20210402_2

ポジション名:データセンター テクニシャン

AWS EC2 のサービスを試した後、AWS および AWS 提供のクラウドサービスに対して強い興味が湧いたので、AWS の企業文化と仕事の展望について学び始めました。 入社を決断する決め手となったのは、AWS の社員の柔軟性と、新しいアイディアを取り入れる意欲でした。 この会社の、常に進化し続けるという側面は、私が今もここで働くことを嬉しく思っている最大の理由です。

関西で初めての DCO トレーニーだったので、自分自身のことも、新しいチームの役割についても不明な点がたくさんありました。事実、今までやったことのない仕事であったということと相まって、最初の数日間は少しついていけないように感じました。しかし、自分がテクノロジー業界について思っていたよりもはるかに多くのことを学んでいたことに気づいたことで、この不安は一掃されました。 私は常に自分自身を向上させ、同僚や顧客の期待を超えられるように努めました。

今後のキャリア:  データセンターで作業を行うときには、常に新しいことが待ち受けています。チームの誰も経験していないことなので、全員が平等な立場であるという点が非常に良いです。率先してその新しい何かに取り組むことで、そのトピックに関する新しい問い合わせ先( Point-Of-Contact )またはエキスパートになることも可能です。もちろん、他のチームでも適応できるスキルの開発につながることもあります。

テクノロジーへの情熱とさらに深く学びたいという意欲を持っている人には、AWS が募集しているポジションを検討することを強くお勧めします。トレーニーとしての経験から言えば、短期間でどれだけ成長できるかということに驚くと思います。最初の時点でのスキルは重要ですが、AWS では長期的に見ると、問題を学ぼうという姿勢や意欲がより重要となります。
常に新しい課題に挑戦し、できる限り改革を促進しようとする意気込みが、データセンターで働くときに本当に輝く資質です。

サーバーやラックを中心に、データセンター内でさまざまなインフラストラクチャに関わる作業に取り組んでいます。
主な作業としては、サーバーとネットワークの保守、緊急性の高い作業に取り組める万全な準備などがあります。
Amazon では「常に Day one」というモットーを掲げています。データセンターの継続的な拡大に伴い、常に新しいことを学ばなければならない DCO において、このモットーには 2 倍の重要性があります。
私は非常に多様なチームに囲まれており、全員がそれぞれ何か人とは違うものをもたらしていて、常に自分自身を向上させようとしています。