Amazon Web Services ブログ

Category: *Post Types

Amazon Genomics CLI がオープンソースとなって一般提供を開始

70 年に満たない期間の中で、DNA の二重らせん構造という史上最大の発見の 1 つから、研究はさらに進められました。現在では、DNA は、塩基と呼ばれる 4 種類の化合物で構成される、ねじれたはしごのようなものであることがわかっています。これら 4 つの塩基は通常大文字で識別されます。すなわち、アデニン (A)、グアニン (G)、シトシン (C)、チミン (T) です。二重らせん構造が提唱された理由の一つは、これらの化合物がはしごの両側にあるとき、A は常に T と結合し、C は常に G と結合するということです。 テーブルの上ではしごを広げると、「文字」からなる 2 つの塩基配列を目にすることになります。そして、両側には同じ遺伝情報があります。例えば、次のように 2 つの配列 (AGCT と TCGA) が結合されています。 A – T G – C C – G T – A これらの文字の配列は非常に長くなることがあります。例えば、ヒトゲノムは 30 億文字を超えるコードで構成され、ヒトのすべての細胞の生物学的な設計図として機能します。ヒトのゲノムに含まれる情報は、個人、さらには人類全体の健康を向上させるために、高度にパーソナライズされた治療法を生み出すために利用することができます。同様に、ゲノムデータは、感染症の追跡、診断の改善、さらにはエピデミック、食品病原体、および毒素の追跡にも利用できます。これは環境ゲノミクスの新興分野です。

Read More
のみと槌で彫刻を彫る画像

サービスのサイズとスコープの検討

技術においてマイクロサービスを構築するという逆らい難い流れがありますが、それには正当な理由があります。小さなコンポーネントは、モダンなアプリケーションのデリバリの手法と目的に対してとても相性が良いのです。マイクロサービスは最新のトレンドですが、変更や機能追加、構成の理解や運用が容易であるという、モノリスの利点も無視してはいけません。モノリスでの開発を続けるべきというわけではありませんが、意図を持ってどの道筋や手段を取るかを選択する必要があります。

Read More

Amazon Connect の新機能: Voice ID、Wisdom、アウトバウンド通信

昨年の AWS re: Invent カンファレンスについては、 Amazon Connect に追加された新しい機能について書きました。2021 年 9 月 27 日、Voice IDと Wisdom という2つの機能の一般公開と、新しい機能の始動を発表できることを嬉しく思います。大量のアウトバウンド通信は、その名前が示すように、音声、SMS、または E メールを介したアウトバウンド通信の開始と管理を可能にします。 Amazon Connect は使いやすいオムニチャネルクラウドコンタクトセンターで、カスタマーサービスを低コストで提供できます。数回クリックするだけで、コンタクトセンターをセットアップして変更を加えられるため、エージェントはすぐに顧客のサポートを開始できます。

Read More

機械学習と AWS Inferentia を使用した広告検証のスケーリング

Amazon Advertising は、15 を超える国々のウェブサイト、アプリケーション、ストリーミング TV コンテンツなど、Amazon のストア内外の両方で表示される広告を通じて、企業がブランドを構築し、お買い物をするお客様とつながるのをサポートします。Amazon Marketplace の登録販売者、ベンダー、書籍ベンダー、Kindle ダイレクトパブリッシング (KDP) の著者、アプリケーションデベロッパー、代理店など、あらゆる規模の企業やブランドが、独自の広告クリエイティブをアップロードできます。これには、画像、動画、音声のほか、Amazon で販売されている商品ももちろん含まれます。正確、安全、快適なショッピング体験を促進するために、これらの広告はコンテンツガイドラインに準拠している必要があります。 ここでは簡単な例を挙げます。次の広告のうち 2 つが準拠していない理由がおわかりでしょうか?

Read More

AWS Distro for OpenTelemetry の新機能 – トレースのサポートが一般的に利用可能に

昨年の re:Invent の前、AWS でサポートされている OpenTelemetry プロジェクトの安全なディストリビューションである AWS Distro for OpenTelemetry のパブリックプレビューをご紹介しました。OpenTelemetry は、アプリケーションの動作とパフォーマンスをよりよく理解するために、テレメトリデータをインストルメント化、生成、収集、およびエクスポートするためのツール、API、および SDK を提供します。2021 年 9 月 22 日、アップストリームの OpenTelemetry は、そのコンポーネントのトレース安定性マイルストーンを発表しました。2021 年 9 月 23 日、トレースのサポートが AWS Distro for OpenTelemetry で一般的に利用可能になったことをお知らせします。

