Amazon Web Services ブログ

Category: News

AWS Storage Gateway Recap &#8211、SMB サポート、RefreshCache イベント、その他

自分の言葉を引用すると、AWS Storage Gateway は、既存のアプリケーションと AWS クラウド間に位置するマルチプロトコルストレージアプライアンスを含むサービスです。アプリケーションは設定に応じてゲートウェイをファイルシステム、ローカルディスクボリューム、または仮想テープライブラリとして認識します。 本日は Storage Gateway のファイルゲートウェイ設定についての最新情報と、それに伴って可能になるいくつかの新しいプロセスモデルについても紹介します。まず、最新情報についてです。 SMB サポート – ファイルゲートウェイはすでに NFS (バージョン 3 と 4.1 がサポート済み) を使用するクライアントからのアクセスをサポートしています。先月、SMB (Server Message Block) プロトコルのサポートが追加されました。これによって、SMB の v2 または v3 を使用して通信を行う Windows アプリケーションはゲートウェイを介して S3 のオブジェクトとしてファイルを保存し、バックアップ、コンテンツの配布、機械学習処理、ビックデータワークロードなどのハイブリッドクラウドユースケースが可能になります。既存のオンプレミス AD (Active Directory) ドメインまたは AWS Directory Service でホストされているクラウドベースドメインを使用してゲートウェイへのアクセスを制御することも、認証されたゲストアクセスを使用することもできます。この最新情報の詳細については、「AWS Storage Gateway が SMB サポートを追加し、Amazon S3 バケットでのオブジェクトの保存とアクセスが可能に」を参照してください。 クロスアカウントアクセス許可 – 一部のお客様はある AWS アカウントでゲートウェイを実行し、これを別のアカウントを持つ S3 […]

Read More

新 – Amazon EBS スナップショットのライフサイクル管理

単一の AWS サービスまたは機能の経緯に着目し、顧客からのフィードバックに応じて時間の経過と共にどのように進化したかを見ることは、常に興味深いことです。たとえば、Amazon Elastic Block Store (EBS) は 10 年前に始まり、それ以来、多くの特徴や機能を獲得しています。以下は、いくつかの最も重要なお知らせです。 2008 年 8 月 – 最大 1 TB のボリュームと S3 へのスナップショットをサポートする、プロダクション形式で EBS を開始しました。 2010 年 9 月 – EBS ボリュームにタグを付ける機能を追加しました。 2012 年 8 月 – EBS ボリュームのためのプロビジョンド IOPS を開始し、必要なパフォーマンスレベルでダイヤルインできるようにしました。 2014 年 6 月 – SSD-backed EBS ボリュームを作成できる機能を追加しました。 2015 年 3 月 – 最大 16 TB […]

Read More

AWS re:Invent 2018 がもうすぐ開催 – 準備はいいですか?

この記事を書いている時点で、re:Invent 2018 開催まであと 138 日になりました。イベントチームの同僚たちは、全てのお客様がラスベガスで最高の経験ができるよう、総力を尽くしています。同僚とのミーティング後、この投稿を書くことにしたのは、お客様が会場にあるものをもっと理解し、何を期待できるかが分かり、お客様の方で計画と準備を進めることができるのでは、と思ったからです。 規模を考える このイベントの規模に関する課題について、考えることから始めました。2017 年のイベントには、約 43,000 人 (AWS のお客様、パートナー、報道関係者、業界アナリスト、AWS 従業員を含めて) が参加しました。クラウドアーキテクチャで使われるスケーリングの原則やベストプラクティスを数多く、このような大規模で複雑なイベントで重要となる物理的、ロジスティック的、そしてコミュニケーション上で生じる課題に対して適用しています。 場所の移動をもっと楽にしたいと同時に、そうする必要性自体を減らそうと考えています。私たちチームが現在行っていることは、次のようなものです。 キャンパスシャトル – 2017 年には、何百ものバスが数ある re:Invent の会場間を往復しました。その結果、運行系統に大幅な遅延が発生して、満足いくものではありませんでした。2018 年は、車両の数を増やし、直通だったバスを各停車場を巡る各停のものにし、さらにそれぞれの会場にはピックアップおよびドロップオフポイントを作りました。これで、行きたい場所へひとっ飛びです。 ライドシェアリング – Lyft と Uber (両社とも AWS をご利用くださっています) の協力の下、他にも交通手段をご用意しています (現在準備中ですが、アプリをダウンロードできます)。ラスベガスモノレールとタクシー会社にも協力いただいて、さらにはテレポーテーションサービスも現在準備していますが、開催に間に合うかどうかは未定です。 セッションアクセス – 複数の re:Invent 会場にまたがるしっかりとした予備スペースシステムも設置中で、人気の高いセッションを複数の会場で繰り返し行うことが可能となっています。 モバイルアプリの改善 – re:Invent のモバイルアプリはさらに使い勝手がよくなり、位置認識も行えるようになりました。空席のあるセッションを見つけたり、近くで何が行われているか、さらにはシャトルや他の交通手段を知らせてくれます。 みんなのためのもの re:Invent を参加者の皆様全員を暖かく歓迎する場所にし、斬新かつ開放的なビジネスやソーシャルのためのイベントにしたいと考えています。会場でのプランを少しお見せしましょう。 4 キロと 8 キロのチャリティファンラン – ファンランで一日を始めましょう。このイベントは Girls Who Code をサポートしています。 We […]

