AWS 再認定

再認定を受け、認定を維持しましょう。

AWS 認定は 3 年間有効です。AWS 認定を維持するため、定期的な再認定プロセスにより、引き続き専門性を有しておられることを実証していただきます。再認定によって、お持ちの AWS 認定の全体的な価値が高まり、認定において最新の AWS についての知識、スキル、およびベストプラクティスがカバーされていることを個人や雇用主に対して実証できます。

再認定を受ける方法

基礎レベルの再認定

クラウドプラクティショナー試験を受ける
現行の AWS 認定クラウドプラクティショナー試験を再受験し、再認定を受けることができます。AWS 認定アカウントの特典セクションにある 50% の割引バウチャーを使用して再認定を受けることができます。割引バウチャーは、将来受ける任意の認定試験に適用することも可能です。

アソシエイトレベルあるいはプロフェッショナルレベルの認定を取得する
再認定の要件は、アソシエイトレベルあるいはプロフェッショナルレベルの任意の再認定試験に合格することによって満たすこともできます。

 

 

アソシエイトレベルの再認定

アソシエイト試験を受ける
現在お持ちの認定に対して、アソシエイトレベルの試験を受験できます。例えば、現在「AWS 認定ソリューションアーキテクト – アソシエイト」をお持ちの場合は、現行の AWS 認定ソリューションアーキテクト – アソシエイト試験を再認定のために再受験することができます。AWS 認定アカウントの特典セクションにある 50% の割引バウチャーを使用して再認定を受けることができます。割引バウチャーは、将来受ける任意の認定試験に適用することも可能です。

プロフェッショナルレベル認定を取得する
また、アーキテクチャ設計では AWS 認定ソリューションアーキテクト – プロフェッショナル試験、開発または運用では AWS 認定 DevOps エンジニア – プロフェッショナル試験に合格することで、再認定の要件を満たすことができます。例えば、「AWS 認定ソリューションアーキテクト – アソシエイト」の再認定の要件は、AWS 認定ソリューションアーキテクト – プロフェッショナル試験に合格することで満たすことができます。

プロフェッショナルレベルの再認定

現行のプロフェッショナルレベル試験を受ける
現在お持ちの認定に対して、現行のプロフェッショナルレベル試験を受験できます。例えば、「AWS 認定ソリューションアーキテクト – プロフェッショナル」をお持ちの場合は、現行の AWS 認定ソリューションアーキテクト – プロフェッショナル試験を受験できます。AWS 認定アカウントの特典セクションにある 50% バウチャーを使用して再認定を受けることができます。割引バウチャーは、将来受ける任意の認定試験に適用することも可能です。

専門知識の再認定

現行の専門知識試験を受ける
現在お持ちの認定に対して、現行の専門知識試験を受験できます。例えば、「AWS 認定セキュリティ – 専門知識」をお持ちの場合は、現行の AWS 認定セキュリティ – 専門知識試験を再受験することによって再認定を受けることができます。AWS 認定アカウントの特典セクションにある 50% の割引バウチャーを使用して再認定を受けることができます。割引バウチャーは、将来受ける任意の認定試験に適用することも可能です。 

AWS 再認定に関するよくある質問

  • 認定は何年間有効ですか?

    3 年ごとに認定を更新する (再認定を受ける) 必要があります。

  • 再認定にはいくらかかりますか?

    50% の割引バウチャーコードを使用すると現行の試験が 50% 引きで受験でき、それによって認定を更新することができます。

  • AWS 認定試験を受験するために必要な前提条件は何ですか?

