オンライン会議及びビジネスチャット環境を

利用するためのクラウド構成と料金試算例

他のユースケースを選択する
  • 他のユースケースを選択する
  • クラウド構成と料金試算例 TOP
  • ファイルサーバー・Windows システム
  • ビジネスアプリケーション
  • 仮想デスクトップ
  • Web サイト・Web アプリケーション
  • コンテンツ配信
  • バックアップ
  • IoT
  • 機械学習
  • ゲーミング

AWS ソリューション構成例 - オンライン会議・ビジネスチャット

目的・用途:
在宅・リモート環境の従業員に向けてウェブ会議・チャットなどのビジネス用コミュニケーションツールを提供したい

この構成での料金試算例:
661 ドル(月額)  

在宅・リモート環境にある従業員に対して、AWS Chimeを使うことでセキュリティが担保されたオンライン会議やチャットなどのビジネスコミュニケーションツールを提供する例です。

昨今、働き方は従来よりも多様化し、場所にとらわれない働き方や、従業員がより多くの人とコミュニケーションをとることが必要とされています。また、従来のコラボレーションツールを利用する場合、複雑な契約やライセンス体系があることや、使われない機能に対して多くの課金が発生するケースもありました。Amazon Chime を活用したこの構成を実装した場合、先行投資や長期契約は不要で利用した分だけ支払う従量課金制でオンライン会議やビジネスチャット等をご利用頂けます。音声での会議参加であれば、最大 250 人まで参加可能です。また、ブラウザのみで会議に参加することも可能で、プラグインまたは拡張機能なしでご利用頂けます。

こちらの例では、東京リージョンに構築された Directory Service を Amazon Chime のユーザ認証に利用する構成をご紹介します。Amazon Chime は Directory Service をバージニア北部リージョンに構築する必要があるため、まず東京リージョンの VPC とバージニアリージョンの VPC を Inter-Region VPC Peering で接続します。次に、バージニア北部リージョンに構築された AD Connector を使用し、Amazon Chime の認証を東京リージョンに構築された AWS Managed Microsoft AD のドメインに Proxy することで、連携が可能になっています。

この構成での選択サービス

オンライン会議、チャットサービス Amazon Chime
オンライン会議、チャットサービスのユーザ認証 AWS Directory Service - AD Connector、AWS Managed Microsoft AD (*1)
接続 Inter-Region VPC Peering

(*1) AWS Managed Microsoft AD 以外にも、EC2 上に構築した Active Directory や Simple AD を選択することも可能です。また、バージニア北部リージョンに AWS Managed Microsoft AD や Simple AD を構築して、AD Connector 介さずに連携することも可能です。


この構成での料金試算例

  • Amazon Chime ユーザ数:計 80 ユーザ (*2)
    - Amazon Chime Basic ユーザ数:30 ユーザ
    - Amazon Chime Pro ユーザ数
     - Pro 機能利用日数 5 日間以上/月:20 ユーザ
     - Pro 機能利用日数 3 日間 /月:10 ユーザ
     - Pro 機能利用日数 1 日間 /月:20 ユーザ
  • Amazon Chime ダイヤルイン通話時間:600 分間 (*3)

(*2) Amazon Chime では、Basic と Pro の 2 種類のライセンスを提供し、ライセンスによって利用可能な機能が異なります。Basic ライセンスでは、無料でチャットや 1 対 1 のオンライン会議等の機能をご利用いただけます。一方 Pro ライセンスでは、Basic 機能に加え、会議のスケジュールや録音等のその他の機能を従量課金制でご利用いただけます。また、Pro ライセンスの料金は、Pro 機能にアクセスした日数に応じて請求されるため、1 ヶ月間 Pro 機能を利用しなかった場合には料金は発生しません。Basic 機能と Pro 機能の詳細については、「Amazon Chime 料金表ページ」をご確認ください。
(*3) Amazon Chime には、標準の電話回線を用いて会議に参加する機能が提供されており、その機能を利用した時間に応じて、料金が請求されます。

サービス
項目 数量 単価 料金(USD)
Amazon Chime Basic ユーザ 30 (ユーザ) 0 USD 0.00
Pro ユーザ
20 (ユーザ) 3 USD/日(最大 15 USD/月) 300.00
10 (ユーザ) 90.00
20 (ユーザ) 60.00
Amazon Chime ダイヤルイン通話 10000 (分間) 0.007036 USD/分 70.36
AWS Directory Service -
AD Connector
AD Connector (スモール)
時間料金
1 0.05 USD/時間
36.00
AWS Directory Service -
AWS Managed Microsoft AD
VPN 接続ごとの時間料金
1 0.146 USD/時間 105.12

月額合計料金:661.48(USD)

※ 2020 年 5 月 19 日時点での試算です

  • Amazon Chime は、オンライン会議やビジネスチャットのご利用 (Business Calling 等の利用は除く)を想定しています。
  • AWS Directory Service - AD Connector はバージニア北部リージョン、AWS Directory Service - AWS Managed Microsoft AD は東京リージョンのご利用を想定しています。
  • Inter-Region VPC Peering を介して転送されるデータに対しては、別途標準のリージョン間データ転送料金(「EC2 オンデマンド料金ページ」参照)が発生します。

*音声通話会議の料金は試算例に含んでおりません。

関連リソース

Lightsail_Pricing-Icon

AWS 料金と見積り方法について
詳細はこちら ≫

Next-Steps-Icon_Toolkit

AWS クラウドのご利用開始方法
詳細はこちら ≫

migration_icon_cdp

国内の AWS クラウド導入事例
詳細はこちら ≫

AWS の導入支援・お見積方法・資料請求の
ご相談に日本担当チームがお答えします。

クラウドを無料ではじめましょう!
60 以上のサービスを 1 年間無料でお試しいただけます。