Amazon Web Services ブログ

Category: Technical How-to

Ad insertion

Amazon Rekognition, AWS Elemental MediaConvert, AWS Elemental MediaTailorでビデオコンテンツに広告挿入する方法

メディアの収益化やストリーミングの準備に伴う他社との差別化につながらない作業量にお困りとの声をお客様からよく聞きます。従来の広告挿入プロセスでは反復的でエラーが発生しやすく多くの時間がかかります。また広告コンテンツによって視聴者の注意が妨げられないように、視聴の邪魔にならないよう広告が挿入されます。クラウドベースのマネタイズワークフローを使えば、手動で1つ1つコンテンツを確認しなくても、広告挿入に適した場所を簡単に特定することができます。 例えば、シーンや文章の途中、あるいはエンドクレジットの途中に広告が入ることは避けたいものです。一方で、シーンとシーンの間、誰もしゃべっていない時、画面が長時間黒になった時、十分な文脈の変化があった時には、広告を挿入しても視聴を妨げにくいと考えられます。

Read More
enhance-your-live-stream-with-html5-motion-graphics

HTML5 モーショングラフィックスオーバーレイでライブストリームを強化する

ライブコンテンツにHTML5のグラフィック要素を追加することは、その容易さからリニア放送の強化のため一般的に利用されるようになってきています。これらのグラフィック要素は標準的なウェブ技術を用いて構築されているため、コンテンツ制作者は専用のオーサリングツールやレンダリングツールを使用する必要がありません。一般的な使用例としては、スポーツイベントにスコアボードやチームステータスを追加したり、ニュースチャンネルのLower Third(ローワーサード)をスクロールさせたり、エピソードコンテンツに今と次のバナーを表示したり、単にチャンネルロゴを追加したりすることが挙げられます。AWSはお客様からのご要望にお応えしてクラウド型のAWS Elemental MediaLiveとオンプレミス型のAWS Elemental Liveのビデオ処理ソリューションにHTML5ベースのグラフィックスのレンダリング機能を追加しました。

Read More

AWS WAF と AWS Shield Advanced のコストをどのように見積もるか?

このブログ記事は Benjamin Lecoq,  AWS Senior Technical Account Manager によって投稿されました。 コスト管理に関するブログ記事の多くは、AWS の使用料や支出を全体的に管理・最適化するためのベストプラクティスを紹介することに重点を置いています。 この記事では、AWS セキュリティ製品にかかる費用をどのように見積もることができるかについて、範囲を絞ってご紹介します。

Read More
Modify Path

Visitor PrioritizationソリューションをCloudFront Functionsを使って実装するための考慮点

約3年前になる2018年7月に「Visitor Prioritization on e-Commerce Websites with CloudFront and Lambda@Edge」と題してCloudFront と Lambda@Edge を利用したユーザーの優先制御、流量制御を行うためのソリューションを紹介いたしました。ここで例を上げたような、ホリデーシーズン、キャンペーン、新製品の発売などのイベント、ウェブサイトのトラフィックが急速に増加する可能性があるイベントというのはもちろん今でも存在し、その対応に苦心されているケースは多いと思います。特に最近は全世界的にインターネットのトラフィックが増えており、オンラインイベント、コンサート等のチケット予約や限定商品やゲームのダウンロード販売などトラフィックが集中するような機会は増えておりますので、このソリューションを活用できるような場面が増えてきているのではないかと考えます。

Read More
Solutions Design diagram explaining how the solution is structured

Selenium, AWS Lambda, AWS Fargate, AWS Developer Tools を使ったサーバーレスなUIテスト

(この記事は、 Serverless UI testing using Selenium, AWS Lambda, AWS Fargate, and AWS Developer Tools を翻訳したものです。) 以前、Using AWS CodePipeline, AWS CodeBuild, and AWS Lambda for Serverless Automated UI Testing (日本語版 ) を公開してから、Chrome headless とFirefox headless が各ブラウザでネイティブにサポートされるようになったことで、事態は大きく変わりました。 AWS Lambda は今やコンテナイメージをサポートし、 AWS Step Functions はLambda と統合された Map state のサポートを追加し、AWS Fargate は完全にサーバーレスのテクノロジを利用した、UIテストを可能にしました。

