Amazon Web Services ブログ

新発表 – AWS マーケットプレイスで機械学習アルゴリズムとモデルのパッケージを提供開始

AWS における私達のミッションは、全ての開発者の手に機械学習を届けることです。それ故、2017 年に私達は、機械学習モデルを構築・トレーニング/チューニング・デプロイするためのフルマネージドなサービスである Amazon SageMaker をローンチしました。サービスローンチ以来、Amazon SageMaker はこれまでにリリースしたサービスの中で最も成長しているサービスの 1 つになり、グローバルで数千の機関で採用されました。Amazon SageMaker を利用するお客様は、Amazon SageMaker で最適化されたアルゴリズムを使い、フルマネージドな MXNet、Tensorflow、PyTorch、Chainer のアルゴリズムを実行させたり、独自のアルゴリズムやモデルを持ち込むことができます。ただ、独自のモデルを自分たちで構築するとなると、多くのお客様はすでに解決されている問題に対するソリューションであるアルゴリズムとモデルを開発するのに非常に多くの時間を費やしてきました。

 

AWS マーケットプレイス機械学習カテゴリの紹介

AWS マーケットプレイスで提供される新しい機械学習カテゴリについて発表できることを嬉しく思います。機械学習カテゴリには、150以上のアルゴリズムとモデルパッケージがあり、毎日増えて行く予定です。AWS マーケットプレイスは小売(35)、メディア(19)、製造(17)、ヘルスケア・ライフサイエンス(15)、等のような垂直型産業向けに適したセレクションを提供します。
※()内は提供製品数

お客様は乳がん予測、リンパ腫分類・再入院判定・ローンリスク予測・乗り物認識・小売最適化・ボットネット攻撃検出・カーテレマティクスモデル・動作検出・需要予測・発話認識などのような重要なユースケースに対するソリューションを探すことができます。

お客様は AWS マーケットプレイスでパッケージ化されたアルゴリズムとモデルを探し、閲覧することができます。購入したお客様はすぐに、SageMaker コンソール、Jupyter ノートブック、SageMaker SDK、AWS CLI から直接アルゴリズムやモデルをデプロイすることができます。AmazonSageMaker は静的スキャン、ネットワークの分離、ランタイム監視など、多くのセキュリティ対策を講じることにより、買い手のデータを守ります。

AWS マーケットプレイスにおける売り手の知的財産は、転送中やその後の行程でアルゴリズムとモデルパッケージを暗号化すること、通信に SSL 通信を利用すること、そして、デプロイされたアーティファクトにロールベースでアクセスすることを保証することによって守られます。AWS は、アルゴリズムとモデルを発行するための衝突のないセルフサービスプロセスにより、売り手がビジネスでマネタイズするための安全な方法を提供します。

機械学習カテゴリを利用する

過去に自分自身でモデルを構築しようとしてきたので、私はこの機能に大変興奮しています。AWS マーケットプレイスから提供可能なアルゴリズムやモデルを閲覧した後、Deep Vision AI 社が発行する Deep Vision 乗り物認識を利用することに決めました。このモデルを利用すると、アップロードされた画像群から車のメーカー・モデル、そして、種別を認識することができます。このモデルは保険金請求手続き、オンライン車販売、乗り物識別などのビジネスで利用することができます。

1-choices-1.png

購入手続きを続け、デフォルトの推奨されるインスタンスタイプとリージョンを設定しました。購入引受契約を読み、了承し、モデルを利用する準備が完了しました。

2-subscription.png

購入したものは Amazon SageMaker コンソールにリストアップされ、利用可能な状態です。Amazon SageMaker で利用するためのモデルデプロイは他のモデルパッケージと同様です。このガイドに沿って、エンドポイントの作成とデプロイを実施するためのステップを完了しました。

3-endpoint.png

デプロイしたエンドポイントを利用して、モデルでの推論を開始できます。このケースでは、車 1 台の写真を利用します。モデルはどんな角度からの写真でも車のモデル・メーカー・製造年月日などの情報を抽出するよう訓練されています。まず、Volvo XC70 でどんな結果が得られたか見てみましょう:

