Amazon Web Services ブログ

Category: AWS IoT

AWS IoT Button Enterprise Program のご紹介

AWS IoT ボタンは 2015 年 10 月 に AWS re:Invent の AWS IoT サービスの発表で初めて IoT シーンに登場しました。その年の re:Invent の全参加者は、AWS IoT を実践する機会を提供する AWS IoT ボタンを受け取りました。その時以来、AWS IoT ボタンは、クリック可能な IoT デバイスに興味のあるすべての人に広く利用可能になりました。最近開かれた AWS re:Invent 2016 カンファレンスでは、AWS IoT Button Enterprise Program により企業向けの AWS IoT ボタンが公開されました。このプログラムは、物理的なボタンをクリックすることにより新しいサービスを提供したり、既存の製品を改善できるように企業を助けるためのものです。AWS IoT Button Enterprise Program では、企業はプログラム可能な AWS IoT ボタンを使用して、顧客エンゲージメントを高め、アプリケーションを拡張し、ユーザーエクスペリエンスを簡素化して、顧客に新しいイノベーションを提供することができます。IoT の力を活用することにより、企業は製品やサービスに対する顧客の需要にリアルタイムで対応することができ、シンプルなデバイスを通じて顧客に直接的なコミュニケーションを提供することができます。   AWS IoT Button Enterprise Program 新しい […]

Read More

改善されたAWS IoT Buttonデベロッパーエクスペリエンスの発表

5月には、正式にAWS IoT Buttonを開始し、開発者コミュニティから提供されたボタンのサポートに圧倒されました。 私たちは皆様の提案に耳を傾け、AWS IoT Buttonの改良された開発者体験を発表することを喜ばしく思います。 今日から、iOSとAndroid用の新しいモバイルアプリでAWS IoT Buttonを設定できます。 モバイルアプリケーションは、ボタンの登録、設定、およびプログラミングのプロセスを簡素化します。 あらかじめ設定されたAWS Lambdaのブループリントを使用して、このボタンをクリックするとSMSや電子メールを送信するボタンを素早くプログラムすることができます。 または、あなたが選択した機能のための独自のLambdaコードを書くことができます。 さらに、新しいバージョンのAWS IoT Buttonは、バッテリー寿命を2倍に設計しました。 amazon.comで今予約注文することができます。 それまで待ちたくない場合は、元のAWS IoTボタンは引き続き使用でき、AWSアカウントごとに20ドルのAWSクレジットを提供します。 AWS IoT Buttonの詳細については、製品ページをご覧ください。   原文: Announcing an Improved AWS IoT Button Developer Experience (翻訳: SA福井)

Read More

AWS IoT のジャストインタイム登録をリリース

去年 12 月、re:Invent (概要は AWS IoT – Cloud Services for Connected Devices をご覧ください) にて、 AWS IoT を一般公開しました。 そして今年の始めには、私の同僚 Olawale Oladehin が Use Your Own Certificate with AWS IoT という記事で、自分の証明書を AWS IoT で使用する方法をご紹介しました。また、それ以前にも John Renshaw が Predictive Maintenance with AWS IoT and Amazon Machine Learning という記事で、AWS IoT の予測メンテナンスと Amazon Machine Learning について解説しています。 ジャストインタイム方式で登録 AWS IoT の柔軟性をさらに高めるため、本日よりデバイス証明書でジャストインタイム方式による登録が可能になりました。これにより […]

Read More

【アップデート】 AWS IoT が Elasticsearch Service と CloudWatch に連携できるようになりました

AWS IoT のルールでデバイスが生成したデータを直接、 Amazon Elasticsearch ドメインに渡すことができるようになりました。これによってデータを分析したり、データに対してフルテキストやパラメータによる検索を実行したり、 Kibana で可視化したりすることができます。この連携によって、デバイスの特定のエラーコードをフルテキスト検索したり、デバイスのパフォーマンスをリアルタイムに近い形で視覚化するような、ユースケースをサポートします。 加えて、AWS IoT のルールによって、デバイスが生成したデータを Amazon CloudWatch に発行することができるようになりました。これによって、デバイスのメトリックスをグラフ化して見たり、アラートをセットすることができます。 これらの新しいルールをどのように利用するかについての、より詳しい情報については、AWS IoT デベロッパー ドキュメントを参照してください。または、コンソールにサインインして、ルールを試すことができます。   日本語への翻訳は SA福井が担当しました。原文はこちらです: https://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2016/03/aws-iot-integrates-with-elasticsearch-service-and-cloudwatch/  

Read More