Read More

Amazon Linux WorkSpaces 提供開始のおしらせ

私は 2 年以上前から Amazon WorkSpace がお気に入りの理由を説明してきました。現在では 3 年間の利用経験を経て、ローカルの、管理されていないデスクトップに戻る理由はありません。私はノート PC の紛失や破損、複数の作業環境の同期化、面倒なハードウェアの更新計画について心配することはありません。どこからでも、どの端末を使用していても、私は自分の WorkSpace にログインし、必要なアプリやファイルを見つけ、作業を完了できることを確信しています。 今すぐ Amazon Linux 2 を使用する WorkSpaces ユーザーは複数のハードウェア構成とソフトウェアバンドルを選択できます。希望する処理能力 (vCPU、仮想 CPU で表現) とメモリ、必要なストレージ構成のハードウェアを選択し、Windows 7 と Windows 10 デスクトップのどちらかを選択します。あなたの組織がすでに Windows ライセンスをお持ちの場合には、BYOL (Bring Your Own License) プログラムを使用して AWS クラウドにライセンスを持ち込むことができます。 本日、もう 1 つのデスクトップオプションを紹介します!Amazon Linux 2、Amazon Linux WorkSpaces デスクトップ、Firefox、Evolution、Pidgin、Libre Office を実行する WorkSpace の提供を開始しました。Amazon Linux WorkSpaces デスクトップは MATE がベースです。CPU とメモリを非常に効率的に使用できるため、生産性と節約の両方が実現できます。これにはファイルマネージャー、イメージエディタ、ターミナルエミュレーターなどのツールとユーティリティが含まれています。 […]

Read More

Amazon RDS Performance Insights が一般利用可能に

本日、Performance Insights が一般利用可能になったことを発表します。Performance Insights を使用すると、パフォーマンス問題が発生したときのボトルネックを簡単に特定し、対処方法を見つけることができます。

一般利用可能に合わせて、Performance Insights は次の機能を導入します。

* 7日間のパフォーマンスデータ履歴
* パフォーマンスデータの長期保持オプション
* SDKとAPIの一般公開

Read More

Amazon EC2 アップデート – インスタンスタイプの追加、Nitro システム、CPU オプション

みなさんとシェアしたい EC2 アップデートのバックログがあります。私たちは新しい機能やインスタンスタイプを迅速にリリースしており、追いつくべき時が来ました。ここでは、現在どこにいるのか、今後どこへ行くのかを簡単に見てみましょう… インスタンスタイプの追加 最新の EC2 インスタンスタイプのアナウンスを簡単に要約します。 コンピューティング最適化 – コンピューティング最適化 C5d インスタンスは、C4 インスタンスに対して 25% ~ 50% パフォーマンスが改善されています。5 つのリージョンで利用可能であり、最大で 72 の vCPU、144 GiB のメモリ、1.8 TB のローカル NVMe ストレージを提供します。 汎用 – また、汎用 M5d インスタンスも 5 つのリージョンで利用可能になりました。最大で 96 の vCPU、384 GiB のメモリ、3.6 TB のローカル NVMe ストレージを提供します。 ベアメタル – i3.metal インスタンスが数週間前に一般利用可能になりました。Elastic Block Store (EBS)、Elastic Load Balancing、Virtual Private Clouds などの […]

Read More

新機能: Amazon RDS for Oracle Database がvCPUの削減や最適化に対応

すべてのAWSサービスと同様に、Amazon RDS のロードマップは、主にお客様からのフィードバックや製品改善リクエストに基づいています。Oracle RDS for Oracle Database でデータベースワークロードを実行しているエンタープライズの複数のお客様から、私たちはフィードバックを受けました。そのフィードバックとは、物理コアに対するRAMの比率を Amazon RDS for Oracle より大幅に高くすることで、Oracleのワークロードを実行しているエンタープライズのお客様は、ソフトウェアライセンスの価値を最大化しているというものでした。

この記事の目的は、Amazon RDS 上の Oracle Database のための2つの新機能を使用することで、仮想CPU (vCPU) の数を減らし、ライセンスコストを最適化する方法を説明することです。

Read More

AWS DeepLens の出荷開始 – ご注文をどうぞ!

