Amazon Web Services ブログ

Category: AWS CodeStar

Perform unit tests through AWS CodeStar

AWS CodeStar プロジェクトにおける単体テストの実行

このブログ記事では、AWS CodeStar プロジェクトの一部として単体テストを実行する方法についてご紹介します。AWS CodeStar は AWS 上でアプリケーションを素早く開発、ビルド、そしてデプロイするのに役立ちます。AWS CodeStar を使えば、継続的デリバリ(CD)のツールチェーンを構築しソフトウェア開発を一箇所に集約して管理することができます。 単体テストはアプリケーションのコードの個々の単位をテストし、問題を素早く特定し取り去るのに役立ちます。単体テストは、自動化された CI/CD プロセスの1部分を構成することで、バッドコードが本番環境にデプロイされてしまうことを防ぐのにも役立てられます。 多くの AWS CodeStar プロジェクト テンプレートには、単体テストのフレームワークがあらかじめ設定されています。そのため、自信を持ってコードのデプロイを開始することができるでしょう。この AWS CodeStar プロジェクトの単体テストは、ビルドステージにおいて実行されるように設定されているので、もし単体テストがパスしなかったらそのコードがデプロイされることはありません。単体テストを内包している AWS CodeStar プロジェクト テンプレートの一覧については、AWS CodeStar ユーザガイドの AWS CodeStar プロジェクト テンプレートを参照してください。

Read More

AWS Cloud9 – クラウド開発環境

プログラミングを始める時に最初に学ぶことは、どんな職人でも同様ですが、道具についてです。メモ帳は役に立たないでしょう。強力なエディタとテスティング パイプラインがあなたの生産性に大きく貢献します。私はまだ最初にVimの使い方を学んだ時のことを覚えています。それを使ってシステムと複雑なプログラムをZip化しました。すべてのコンパイラと依存関係を新しいマシンにセットアップすることが、どれほど大変だったか覚えていますか?新しいデベロッパーをプロジェクトに参加させるためにバージョンをマッチさせ、構成ファイルを取り繕い、ドキュメントを書くのに、どれほどのサイクルを浪費したことか。 本日(11/30)コーディング、実行、デバッグを可能にする統合開発環境(IDE)をWebブラウザ上で実現するのAWS Cloud9をローンチしました。Cloud9は多くの人気のある開発言語(Javascript、Python、PHP、その他)のための主要なツールをパッケージ化しているので、様々なコンパイラやツールなどをインストールする必要はありません。Cloud9はまたサーバーレスアプリケーションとのシームレスなエクスペリエンスを提供しておりローカルとリモートの間でテストやデバッグを素早くスイッチできます。ポピュラーなオープンソースのAce Editorとc9.io IDE(昨年買収しました)をベースに、AWS Cloud9は非常にパワフルなペアプログラミング機能と共にクラウド開発におけるコラボレーションが容易になるように設計されています。Cloud9は、このBlog記事でカバーしているものよりも多くの機能を提供していますが、ここではクイックにエディタ機能、AWSとのインテグレーション、コラボレーション機能の3つのコンポーネントに分解して掘り下げていきます。

Read More

ASP.NET CoreとAWS CodeStarのDeep Dive

AWS CodeStar チームは最近、2つのASP.NET Coreプロジェクト テンプレートの追加を発表しました。ご存知かもしれませんが、AWS CodeStarは継続的インテグレーションと継続的デプロイメント(CI/CD)パイプラインを開発者に代わって作成し、それによって開発者は貴重な時間をインフラの構築の代わりにアプリケーションの構築に費やすことができます。新しいASP.NET Coreプロジェクトテンプレートを使用することで、.NET開発者は初日からAWSアプリケーションを構築し、展開することができます。Tara Walkerの優れたブログ記事では、AWS CodeStarでASP.NET Core アプリケーションを作成する方法について説明しています。このブログ記事では、AWS CodeStarのASP.NET Coreプロジェクトにテストを追加する方法を学ぶ中で、背後で何が起こっているのかを詳しく見ていきます。   Unit Test プロジェクトの追加 私たちの目標は、HelloControllerの機能を実行するシンプルなテストケースを追加することです。私はあなたが全く新しいASP.Net Core Web Service プロジェクトを持っていると仮定しています。もし、まだプロジェクトを持っていない場合は、Taraのブログ記事(上記)をたどってプロジェクトを作成することができます。ASP.NET Core Web Service テンプレートを選択していることを確認してください。ASP.NET Core for AWS CodeStarプロジェクトを作成後、Team Explorer でプロジェクト リポジトリをクローンし、AspNetCoreWebServiceソリューションをロードしたら、残りのブログ記事に沿って後を追えるようになります。Team Explorer でリポジトリをセットアップするためのガイドが必要な場合は、5月のSteve RobertのVisual StudioとCodeCommitのインテグレーションについての発表をご覧ください。 最初に、AspNetCoreWebServiceTestという名前の新しいxUnitプロジェクトをAspNetCoreWebServiceソリューションに追加します。私たちの新しいテストプロジェクトはHelloControllerクラスとJsonResultを参照するので、AspNetCoreWebServiceをプロジェクト参照として追加し、Microsoft.AspNetCore.MvcをNuGet参照として追加する必要があります。それらをテストプロジェクトに追加すると、AspNetCoreWebServiceTest.csprojに次の追加情報が表示されます。   <ItemGroup> <PackageReference Include=”Microsoft.AspNetCore.Mvc” Version=”1.1.3″ /> … </ItemGroup> … <ItemGroup> <ProjectReference Include=”..\AspNetCoreWebService\AspNetCoreWebService.csproj” /> </ItemGroup>   これにより、HelloControllerクラスを直接参照し、JsonResultを展開することができます。次のように簡単なテストケースを追加しましょう。 using […]

Read More