jp_sa_yu

名前:上原
ポジション名:ソリューションアーキテクト(Associate)
社歴:1 年未満

大学のゼミ活動で様々な企業の方に講演して頂く機会があり、工場の効率化やデジタルマーケティングの事例についてお話を伺いました。文系卒で IT 知識は全くありませんでしたが、今後企業の成長を左右するのはシステムだと感じ、エンジニアを志望しました。新卒から外資系ベンダーにてクレジットカードシステムや航空系システムに携わりました。どちらもミドルウェア(データベースやウェブサーバー等)を担当しました。AWS ジャパンに入社するまで AWS を使用したことはありませんでした。

Associate Solutions Architect(以降ASA)として働いています。ASA は先輩 SA の方々のサポートを受けて活動し、1 年以内に SA として独り立ちする事を目標とした職種です。まだ担当アカウントはありませんが、先輩方と一緒に AWS の使用を検討しているお客様へハンズオンを実施したり、AWS をご利用中のお客様からのご質問に対する回答を作成したりしています。また、有志で行う Blackbelt というウェビナーの運営チームにも参加しています。

ASA は上記のような実務的な活動と並行して、様々なトレーニングを受けられます。社外向けの AWS トレーニングにお客様と一緒に参加したり、社内で実際にシステムを作る模擬プロジェクトを実施したり、多くの先輩方のミーティングに同行し訴求ポイントや提案方法を学んだりしています。

きっかけは先輩から面接が面白いと聞いた事でした。入社を決めたのは、ごまかしの効かない面接で、実力を分かったうえで採用してもらえる安心感と、面接官の人柄が大きかったです。また、社内で検証用 AWS アカウントが提供されるので、気になる事はどんどん試せると聞いたのも魅力的でした。

まだ入社したばかりで明確なプランはありませんが、まずは、有益な情報をより多くの方に届けること、次は、お客様の成功に寄与することが目標です。入社してからサービスの多さとスピードに圧倒される日々ですが、きちんとキャッチアップして発信できるようになりたいと思います。そのためにもまずは知識の吸収に努めています。また、担当アカウントが「AWS の利用をきっかけに大躍進した!」となるよう Customer Obsession でお客様と良好な関係を築きたいと思います。

まだまだ基礎知識が足りない分野も多く、先輩方に教えてもらうばかりなので、早く何か返せるよう、今は自身のスペシャリティーを模索しています。

先輩 SA の方々は各分野のエキスパートなだけでなく、とても親切で教え上手です。Tech 集団な印象が強いので厳しそうと思う方も多いかもしれませんが、怖くないので安心して受けて頂ければと思います。(笑)日々増える新しい技術にワクワクできる方には最高の環境だと思います。