AWS DeepLens は外出先でデバイスに直接深層学習モデルを実行できるビデオカメラです。昨年、こちらの記事でそのハードウェアとシステムソフトウェアについて詳しく解説しましたが、簡単にまとめた内容がこちらです。 ハードウェア – 400 万画素のカメラ (1080P ビデオ)、2D マイクアレイ、Intel Atom® プロセッサ、デュアルバンド Wi-Fi、USB およびマイクロ HDMI ポート、モデルおよびコード用のメモリ 8 GB。 ソフトウェア – Ubuntu 16.04、AWS Greengrass Core、MXNet と Intel® clDNN ライブラリのデバイス最適化バージョン、他の深層学習フレームワークのサポート。 この AWS re:Invent への反響はすぐにあり、喜びもひとしおでした!教育関係者、学生、開発者などがハンズオンセッションに登録し、すぐにモデルの構築やトレーニングを始めました。彼らの情熱はプレビュー期間、そして今年の AWS Summit シーズンに入ってからも冷めることはなく、デバイス、ツール、トレーニングなどを利用できるよう、関心をお持ちの皆さんのためにできる限りのことをしてきました。 ハッカソンとチャレンジ 先月開催された HackTillDawn にて参加者の皆さんに DeepLens デバイスを試してもらいました。私は、この栄えあるイベントに参加し、3 名の勝者の選出に加わるという大変な幸運に恵まれました。チームの皆さんの様子を垣間見るという体験はとても刺激的でした。とりわけ、ほとんど機械学習やコンピュータビジョンに造詣のない人々がそれらに挑戦し、関心を持っていく様子や、大規模な音楽フェスティバルで参加者に素晴らしい体験を提供するために設計された最新アプリケーションなどが目を引きました。3 名の勝者は EDC ベガスの大会に参加し、そこでグランプリの優勝者が選出されました (Find Your Totem)。チームの皆さんおめでとうございます。EDC オーランドでも楽しんでくださいね! また、AWS DeepLens Challenge も開催しました。このイベントでは参加者に DeepLens を活用した機械学習プロジェクトを構築してもらいました。Amazon […]

Read More

Amazon EKS – 一般向け利用を開始

Amazon Elastic Container Service for Kubernetes を発表し、re:Invent 2017 の期間中にお客様をプレビューにご招待しました。本日謹んで、Amazon EKS が、お客様が利用可能な実稼働状態に達したことをお知らせいたします。その Kubnernetes 適合性が認証され、既存の Kubernetes ワークロードを実行できるようになりました。 Cloud Native Computing Foundation の最新のデータによれば、Kubernetes を実行している全企業の 57% が AWS は 選択しており、Kubernetes 環境としては AWS が先頭を走っています。Kubernetes はお客様の IT 戦略のコアであり、毎週 AWS で数億ものコンテナを実行しています。Amazon EKS は Kubernetes クラスターのビルド、保護、操作、保守のプロセスを簡略化し、Kubernetes クラスターをゼロから設定することなく、アプリケーションのビルドに集中したいと考える組織にコンテナベースのコンピューティングの便益をもたらしています。 AWS インサイド Amazon EKS は AWS クラウド内で実行できるため、多くの AWS サービスと機能を大いに活用しながら、Kubernetes に関する既知の知識すべてをそのまま有効に適用できます。概要は以下の通りです。 Multi-AZ – Kubernetes コントロールプレーン (API サーバーおよび […]

Read More

EC2 インスタンスの更新 – NVMe ストレージを搭載する M5 インスタンス (M5d)

今月はじめに NVMe ローカルストレージを搭載した C5 インスタンスの提供を開始し、近い将来に NVMe ローカルストレージを搭載したインスタンスタイプをさらに追加するとお伝えしました。 本日、NVMe ローカルストレージを搭載した M5 インスタンスを発表します。このインスタンスは 5 つのリージョンで即時ご利用可能で、コンピューティングリソースとメモリリソースのバランスが要求されるワークロードに非常に適しています。そのスペックは次のとおりです。 インスタンス名 vCPU RAM ローカルストレージ EBS 最適化された帯域幅 ネットワーク帯域幅 m5d.large 2 8 GiB 1 x 75 GB NVMe SSD 最大 2.120 Gbps 最大 10 Gbps m5d.xlarge 4 16 GiB 1 x 150 GB NVMe SSD 最大 2.120 Gbps 最大 10 Gbps m5d.2xlarge 8 32 […]

Read More