Read More
broadcast monitoring

AWSの機械学習を活用したライブ・放送ビデオモニタリングの自動化

放送およびオーバーザトップ(OTT)ライブストリームのサービスプロバイダーは、大量コンテンツの品質チェックを行う必要があります。品質チェックの範囲は、低レベルの信号エラーからコンテンツ自体のエラーなど高レベルの問題にまで至ります。従来のライブメディア解析ソフトウェアは、ETSI TR 101 290 プライオリティチェック1および2など、信号レベルでの品質チェックに重点を置いています。番組内容、字幕、音声言語の検証など、より高レベルな品質チェックは、放送ストリームで問題がないか人間のオペレーターによって常にモニタリングが行われています。放送ビデオストリームの数が増加するにつれて、追加のチャンネルや番組をサポートするために、手動のモニタリング作業をスケールすることは困難であり、コストもかかります。

Read More

AWS IoT Eventsの探知器モデルのトラブルシューティング方法

AWS IoT Eventsは先日、新しいトラブルシューティング機能を発表しました。この機能では、探知器モデルを発行しなくても、潜在的な構文エラー、構造上の問題、およびランタイムエラーがないかどうか、探知器モデルを自動的に分析できます。この記事では、AWS IoT Eventsの探知器モデルでこの新機能を使用する方法をご紹介します。

Read More
Chime SDK Monitoring and Troubleshooting

Amazon Chime SDK ミーティングイベントでのモニタリングとトラブルシューティング

ミーティングイベントを利用することでAmazon Chime SDKで構築されたオーディオ、ビデオ、および画面共有アプリケーションからクライアントのメトリクスデータを収集できます。さらにミーティングイベントをAmazon CloudWatchと統合することで、重要な情報のスナップショットをAmazon CloudWatchダッシュボードで見ることができます。例えば、ユーザーがミーティングに参加中に障害が発生した場合、ダッシュボードでAmazon Chime SDKのミーティングステータスコードとエラーメッセージの確認ができます。このデータを使用してクライアントログを提供するような追加作業をユーザーに要求することなく、障害の理由を特定することができます。また接続の問題がユーザーの通話品質に影響するかどうかを判断するためのレイテンシーメトリクスもあります。

Read More

AWS Backup を使った Amazon RDS インスタンスの継続的なバックアップとポイントインタイムリカバリ

このブログはKelly Griffin (Solutions Architect at AWS specializing in Storage and Cloud infrastructure solutions)によって執筆された内容を⽇本語化した物です。原⽂はこちらを参照して下さい。 2021年3月10日に、AWS Backupは、Amazon Relational Database Service(Amazon RDS)の継続的なバックアップとポイントインタイムリカバリー(PITR)のサポートを発表しました。この機能により、お客様はAmazon RDSのバックアップデータを保持期間内の指定された時間から復旧することができます。データベースやバックアップの管理者は、AWS Backupコンソールから直接、RPO(Recovery Point Objective)を5分以下に短縮することができます。 AWS Backupは、費用対効果が高く、フルマネージドで、ポリシーベースで管理ができるサービスで、大規模なデータの保護とバックアップを簡素化します。加えて、お客様のコンプライアンス遵守義務をサポートし、事業継続の目標を達成するのに役立ちます。AWS Organizationsとともに、AWS Backupは、データ保護(バックアップ)ポリシーを集中的に展開し、組織のAWSアカウントやリソースを含むバックアップアクティビティを以下のサービスで設定、管理、統制することができます:

Read More

Dynatrace を使用して AWS Control Tower ランディングゾーンの可観測性を向上

この記事は、Increasing observability in your AWS Control Tower landing zone with Dynatrace を翻訳したものです。 AWS では、リソースの分離を高め、セキュリティ、規制、コンプライアンスのニーズを満たすためのベストプラクティスとして、マルチアカウント戦略を採用することをお勧めしています。お客様は、運用コストの追跡、セキュリティ改善の特定、信頼性とパフォーマンス効率の確保に関する質問に対処する必要があります。フルスタックの可観測性は、問題が発生した場所に関係なく、必要なトラブルシューティングツールとなります。

Read More