Category: Well Architected


最良のアーキテクチャ、バックワードアプローチを通して前進する

同僚の Philip “Fitz” Fitzsimons は次のゲストポストであの名高い最良アーキテクチャフレームワークに読者を招待します。

Jeff;


バックワードアプローチは私たちのイノベーションプロセスにとても重要な作業です。カスタマーからスタートして何を求めているかを探り、定義付けすることで、取り組みの方向を決めます。2015 年に優れた設計のフレームワークを発表し、そのなかで投稿されたブログ「優れた設計を導入していますか?」で、フレームワークを改善するためのカスタマーからのフィードバックに耳を傾けました。実施したいくつもの改善策のなかでもまず、AWS ソリューションアーキテクトによって集められた数千のレビューの指摘を基にフレームワークを更新しました。また、クラウド上での作業方法についてのさらなるガイダンスを希望するカスタマーに回答する形で、フレームワークに第5番目の柱である運用性へのベストプラクティスの取得を加えました。すべての柱は次のようになります:

  • セキュリティ – リスクの評価と軽減戦略を通して、ビジネス価値を提供しながら、情報、システム、資産を保護する能力です。
  • 信頼性 – インフラストラクチャまたはサービスの障害から復旧したり、必要に応じて動的にコンピューティングリソースを獲得したり、設定ミスや一時的なネットワークの問題などによる障害を軽減したりといったシステムの能力です。
  • パフォーマンス効率 – システムの要求に合わせてコンピューティングリソースを効率的に使用し、需要の変化や技術の進歩に合わせてこの効率を維持する能力です。
  • コストの最適化 – 不要なコストや最適でないリソースを回避または排除する能力です。
  • 運用性 – ビジネスの価値をもたらし、サポートプロセスと手順の継続的な向上を実現するために、システムを実行およびモニタリングする能力です。

AWS の最良アーキテクチャのフレームワークホワイトペーパーは、クラウド上の設計についてどのように捉えるかに観点を置いています。このホワイトペーパーでは、柱を達成するベストプラクティスを説明し、ベストプラクティスに見合う行動を取れていることの判断に役立つ自由回答形式の質問集を提供しています。これに加えて、クラウド上で設計する方法についてのアドバイスがもっと具体的であることを希望するカスタマーの声に対応して、それぞれの柱を背景とするクラウドネイティブアーキテクチャの設計方法に対する具体的なアドバイスを含むホワイトペーパーシリーズを作成しました。以上のホワイトペーパーは、最良アーキテクチャへの新しいホームから閲覧でき、私たちの最新の視点についてご覧いただけます。また、最良アーキテクチャの導入に役立つように、無料オンライントレーニングを始めました。AWS 最良アーキテクチャトレーニングコースは、AWS の優れた設計フレームワークとその 5 本の柱を深い理解を提供できるようにデザインされています。バックワードアプローチを通してカスタマーにとって最良のサービスを構築していくことができると信じています。最良アーキテクチャの真髄を表明するベストプラクティスを提供することで、カスタマーのビジネス前進に役立てていきます。– Philip Fitzsimonsリーダー、AWS 最良アーキテクチャチーム