Katsuji Haneda 2

名前:羽田 勝治 / Katsuji Haneda
ポジション名:テクニカルアカウントマネージャー
入社年月:2016 年 1 月


新卒で大手通信キャリアに入社し、ネットワーク管理システムの開発をしていました。その後、外資系ソフトウェアベンダーに転職し、長年プリセールスエンジニアとしてエンタープライズのお客様にシステムやネットワークの運用・管理システム、ミッションクリティカルな環境における Linux/OSS の提案等を行ってきました。はやりの技術を追いかけるのではなく、今ある技術、製品でお客様の課題をいかにして解決するのか、どうすれば長くご利用いただけるのかを追い求めて、提案、改善の支援を行ってきました。


エンタープライズサポートを契約いただいているお客様のテクニカルアカウントマネージャーとして、特に運用面での支援を行っています。これには技術的なガイダンスはもちろんのこと、ご利用状況の分析、料金の最適化の提案も含まれます。また、日々の運用ではテクニカルサポートの窓口を有効活用していただくことも重要です。テクニカルアカウントマネージャーは通常、サポートケースの窓口としての対応はしませんが、定期的なサポートケースレビューを通して、どうすれば早く的確な情報を入手できるか、問題の解決に早くたどり着けるのか等、お問い合わせの際のアドバイスも行っています。

また、これから仲間となっていただける方々の採用活動に各社員が積極的に関わっているのも AWS の大きな特徴であり魅力だと思います。

一般的なエンタープライズのお客様にとってクラウドへの移行はまだまだ大きなチャレンジと言えます。長くエンタープライズのお客様のシステム運用に関わってきた私にとって、今クラウドへの一歩を踏み出したお客様が今後クラウドをどう活用し、運用していくのかを中長期的にご支援する AWS のテクニカルアカウントマネージャーは必然的な選択でした。

AWS では他のポジションに異動する、海外拠点で働く等、様々なキャリアパスがあり、それを実現できる環境が整っています。それは魅力的ではありますが、私はテクニカルアカウントマネージャーという仕事にやりがいを感じており、お客様の成功を支えるために、今後その重要度は益々増していくものと思っています。そのため、まずは私自身のスキルアップ、その後は、より強力なチーム作りに貢献していきたいです。


アマゾン ウェブ サービス(AWS)概要

Amazon の最新の採用情報を Facebook ページでも随時掲載中。詳しくはこちら »