Amazon Web Services ブログ

Category: 活用例

AWS Server Migration Service – クラウドへのサーバー移行が簡単に!

これはAhmed Omranのゲストポストです。 AhmedはAWSのMigration Solutions Architectです。 大規模構成におけるオンプレミスサーバーの移行は、自動化、スケジューリング、少ない帯域幅の消費や移行時間の短縮を調整することなしに行うことはできません。 この記事では、AWS Server Migration Service(AWS SMS)を使用して、オンプレミスのワークロードをAWSに効率的に移行する方法を段階的に説明します。 AWS Server Migration Serviceとは何ですか? 2016年10月、エンドツーエンドのサーバー移行プロセスを簡素化する目的でAWS SMS を紹介しました。 AWS SMS は現在、仮想アプライアンスを使用したエージェントレスサービスとしてのオンプレミス仮想マシン(VMs)の移行をサポートしています。 AWS SMSには、次の主要な利点があります: ライブサーバーボリュームのAWSへのレプリケーションを順次自動化することにより、カットオーバー時のサーバーダウンタイムを削減します。 費用対効果の高い方法で大規模サーバーの移行を行います。 広く使用されている多くのオペレーティングシステムをサポートします。 使いやすいUIを使用して、サーバー移行の進捗状況を管理および追跡します。 AWS SMSは、VMware 環境からAWSへの大規模マイグレーションを計画している場合に重要な考慮事項となる、ダウンタイム、エージェントレスツール、順次レプリケーション、およびカットオーバー前のアプリケーションテストなどに対する理想的なソリューションです。 AWS SMSは、サーバーの移行に使用する無料のサービスです。 Amazon EBS スナップショットやAmazon S3など、移行プロセス中に使用されたストレージリソースにのみ支払います。 現在、米国東部(米国バージニア州)、米国西部(オレゴン州)、米国東部(オハイオ州)、EU(アイルランド)、アジア太平洋(シドニー)、アジア太平洋(東京)、アジア太平洋(ソウル) 、アジア太平洋地域(ムンバイ)でサービスが利用可能です。 どのように機能するのですか? AWS SMS を使用してワークロードを移行する手順を説明する前に、移行プロセス自体とAWS SMS がどのように処理するかについて詳しく説明します。 移行プロセスは、次の図に示すように、4つの段階に分かれています。 AWS SMS 移行プロセスの概要 AWS SMS の最終出力はAmazon Machine Image(AMI)です。移行プロセスは、ジョブが終了されるまで(あなたが消去するか、または90日後に自動的に終了するまで)、各レプリケーションの実行ごとにAMIを生成します。 移行段階は、調整された複製頻度で反復されます。各レプリケーションの実行間隔の最短時間は12時間で、最大時間は24時間です。この反復サイクルの有効期間は90日です。その後、レプリケーションジョブは終了します。 移行するVMのグループを選択できます。 […]

Read More

AWS Health Tools リポジトリを発表

今回は Tipu Qureshi と Ram Atur を迎え、AWS Health / Personal Health Dashboard の Git リポジトリに関する最新情報についてご紹介します。 -Ana 改善操作の自動化やヘルスアラートのカスタマイズを可能にするコミュニティベースのツールソース、AWS Health Tools のリポジトリを本日リリースしました。AWS Health サービスは、AWS インフラストラクチャに影響するイベントにおいてユーザー独自の情報を提供します。これにより、予定済みの変更を実施しやすくしたり、ユーザーの AWS リソースやアカウントに関する問題のトラブルシューティングを促進することができます。また、AWS Health API は AWS リソースの基盤となる AWS サービスのパフォーマンスや可用性について、各ユーザーに適した情報を表示する Personal Health Dashboard を提供します。さらに Amazon CloudWatch イベントを使用すると、AWS Personal Health Dashboard (AWS Health) イベントのステータスで変更を検出し対応することができます。AWS Health Tools は AWS Health、Amazon CloudWatch イベント、AWS Lambda の統合を活用し、AWS インフラストラクチャに関するイベントへの対応の自動化をカスタマイズすることもできます。たとえば、AWS […]

Read More