AWS 認定

技術スキルとクラウドの専門知識を検証して、キャリアとビジネスを成長させます。

AWS 認定は、クラウドの専門知識を検証し、専門家が需要の高いスキルを強調し、組織が AWS を使用してクラウドイニシアチブにおける効果的で革新的なチームを構築するのに役立ちます。個人やチームが独自の目標を達成できるように、役割と専門分野ごとに設計したさまざまな認定試験から選択します。

AWS 認定の価値についてもっと学んでみませんか。

お客様の声を聞いてみましょう

日本のお客様の声はこちら

AWS 認定取得の価値は何ですか?

学習コース

新しい「AWS 認定 機械学習 – スペシャリティ」認定は AWS の専門家が設計したもので、データモデルの構築と調整に必要な、需要の高いスキルを身につけていることを確認できます。この成長の著しい分野で、ご自身および組織のスキルを差別化しませんか。

詳細はこちら

取得可能な AWS 認定

利用可能な AWS 認定

プロフェッショナル

2 年間の AWS クラウドを使用したソリューションの設計、運用、およびトラブルシューティングに関する包括的な経験

アソシエイト

1 年間の AWS クラウドを使用した問題解決と解決策の実施における経験

AWS Certified Solutions Architect - Associate
アーキテクト
AWS Certified SysOps Administrator - Associate
運用
AWS Certified Developer - Associate
開発者
基礎コース

6 か月間の基礎的な AWS クラウドと業界知識

クラウドプラクティショナー
専門知識

試験ガイドで指定されたとおり、専門知識分野において技術的な AWS クラウドでの経験

利用可能な AWS 認定

プロフェッショナル

2 年間の AWS クラウドを使用したソリューションの設計、運用、およびトラブルシューティングに関する包括的な経験

アソシエイト

1 年間の AWS クラウドを使用した問題解決と解決策の実施における経験

AWS Certified Solutions Architect - Associate
アーキテクト
AWS Certified SysOps Administrator - Associate
運用
AWS Certified Developer - Associate
開発者
基礎コース

6 か月間の基礎的な AWS クラウドと業界知識

クラウドプラクティショナー
専門知識

試験ガイドで指定された専門知識分野に関する技術的な AWS クラウドでの経験

AWS 認定の最新情報

内容領域専門家プログラムにご参加ください

AWS 認定を取得すると、内容領域専門家 (SME) を申請できます。SME はユースケースや学んだ教訓を共有し、AWS のサービスや機能セットに関する洞察を獲得し、試験開発プロセスに貢献します。現在、AWS 認定ワークショップに参加する資格のある SME を探しています。

 

今すぐ新しい専門知識認定試験ベータ版に申し込む

新しい AWS 認定データベース – 専門知識認定および AWS 認定データ分析 – 専門知識認定のベータ試験にご参加ください。いずれも 2020 年 1 月 10 日までお申し込み可能です。それぞれのベータ試験の定員には限りがあります。お早めにお申し込みください。

 

今すぐ購入して、2020 年に AWS 認定を取得しましょう

2019 年の残りの予算を使用してチームのために AWS 認定試験バウチャーを今すぐ購入し、12 か月の期間内で試験を受けることができるようにしましょう。バウチャーは、オンラインでの購入や効率的な管理を行えるようになり、団体の認定取得にさらに使いやすくなりました。

 

AWS 認定クラウドプラクティショナー試験を自宅やオフィスで受けることが可能に

受験者は、24 時間 365 日、自宅またはオフィスから AWS 認定クラウドプラクティショナー認定を受けられるようになりました。受験者の方は安定したインターネット接続、ウェブカム、それに静かに一人でいられる場所を確保する必要があります。

 

AWS 認定について

illustration_resources_275x135
試験準備リソース

AWS の実務経験を補うトレーニングおよび資料を使用して認定試験に備えます。

illustration_cert-benefits
認定の利点

実績を示し、AWS の専門知識をさらに進歩させるための特典を獲得できます。

illustration_recertification_275x135
AWS 再認定

AWS 認定を維持しましょう。再認定によって、お持ちの AWS 認定の全体的な価値が高まります。

icon_cloud-practitioner-transparent
クラウドプラクティショナー

クラウドの基礎とベストプラクティスを学ぶ

icon_architect
アーキテクト

可用性の高いシステムの設計について学ぶ

icon_developer
開発者

クラウド向けアプリケーションの開発について学ぶ

icon_operations
運用

アプリケーション、ネットワーク、システムの自動化について学ぶ

icon_devops
DevOps エンジニア

AWS クラウドシステムの設計、デプロイ、管理を学ぶ

AWS 認定の価値についての詳細はこちら