Read More

Javaの階層型コンパイルによるAWS Lambda 関数のパフォーマンス向上

Operating Lambda: パフォーマンスの最適化 シリーズでは、AWS Lambda関数を使ってアプリケーションを管理している開発者、アーキテクト、システム管理者にとって重要なトピックを取り上げています。この記事では、Javaで管理するランタイムを使用する際に、新しくLambdaの実行環境を開始する場合に発生する初期化時間(コールドスタート)を短縮する方法について説明します。 多くのLambdaワークロードは、同期または非同期のワークロードに対して高速なレスポンスを瞬時に返すように設計されています。例えば、Webサイトに動的コンテンツを配信するパブリックAPIや、小規模なバッチ処理を行うニアリアルタイムのデータパイプラインなどが挙げられます。 これらのシステムの利用が増えると、Lambdaは新しい実行環境を作成します。新しい環境が作られて初めて使われるときには、イベントを処理できるようにするための初期化処理が行われます。これにより、初期化処理があるものとないもの、2つの異なるパフォーマンスプロファイルが作成されます。 レスポンスタイムを向上させるためには、この初期化処理の影響を最小限に抑えることが重要です。新しいマネージドJava実行環境の構築にかかる時間を最小化する方法の一つとして、JVMのチューニングがあります。JVMは、実行時間が長くないワークロードに特化して最適化することができます。

Read More

Amazon QuickSight Q – 自然言語の質問を使用したビジネスインテリジェンス

ビジネスデータに意味付けをして価値を引き出すことは有意義ですが、それには困難が伴います。(Wikipedia によれば) ビジネスインテリジェンス (BI) という用語は 1800 年代半ばから存在していますが、エンタープライズにおける現代的な BI ツールの採用率はまだかなり低く留まっています。 Amazon QuickSight は、BI を組織内でより簡単に機能させるように設計されています。2015 年に発表され、2016 年に提供が開始された QuickSight は、クラウド向けに構築されたスケーラブルな BI サービスです。2016 年のリリース以降、地理空間の視覚化とプライベート VPC アクセス (2017 年)、セッションごとの料金 (2018 年)、追加の API (データ、ダッシュボード、SPICE、許可 (2019 年))、ダッシュボードの埋め込みオーサリングと自動ナラティブのサポート (2020 年)、Dataset-as-a-Source (2021 年) など、多くの新しい機能を追加してきました。

Read More
Graphing lowest costs against fastest time

Operating Lambda: パフォーマンスの最適化 – Part 2

Operating Lambda シリーズでは、AWS Lambda ベースのアプリケーションを管理している開発者、アーキテクト、およびシステム管理者向けの重要なトピックを取り上げます。この 3 部構成のシリーズでは、Lambda ベースのアプリケーションのパフォーマンスの最適化について説明します。 パート1では、Lambda 実行環境のライフサイクルについて説明し、コールドスタートを定義、測定、改善する方法について説明しました。このブログでは、メモリ構成が Lambda のパフォーマンスに及ぼす影響と、静的初期化コードを最適化する方法について説明します。

Read More
Provisioned Concurrency scaling behavior

Operating Lambda: パフォーマンスの最適化 – Part 1

Operating Lambda シリーズでは、AWS Lambda ベースのアプリケーションを管理している開発者、アーキテクト、およびシステム管理者向けの重要なトピックを取り上げます。この 3 部構成のシリーズでは、Lambda ベースのアプリケーションのパフォーマンスの最適化について説明します。

Read More

現在準備中 – ニュージーランドの AWS リージョン

当社は現在、オーストラリア、インド、インドネシア、イスラエル、スペイン、スイス、およびアラブ首長国連邦のリージョンの立ち上げに取り組んでいます。 ニュージーランド(オークランド)の立ち上げを準備中 2021 年 9 月 22 日、新しい AWS アジアパシフィック (オークランド) リージョンが準備中であり、2024 年に稼働開始予定であることをお知らせします。このリージョンには 3 つのアベイラビリティーゾーンが設けられる予定であり、ニュージーランドの AWS のお客様は、国内で維持する必要があるワークロードを実行し、データを保存することができるようになります。 現在、25 の AWS リージョン内で 81 のアベイラビリティーゾーンが稼働しているほか、さらに 24 のアベイラビリティーゾーンと発表済みの 8 つのリージョン (このリージョンを含む) の準備が進められています。

Read More