために必要な機能が足りていないことを気にしていました。 Proletariatの独自のクラウドソリューションはAWS Elastic Container Service (ECS)を中心に構築されていました。AWS ECSは、AWS EC2インスタンス上のアプリケーションの管理を容易にしてくれるコンテナ管理のサービスです。サーバのヘルスチェックを実行したりプレイヤーを利用可能なゲームサーバに接続するなど、彼らは基本的なゲームサーバの機能を手動で操作していました。これらのプロセスによってプレイヤーの負荷が処理されますが、Streamlineが一般利用可能になってしまえば管理は手間がかかり過ぎるでしょう。また、彼らの独自のクラウドソリューションは、どのゲームサーバがアクティブなゲームセッションを保持しているかというこを特定することができませんでした。これは、サーバのキャパシティを手動で調整している間に誤ってアクティブなゲームセッションを縮小し、プレイヤーをStreamlineから切断してしましまう可能性があることを意味していました。単一のEC2インスタンス上で複数のゲームサーバプロセスを実行することができないので、テストをシンプルにすることも困難でした。各ゲームサーバはユニークな公開ポートを必要としますが、コンテナ内部からはその公開ポートを取得することができませんでした。 Proletariatは、ゲームサーバのホスティングにAWSの実績のあるインフラストラクチャを使い続けることを希望していましたが、必要な機能を構築するには数千時間はかかりそうでした。あっという間ににTwitchCon 2016の開催は近づき、ProletariatはAmazon GameLiftを紹介されました。Amazon GameLiftはAWSのマネージドサービスです。ゲームサーバのホスティングをシンプルにしサーバキャパシティを数分でスケールします。 「Proletariatのチームにとって選択肢は非常にシンプルでした。つまり、我々のクラウドインフラストラクチャを構築するのに数ヶ月を費やすためにエンジニアチームを雇うか、あるいはAmazon GameLiftで数分でデプロイするか、です。」とProletariat社CEOの Seth Sivakは言いました。 実装 Proletariatは、Amazon GameLift Server SDK for C++をダウンロードしUnreal Engineゲームサーバのビルドに統合し、ゲームサーバをAmazon GameLiftにアップロードしました。Unreal Engineゲームサーバを格納するために、5つのGameLiftインスタンスタイプのどれが自分たちのニーズに最も適しているかを判断する必要がありました。「リアルタイムゲームでは、ネットワークが最適化されたAmazon GameLiftインスタンスが必要でした。そのため、私達は一連のインスタンスにc4.xlarge.gameliftを選択しました。」とStreamlineのリードエンジニアである Cauê Waneck は言いました。「Amazon GameLiftは、各インスタンス上で4つのゲームサーバをサポートするように実行設定を構成することができます。これは、私達のゲームサーバがシングルスレッド構成であることを考えると完璧です。これにより、vCPUあたり1つのゲームサーバプロセスをうまく活用できるようになり、テストとイテレーションのプロセスが大幅にシンプルになります。」 独自に作成したNode.jsのマッチメイキングシステムとAmazon GameLift上のC++のゲームサーバ間のゲームセッションの新規作成を管理するために、ProletariatはAWS JapaScript SDK with Amazon GameLiftを使用しました。また、彼らはクイックマッチに利用可能なキャパシティを持つゲームサーバを見つけるために特殊なゲームセッションデータを使用しました。このデータは、サーバが新規プレイヤーを受け入れるべきかどうかを分類し、どのゲームセッションが利用可能なプレイヤースロットを持っているかを特定するのに役立ちました。「Amazon GameLiftは、大量のプレイヤーのマッチメイクを容易にし、待ち時間を減少させました。」とWaneckは言いました。「さらに、ゲームセッションをパーティーリーダーに関連付けるということが可能だったので、プレイヤーにカスタムゲームマッチの開催を可能にするというかたちでも役に立ちました。」 Proletariatは、アクティブなゲームを保持するインスタンスがスケールダウンされてプレイヤーをオフラインにしてしまうことを防ぐために、Amazon GameLift組み込みのゲームセッション保護の有効化も行いました。「Amazon GameLiftは保険のようなものです。サーバのスケーリング、とりわけ起動時のスケーリングにおいて安心を与えてくれます。」とWaneckは言いました。 AWS Command Line Interface […]