Volvo XC70

結果:

{'result': [{'mmy': {'make': 'Volvo', 'score': 0.97, 'model': 'Xc70', 'year': '2016-2016'}, 'bbox': {'top': 146, 'left': 50, 'right': 1596, 'bottom': 813}, 'View': 'Front Left View'}]}

提供画像に対して、モデルは正しいメーカー・モデル・製造年月日を検出しました。より風変わりな外国産の車にトライしてみましょう。最近、イギリスで休暇を取った際、Mclaren 570s スーパーカー を持っている親戚と一緒にいました。私が最初にその車に乗ったときに最初に考えたのは、何かにぶつかると保険料がどれくらいかかるかということでした!今回のユースケースにかなり適しています。

McLaren 570s

結果:

{'result': [{'mmy': {'make': 'Mclaren', 'score': 0.95, 'model': '570S', 'year': '2016-2017'}, 'bbox': {'top': 195, 'left': 126, 'right': 757, 'bottom': 494}, 'View': 'Front Right View'}]}

スコア(0.95)は、結果が正しいことに対してどれくらいモデルの信頼性があるかどうかを測定します。スコアの値域は 0.0 から 1.0 です。メーカー、モデル、製造年全て正しいことから、今回のスコアはマクラーレンの車に対して非常に正確です。比較的レアなタイプの車に印象的な結果を得ることができました。肩越しに結果を興奮して見ているローンチチームからもらったその他の車についてもテストしましたが、残念、まとめる時間になってしまいました。

10分の間に、モデルパッケージを選択することができ、エンドポイントをデプロイし、データサイエンティストもいらず、トレーニングに高価な GPU や Jupiter ノートブックを書く必要も無しに正確に車のメーカー・モデル・製造年を検出することができました。re: Invent 週を通して、AWS マーケットプレイスからもっとたくさんのモデルを購入し、15 分以内に他のユースケースを解決しようとしていることは確かです!

AWS マーケットプレイス機械学習カテゴリへのアクセスは Amazon SageMaker コンソール経由か、直接 AWS マーケットプレイスを通じて行うことができます。購入に成功したアルゴリズムやモデルはすぐにコンソール、SDK、そして、AWS CLI からアクセス可能になります。パッケージソースとして AWS Marketplace オプションを選択することによって、AWS マーケットプレイスのアルゴリズムやモデルはその他のモデルやアルゴリズムと同じようにデプロイすることが可能です。アルゴリズムかモデルを選択するとすぐに、ガイドに従って Amazon SageMaker にモデルをデプロイすることができます。

Availability と利用料金

お客様はアルゴリズムやモデルパッケージの利用に対しサブスクリプション費用と AWS のリソース使用料をお支払いいただきます。AWS マーケットプレイスは全ての購入したサブスクリプションに対して月々の一括請求明細を発行します。

ローンチ時、AWS マーケットプレイス機械学習カテゴリでは Deep Vision AI Inc、Knowledgent、RocketML、Sensifai,Cloudwick Technologies、Persistent Systems、Modjoul、H2Oai Inc、Figure Eight[Crowdflower]、Intel Corporation、AWS Gluon Model Zoos などから提供されるアルゴリズムやモデルが利用可能です。そして、定期的により多くの売り手が追加される予定です。機械学習アルゴリズムやモデルパッケージの販売に興味がありましたら、どうぞ aws-mp-bd-ml@amazon.com までご連絡ください。

Shaun Ray

Shaun Ray

ショーンは、テクノロジーの最先端で働く長いキャリアを持ち、次に起こることによって魅了されています。 彼は、ミッションクリティカルなワークロードにクラウドネイティブテクノロジーを採用する際に、東南アジアで最も大規模で複雑な組織と会話を主導しています。

(この記事は SA 川村 / 石見が翻訳しました。原文はこちら)