Category: Amazon SES


新機能 – Amazon Simple Email Service (SES) にメトリックスを送信

Amazon Simple Email Service (SES) はメールの到達精度に注目し意図した受信者にメールが無事届くように努めています。以前公開したブログ (Introducing the Amazon Simple Email Service) では、いくつかの要因が到達精度に影響を与える点について説明したほか、複数のインターネットサービスプロバイダー (ISP) との信頼関係や、多数の苦情やバウンスしたメールなどについても取り上げました。

本日、SES 対象の送信メトリックスの新しいセットをリリースしました。この機能には 2 つの側面があります。

イベントストリーム – 重要なイベント (送信、拒否、配信、バウンス、苦情など) が発生するたびに JSON 形式のレコードを Amazon Kinesis Firehose に発行するように SES を設定することができます。

メトリックスAmazon CloudWatch にメトリックス集約を発行できるように SES を設定することができます。各メッセージに 1 つまたは複数のタグを追加して CloudWatch ディメンションとして使用することができます。メッセージにタグを追加することで、キャンペーン、チーム、部署に基づいて到達精度をトラッキングできます。この情報はメッセージやメール戦略の微調整に利用できます。

詳しくは Amazon Simple Email Service Blog のブログ Email Sending Metrics をご覧ください。

Jeff;