    受験者により良い柔軟性を提供するために、前提条件は廃止されました。受験者は、プロフェッショナル認定の取得前にアソシエイト認定を取得しておく必要も、専門知識認定の取得前にクラウドプラクティショナーまたはアソシエイト認定を取得しておく必要もなくなりました。AWS は、試験候補者がスキルを磨き、検証するときに、推奨されるラーニングパスを受講することを引き続きお勧めします。

当社の試験

check-foundational60x60

AWS 認定クラウドプラクティショナー             

この試験では、さまざまなクラウドおよび技術的役割を担っている方が AWS クラウドの知識を証明し、プロフェッショナルとしての信頼を高めることが可能です。この試験には、クラウドの概念、セキュリティ、テクノロジー、請求と料金という 4 つの分野があります。

check-associate60x60

AWS 認定ソリューションアーキテクト – アソシエイト

この試験に合格すると、AWS のテクノロジーを使用して安全で堅牢なアプリケーションを構築およびデプロイするための知識を効果的に証明できます。可用性、優れたコスト効率、耐障害性を備え、スケーラブルな AWS 上での分散システムの設計に関して、少なくとも 1 年の実務経験のある方が対象です。

AWS 認定ソリューションアーキテクト – アソシエイト

この試験に合格すると、AWS のテクノロジーを使用して安全で堅牢なアプリケーションを構築およびデプロイするための知識を効果的に証明できます。可用性、優れたコスト効率、耐障害性を備え、スケーラブルな AWS 上での分散システムの設計に関して、少なくとも 1 年の実務経験があることを推奨します。

AWS 認定ソリューションアーキテクト – アソシエイト

この試験に合格すると、AWS のテクノロジーを使用して安全で堅牢なアプリケーションを構築およびデプロイするための知識を効果的に証明できます。可用性、優れたコスト効率、耐障害性を備え、スケーラブルな AWS 上での分散システムの設計に関して、少なくとも 1 年の実務経験があることを推奨します。

check-associate60x60

AWS 認定デベロッパー – アソシエイト                                                                  

AWS を使用するクラウドベースのアプリケーションの開発、デプロイ、デバッグについて習熟していることを認定します。最低でも 1 種類の高水準プログラミング言語について深い知識を持ち、AWS ベースのアプリケーション開発および保守に関して 1 年以上の実務経験のある方が対象です。

check-associate60x60

AWS 認定システムオペレーション (SysOps) アドミニストレーター – アソシエイト

AWS プラットフォームでのデプロイ、管理および運用に関する技術的な専門知識を認定します。AWS ベースのアプリケーションの運用に関する 1 年以上の実務経験を持つ方が対象です。

check-professional60x60

AWS 認定ソリューションアーキテクト – プロフェッショナル

AWS プラットフォームでの分散アプリケーションおよびシステムを設計するための高度な技術的スキルと専門知識を認定します。AWS でのクラウドアーキテクチャの設計およびデプロイに関する 2 年以上の実務経験を持つ方が対象です。

check-professional60x60

AWS 認定 DevOps エンジニア – プロフェッショナル

AWS プラットフォームでの分散アプリケーションシステムのプロビジョニング、運用、および管理における技術的な専門知識を認定します。この試験は、AWS 環境のプロビジョニング、運用、および管理に関する 2 年以上の実務経験を持つ方が対象です。

check-specialty60x60

AWS 認定セキュリティ – 専門知識         

AWS プラットフォームのセキュリティ強化における技術的な専門知識を認定します。経験豊かなセキュリティ担当者が対象です。

AWS プラットフォームのセキュリティ強化における技術的な専門知識に関する試験です。熟練したセキュリティ担当者が対象です。

check-specialty60x60

AWS 認定ビッグデータ – 専門知識                   

データから価値を引き出すために AWS のサービスを設計および実装するのに必要となる技術的な専門知識を認定します。複雑なビッグデータ分析に携わる方が対象です。

check-specialty60x60

AWS 認定高度なネットワーク – 専門知識

AWS、および大規模なハイブリッド IT アーキテクチャの設計および実装における技術的な専門知識を認定します。複雑なネットワーク業務に携わる方が対象です。

check-specialty60x60

AWS 認定 機械学習 – スペシャリティ

AWS クラウドを使用して機械学習 (ML) モデルを構築、トレーニング、チューニングおよびデプロイするのに必要となる技術的な専門知識を認定します。開発およびデータサイエンスの業務に携わる方が対象です。

check-specialty60x60

AWS 認定 Alexa スキルビルダー – 専門知識

この認定資格は、Amazon Alexa のスキルの構築、テスト、公開における技術的な専門知識を認定します。この試験は、Alexa のスキルビルダーとしての任務に携わる方を対象としています。