Read More

Human Longevity, Inc. – ゲノム研究で医療を変える ゲノム研究の先端をリードする

Human Longevity, Inc. (HLI) は予防衛生を支持する上で、ヒトゲノムおよび関連性を持つ表現型データや臨床データを蓄える世界最大のデータベースを構築したいと考えています。今回のゲスト投稿では、Yaron Turpaz 氏と Bryan Coon 氏、Ashley Van Zeeland 氏が医学に大きな変化をもたらす努力の一端として生成している大量のデータを保存するため、どのように AWS を使用しているのか語ります。 2013 年に Human Longevity, Inc. を設立した当時から、前途に待ち受ける挑戦を認識していました。ゲノムには生命体を形成し維持する上で必要なすべての情報が詰まっています。ヒトにおいては、30 億もの DNA ベースのペアを含むゲノム全体のコピーが核を持つ全細胞に含まれています。我々の目的は 100 万のゲノムを配列し、その情報と関連付けた健康記録や疾病リスクを研究者や医師に提供することです。研究者や医師はデータを解釈して的を絞った個人の健康管理プランや、癌やその他の深刻な健康リスクにおいて最適な治療を従来より遥かにすばやく提供することができます。従来のように症状が出始めてから医師にかかり、病気を診断されてから治療を始めるモデルではなく、予防衛生やリスク予防を発展させることで医療を変えることが我々の目的です。大規模なコンピューティングを開発し適用、ゲノム研究に機械学習を使用するには Illumina のような企業が提供する DNA 配列技術による大量なデータの収集、分析、保存が必要になります。1 つのゲノムからの生データは約 100 ギガバイトを消耗します。注釈や表現型のソースや分析を含むゲノム情報を調整し、健康上の情報を分析するに伴ってこの数字は上昇します。我々が選ぶコンピューティングとストレージ技術が当社の成功に直接影響することは初めから理解していました。ですから、クラウドを使用することは明らかに最適な選択でした。当社はゲノミクスを専門としているので、IT インフラストラクチャの構築や維持にリソースを使用することは希望していません。そこで、プラットフォームの広さや当社が必要とする優れたスケーラビリティ、そしてビッグデータで展開した専門知識を備えている AWS を選ぶことにしました。また、AWS によるイノベーションのペースも考慮しました。利用者のために可能な限りコストを抑える AWS の手の込んだ策略も、当社のビジョンを実現する上で非常に大切なポイントだと考えました。 広範囲にわたる AWS サービスの活用 現在、当社では広範な AWS サービスを使用して様々な種類のコンピューティングタスクやストレージタスクを行っています。たとえば HLI のナレッジベースは Amazon S3 ストレージと多数の Amazon EC2 ノードで構成される分散システムインフラストラクチャを活用しています。これにより、当社がリソースの分離やスケーラビリティ、迅速なプロビジョニング、ペタバイトスケールのデータベースクエリや動的なコホートビルダーに対し、ほぼリアルタイムの応答時間を可能にすることができました。AWS サービスの柔軟性により、当社のカスタマイズした Amazon […]

Read More

ゲノムエンジニアリングのアプリケーション: クラウドを早期導入

オーストラリア連邦科学産業研究機構 (Commonwealth Scientific and Industrial Research Organization (CSIRO)) から、重要な新しいゲノム編集技術で AWS が活用されている件について寄稿いただきました。– Jeff 最近の分子工学技術ではゲノム編集を正確に行えるようになりました。この CRISPR-Cas9 という新技術は独自の DNA 配列でパターンマッチングを行い、ゲノム内で特定の場所を識別し編集できるようにプログラムすることが可能です。これは研究者にとってパワフルで新しいツールですが、ゲノム全体にわたりターゲットをスキャンし探すということは、これまでにない大規模なコンピューターの使用が必要であることも意味しています。今年始めにアメリカ国立衛生研究所 (US National Institutes of Health (NIH)) はヒトの健康においてこうした技術の使用を承認しました。これはがん治療に革命を起こす可能性を秘め、計算力においてもスピードが重視されることを意味しています。がん治療の新しいアプローチ およそ 5 人に 1 人はがんにかかるといわれている昨今、がん生存率は 2 倍になったといわれていますが、脾臓がんの場合はその確率が 1 % といったように生存率の低い種類のがんはまだあります。その理由は、主に健康な細胞組織に害を加えずに、がん細胞を消滅させる治療的介入を見つけることが困難だからです。従来とは異なる治療法を開発する上で、NIH が新たにトライアル承認した CRISPR-Cas9 はゲノム編集技術において飛躍的な進歩を可能にします。自然にがんと闘う細胞の特異的修飾により、患者は自分の免疫システムを強化させることができます。特定の血液がんや固形がんまたは黒色腫を患う患者を含む、現在行っている研究で幅広い範囲にわたり、この技術は異なる腫瘍に対し効力を発する可能性を持っています。計算に基づいたゲノムエンジニアリングにおけるクラウドサービスヒトの健康を対象としたこの新しいアプリケーションは、臨床ケアの時間的制約に応えるため CRISPR-Cas9 デザインの堅牢性と効率性を必要としています。AWS クラウドサービスをベースにして eHealth プログラム、オーストラリ連邦科学産業研究機構 (CSIRO) は、この問題に取り組むために新型のソフトウェアツール、GT-Scan2 を開発しました。「他の方法に比べて GT-Scan2 は遺伝子位置を高感度かつ特異性をもって特定することができます」と、トランスフォーメーショナルバイオインフォマティクスチームを率いる Dr. Denis Bauer は語っています。 GT-Scan2 はゲノム位置で特定した CRISPR ターゲットの位置を示し、その高アクティビティや低アクティビティを記述するほか、オフターゲットの可能性も表示します。 […]

