Category: JAWS-UG


大阪Cloud Road Showが開幕します。

いよいよ、AWS Cloud Roadshow 2017 powered by Intel®が始まります。

AWS Cloud Roadshow 2017 powered by Intel® は、広島、大阪、名古屋、福岡の 4 都市を巡る無料クラウドカンファレンスです。

明日第二弾大阪を開催いたします。

本イベントでは、各地域で活躍を拡げる著名企業様によるクラウド導入事例セッションや AWS クラウドの最新テクノロジートレンドをご紹介するテクニカルセッションなどを通して、AWS が提供する様々なサービスのベストプラクティスを知ることができます。

見どころのセッションをご紹介します。まずは、基調講演と導入事例トラックの2つです。

基調講演ではIoT GreengrassのServiceTeamよりSatyen Yadavが今後のロードマップについて発表をさせていただきます。

AWSのイベントは学習型イベントであることをかかげていますが、その中でもお客様から直接AWSを使った感想をお話いただくことを重視しています。そのセッションの中でも

2017/9/21 16:20 ~ 17:00 導入事例トラック
【パネルセッション】関西企業事例に学ぶ AWS で実現するデータベースマイグレーション」

は実際にAWSへデータベースをマイグレーションいただいたお客様にご登壇いただくパネルディスカッションとなっています。弊社西日本担当の柳生がモデレータを務めさせていただきます。

AWSでは多くのマイグレーション系のツールをご準備しています。その纏めのスライドを以下に転載しますので合わせて読んでみていただくとより理解が深ると思います。

なぜマイグレーション系のツールが必要となるのでしょうか。システムは立ち上げ当初はそのすべてが管理者により正しく管理され、全てが把握されています。しかし、時間の経過とともに、パッチが適応され、アプリケーションはバージョンアップを繰り返します。システムマイグレーションでは、まず最初のステップとしてシステムの全容の把握が必須となりますが、これがかなり大変な作業となります。AWSの各マイグレーション系のツールはこれらの作業をより簡便にするための機能を備えています。

例えばDMS(Database Migration Service)では、機械的に移設可能なデータベースのテーブルやスキーマなどを洗い出し、手作業が必要な部分を洗い出してくれます。また異なるデータベースエンジン間の移行をサポートすることにより、たとえば商用データベースからクラウド上のOSSベースのデータベースへの移設プロジェクトや同データベースエンジンにおける異なるバージョン間の移設プロジェクトをサポートします。

SMS(Server Migration Service)は2種類の使い方が可能となっています。メインのサーバ移行を行う場合と、AWS上にDRを構築する場合です。メインサーバの移設であれば、vCenter経由で仮想化されたサーバの移設が機械的に可能です。一方DR用途でマイグレーションを行う場合、日々変動するデータなどの差分移行が必要となります。従来のVM Import/Exportツールと異なり、差分移行をサポートしているのがSMSの大きな特徴です。

それらの使い勝手などお客様の声を是非直接聞いてみてください。

またサーバレスを中心としたお客様事例もあります。

そして最後はJAWS UG Nightがあります。今年は600名を超えるお申し込みをいただき、300名を超える規模で開催されます。秋の大運動会として、JAWS 初の大型ライブコーディング競技が開催される予定です。また、競技中に併設してAWSの最新アップデート纏めのセッションも予定されいます。

当日申し込みもできますので是非お越しください。

それではみなさんにお会いできることをAWSチーム一同おまちしております。

– プロダクトマーケティングエバンジェリスト 亀田 治伸

最新のAWSコミュニティヒーロー (2016 年冬)

AWS コミュニティヒーローは AWS に関する知識を共有し、AWS への際立った熱意を示す AWS コミュニティのメンバーです。ユーザーグループ、ソーシャルメディア、ミートアップやワークショップなど、さまざまな方法を通じてその知識と熱意を皆さんと共有しています。今日、2016 年最後の AWS ヒーローの仲間達にハッピーホリデーウェルカムをしたいと思います。

11 月にすべての AWS コミュニティヒーローが reInvent に招待され、月曜日の夜、ヒーローのためのプライベートイベントに参加する機会がありました。2016 年最後の 2 人のヒーローは、re:Invent 週の月曜日の朝にコミュニティヒーローに参加するための招待を受け取り驚きました。彼らは直前の招待にもかかわらずイベントに参加することができ、他のヒーロー達に会うことができました。

多田 歩美さん

歩美多田 歩美さんは日本の本田技研工業株式会社で IT インフラストラクチャストラテジストとして働き、クラウドコンピューティングテクノロジーの使用を奨励しています。また、クラウドの使用を JAMA (一般社団法人日本自動車工業会) の CAE/HPC エリアも促進しています。彼女は以前、Honda R&D で IT システム管理者として、エンジニアリングシミュレーションシステム (コンピュータ支援エンジニアリング/CAE) を含むハイパフォーマンスコンピューティング (HPC) にクラウドを使用することに重点を置いてきました。そして re:Invent 2014 で AWS での HPC のユースケースを紹介しました。現在、彼女は広範囲なエンタープライズアプリケーションにおけるクラウドの使用を促進しています。多田さんは JAWS-UG (日本 AWS ユーザーグループ) のメンバーです。JAWS-UG は 2010 年に始まり、60 以上のブランチ、100 を超えるリーダー、1 年に 300 を超えるミートアップイベント、4,000 人以上のメンバーがいます。彼女は HPC スペシャリストと初心者向けの新しい JAWS ブランチの立ち上げリーダーの一人です。また、女性向けの JAWS 支部のオーガナイザーの一人でもあり、熊本およびエンタープライズ向けの JAWS (E-JAWS) ミートアップイベントを含む他のローカルブランチにも参加しています。多田さんは AWS 認定ソリューションアーキテクトのアソシエイト認証を受けており、ナショナルキャリア開発センターの国際パートナー組織のキャリア開発アドバイザーであり、早稲田大学の電気電子工学および情報工学の理学士号も取得しています。

Shimon Tolts

ShimonShimon Tolts は、8 歳の時からコンピュータに関心を持っていました。彼は、最初の PC を手に入れたとき、さまざまなパーツがどのように相互に接続しているのかを理解するために、すぐさま分解し始めました。その後、Linux とオープンソースソフトウェアにも大きな影響を受けた Shimon は 15 歳で初の会社を立ち上げ、プレクラウド時代に Linux サーバー上にウェブホスティングを提供しました。兵役中、Shimon は特別調査のセンターユニットでコンピューター犯罪調査官およびフォレンジック分析者を務めたため、軍務の後に Intel Security での業務を果たすことができました。2013 年に Shimon は ironSource に参加して、R&D インフラストラクチャ部門を設立しました。開発された最も革新的なソリューションの 1 つは ビッグデータパイプラインで、数千億もの毎月のイベントを、異なる ironSource 部門から Redshift にほぼリアルタイムでストリーミングするのに使われました。テックコミュニティに彼のソリューションのリクエストを受けた後、このソリューションは、ATOM DATA として一般にリリースされました。Shimon は、イスラエル AWS ユーザーグループを率いており、AWS サミットからポップアップロフトまでのビッグデータカンファレンスの定例講演者です。

-Ana