Read More

MLB Statcast – David Ortiz、Joe Torre、Dave O’Brien をご紹介

私の同僚に十代の頃からボストンの野球チーム、レッドソックスの大ファンだという人がいます。その彼女が、つい先日レッドソックスの偉大な選手でありハンクアーロン賞も受賞した David Ortiz (別名 “ビッグパピ”) と、殿堂入りした Joe Torre、アナウンサーの Dave O’Brien (ESPN および NESN) と共に、ビッグパピのメジャーリーグ引退を記念した面白いビデオ制作に携わりました。ご覧のようにビッグパピがクオンティファイドセルフをシリアスに受け止め、引退後も競争力が衰えないように AWS を使用した Statcast でさまざまなことを測定しています。 MLB Statcast は高解像度カメラとレーダー装置を使用してボール (20,000 メトリックス/秒) と選手たち (30 メトリックス/秒) の位置をトラックし、1 試合ごとに 7 テラバイトのデータを生成します。そして、これをすべて保存し処理しているのが です。このアプリケーションは 、、、、、、 など複数の AWS サービスを使用しています。アーキテクチャの全体像は次のとおりです。 詳細はこちらのケーススタディ Major League Baseball Fields Big Data, and Excitement, with AWS をご覧ください。 に参加される方は、肩を十分にほぐしてから Statcast 装置万端のバッティングケージにぜひお越しください。メジャーリーグの選手たちと自分の測定比較をすることもできます。

Read More

AWS 予算の更新 – クラウドのコストと使用量

スパイダーマンをはじめアクションヒーローは昔から「大いなる力には、大いなる責任が伴う」と言っています。オンデマンドで従量制のクラウドの世界では、ユーザー自身が確かな情報を備え、責任を持った顧客でなければいけないという意味として、このメッセージを捉えることができると思います。同様に企業環境においては予算と支出に注意する必要があり、実際の支出を予想額の範囲内に抑えなければなりません。そして複数のプロジェクトや部署で AWS を使用していると、こうした点を正確に追跡したり財務予測を立てることが複雑になっていきます。 そこで、この度 AWS の予算機能に重要な更新をいくつか追加しました (詳細は「AWS の新しい予算と予測」をご覧ください)。この機能はファイナンスマネージャー、プロジェクトマネージャー、DevOps のバイスプレジデント達が使用できるように設計されています (ご自分がクラウド予算の担当者でない場合は、適切な人物にこのブログを参考資料としてお知らせするのも良いでしょう)。AWS 予算を使用すれば特定のカテゴリにかかるコストや使用量を統一して見ることができます。また、自動通知を利用してステータスの詳細情報 (予算の上回りまたは下回り) を把握することができるので、潜在的な問題を識別し予算超過を防ぐための対策を講じることもできます。 AWS 予算の更新 1 つの支払いアカウントにつき 20,000 件までの予算を作成することができます。コストやリソースの消費量が頻繁に変わる環境で支出をうまく管理するため、予算は 1 日 4 回にわたり評価されるようになっています。通知はメールまたはプログラム ( メッセージ) で配信されるので、手動や半自動または完全自動の方法で状況に対応できます。これにより、次の状況や社内で発生する他の問題に取り組むことができます。 VP (バイスプレジデント) – 事業単位の予算や企業全体の予算を組み、リージョン別またはその他のカテゴリ別に支出を管理し実際の使用量と予算を比較することで、クラウド全体の支出を最適化できます。プロジェクトマネージャー – 部署内のコスト管理、複数のサービスやタグそしてリージョンを監視することができます。しきい値が超えると関係者にその旨を通知し対応を促します。必要であれば各チームメンバーにリソース予算を提供しそれを考慮して実行するように勧めることも可能です。 ファイナンスマネージャー – 自社のこれまでのコストを分析し、その情報を利用して今後の適切な予算を組むことができます。企業全体または各アカウントや各サービス、事業単位、プロジェクトチーム別にコストを見直すことができます。 予算を組む では 1 つか 2 つ予算を作成してみましょう! [Billing and Cost Management] を開きます。 [Budgets] をクリックします。 AWS 予算を初めて使用する場合は [Create budget] をクリックしてから次のステップに進む前に 24 時間待たなければならない場合もあります。その間、お客様の最初の詳細な請求レポートを準備します。 […]

Read More

Atlassian JIRA ソフトウェアと Bitbucket データセンターの新しい AWS クイックスタート

AWS クイックスタートは 内のソフトウェアソリューションのリファレンス実装を迅速にデプロイする場合に役立ちます。クイックスタートを使用すれば、AWS やソフトウェアパートナーが推奨しているベストプラクティスのメリットを活用しながら簡単にソフトウェアをテストしたり使用することができます。 今回は APN アドバンスドテクノロジーパートナー (および DevOps コンピテンシー所有者) である Atlassian と協力して開発したクイックスタートガイドのペアについてご紹介します。このクイックスタートガイドは JIRA ソフトウェアデータセンターと AWS 上の Bitbucket データセンターのデプロイで役立ちます。 Atlassian のデータセンターの機能は、規模の大きな開発チームを持ち、スケーラブルで可用性の高い開発ツールとプロジェクト管理ツールを必要とするお客様のために設計されています。こうしたツールは常にミッションクリティカルであるため、堅牢性と耐障害性がベースライン要件であり、実稼働デプロイメントは常にマルチノードまたはクラスター設定で実行されるようになっています。 新しいクイックスタート JIRA ソフトウェアデータセンターはスピードを必要とするチームにプロジェクト管理ソリューションと問題管理ソリューションを提供、Bitbucket データセンターは Git リポジトリソリューションを提供します。どちらのソリューションも、複数のプロジェクトに携わる規模の大きなチームで可用性が高く大規模なパフォーマンスを実現します。こうした新しい Atlassian クイックスタートにより、徹底的なテストとリファレンスアーキテクチャの完全サポートを利用することができるので、AWS で行う製品のデプロイを大幅に簡略化し加速することが可能になりました。 クイックスタートには、新規または既存の Virtual Private Cloud (VPC) で Bitbucket と JIRA ソフトウェアのデプロイを許可する テンプレートが含まれています。新しい VPC を使用したい場合は、テンプレートが作成できます。同時にパブリックサブネット、プライベートサブネット、NAT ゲートウェイも作成するので、プライベートサブネットで EC2 インスタンスを許可しインターネットに接続することができます (NAT ゲートウェイを利用できないリージョンでは、代わりに NAT インスタンスをテンプレートが作成します)。すでに AWS をご利用されていて適切な VPC がある場合は、代わりに JIRA […]

Read More

AWS Answers – AWS で不安を感じずに効率良く構築する

企業や団体が に移行を決定しそのメリットを感じ始めたら、次のステップはアプリケーションを適切に構築することです。数々のお客様の様子を見て分かったのはベストプラクティス、具体的な設計パターン、既製のソリューション、高度な戦略的ガイダンスを探していることです。 そこで今日は新しい AWS Answers ページをご紹介します。 このページでは AWS アプリケーションのアーキテクチャや構築そして実行に関するよくある質問について分かりやすくお答えします。これにはアカウント、設定とインフラストラクチャ管理、ログ、移行、モバイルアプリケーション、ネットワーキング、セキュリティ、ウェブアプリケーションなどがあり、項目別にそれぞれのガイダンスを提供しています。経験豊富な AWS アーキテクトが情報を提供し、回答は Q&A 形式で掲載します。回答に協力したスタッフ全員がお客様と直接コミュニケーションを取り、プロセス時に集積した実際の経験をどの回答にも反映させています。 各回答は、ポイントを押さえて説明したブリーフィングまたは を使用してデプロイできる自動化ソリューション、オンラインで閲覧可能もしくは PDF 形式でダウンロードできる実装ガイドなど、どの質問においても具体的な解決方法を提供しています。回答例は次をご覧ください。 AWS WAF を使用して構成済みの保護をデプロイするには? – 右側の図のように、構成済みの AWS WAF ルールとカスタムコンポーネント (honeypot を含む) をソリューションが設定します。 Amazon EC2 インスタンスを自動的に開始または停止するには? – 使用していない EC2 インスタンスを停止し必要に応じて再開するには、ソリューションが EC2 スケジューラを設定します。 Amazon Machine Image に含むべきものは? このブリーフィングではイメージ作成のベストプラクティスと一般的な 3 つの AMI 設計について紹介しています。 AWS で VPN モニタリングを導入するには? – ソリューションは VPN モニタリングをデプロイし、カスタムの CloudWatch […]

Read More