CloudEndure Disaster Recovery

物理サーバー、仮想サーバー、およびクラウドサーバーのスケーラブルで費用対効果の高いビジネス継続性

データセンターの障害、サーバーの破損、サイバー攻撃などの IT 災害はビジネスを混乱させるのみならず、データ損失を引き起こし、収益にも影響を与え、評判を傷付けるものとなります。CloudEndure Disaster Recovery では、物理、仮想、クラウドベースのサーバーに対する、高速で、信頼できる対策を AWS に提供し、ダウンタイムやデータ損失を最小限に抑えます。

CloudEndure Disaster Recovery を使用して SAP などのエンタープライズアプリケーションや、Oracle、MySQL、SQL Server などの非常に重要なデータベースを保護することができます。

CloudEndure Disaster Recovery では、マシン (オペレーティングシステム、システム状態設定、データベース、アプリケーション、ファイルを含む) を、対象の AWS アカウントや希望するリージョンにある低コストのステージング領域にレプリケートし続けます。災害発生時には、数分のうちに、完全にプロビジョニングされた状態の、数千台のマシンを自動で起動するように、CloudEndure Disaster Recovery を設定できます。

CloudEndure Disaster Recovery により、完全にプロビジョニングされたマシンを数分で起動させながらマシンを低コストのステージング領域に複製することで、災害対策インフラストラクチャの費用を大幅に削減できます。

CloudEndure Disaster Recovery デモ

利点

ダウンタイムを短くし、データ損失を保護する

ターゲットの場所を個別、頻繁に更新するスナップショットベースのソリューションとは異なり、CloudEndure Disaster Recovery では、非同期的な継続的レプリケーションが行われます。これにより、数秒の目標復旧時点 (RPO) が実現されます。自動化されたマシンの変換およびオーケストレーションにより、数分の目標復旧時間 (RTO) が実現されます。こうした高い復旧目標は、大規模な書き込み集中型のワークロードであっても達成することができます。

実装を簡素化し信頼性を向上させる

CloudEndure Disaster Recovery の自動フェイルオーバーとフェイルバック技術により、時間がかかりリスクを伴う手動のプロセスを最小限に抑えられます。これは、人為的ミスの可能性を減少させるので信頼性の向上につながります。CloudEndure では、自動化も提供しており、災害対策プロセスのセットアップ、管理、モニタリング、テストをすばやく簡単に行えます。これは実装を簡素化するだけにとどまりません。頻繁に無停止の演習を簡単に実行して、対策プロセスや目標を検証し、必要な修正を行うことで信頼性を向上させることもできます。

ツール 1 つで、エンタープライズアプリケーションやデータベースを保護する

CloudEndure Disaster Recovery により、SAP などのエンタープライズアプリケーションや、Oracle、MySQL、SQL Server などの非常に重要なデータベースのビジネス継続性を実現することができます。CloudEndure Disaster Recovery では、サポートされているオペレーティングシステム上で実行されるすべてのアプリケーションやデータベースをレプリケートするため、アプリケーション特有の複数のレプリケーションツールを購入する必要はありません。

総所有コストを減少させる

従来の災害対策ソリューションでは、ハードウェア、コンピューティング、ストレージ、ネットワーキング、ソフトウェアライセンスといった費用のかかる複製 IT リソース一式が必要でした。CloudEndure Disaster Recovery では、希望する AWS リージョンの低コストのステージング領域にワークロードをレプリケートします。それにより、コンピューティングコストを 95% 削減し、重複する OS やサードパーティーアプリケーションのライセンスにかかる費用をカットすることができます。実際の災害や演習で、完全にプロビジョニングされたワークロードにのみ料金が発生します。

クラウドへの移行を加速する

AWS で災害対策を実装することはクラウドジャーニーにおける、実質的な最初のステップとなります。CloudEndure Disaster Recovery をセットアップすると、ソースマシンが AWS にレプリケートされ、すべてのアプリケーションの変更は最新の状態に保たれ、対象の AWS リージョンで実行する準備が整います。AWS で常に実行しているワークロードを移行し実行することにした場合、CloudEndure Migration を使用して簡単にオペレーションを切り替えられます。AWS での災害対策のセットアップを計画するかどうかにかかわらず、AWS に移行するために CloudEndure Migration を使用することができます。AWS に移行することにした場合、CloudEndure Disaster Recovery を使用してクロスリージョンの災害対策を簡単に実装できます。

仕組み

クラウドベースの災害復旧の図

ユースケース

オンプレミスからクラウドの災害対策

オンプレミスでワークロードを実行している組織は、AWS にセカンダリデータセンターを移動することで、災害対策の TCO を大幅に削減させることができます。クラウドベースの災害対策は、重複するハードウェア、コンピューティング、ネットワーキング、ソフトウェアを持つ必要がなく、オンプレミスのセカンダリデータセンターよりも信頼性、可用性、安全性を高めることもできます。CloudEndure Disaster Recovery を使用すると、ダウンタイムやパフォーマンスへの影響なく、セカンダリサイトを AWS に移動できます。

クロスリージョンの災害対策

AWS でアプリケーションを構築しているか、AWS に移行しているかにかかわらず、クロスリージョンの災害対策によってワークロードを保護することができます。これは、ビジネス継続性を達成するコスト効率に優れた方法です。CloudEndure Disaster Recovery によって、RPO や RTO の高い目標値に基づくレプリケーションを継続的に提供しながら、AWS リージョンやアベイラビリティーゾーン間での地理的冗長性を実現することができます。

クロスクラウド災害対策

他のクラウドでワークロードを実行しているお客様は、AWS を災害対策サイトとして使用することで、耐障害性を高め、コンプライアンス要件を満たすことができます。CloudEndure Disaster Recovery では、他のクラウドプロバイダーから AWS にワークロードをレプリケートや復元する簡単なソリューションが提供されています。自動的にソースマシンを変換し、AWS でネイティブに起動や実行できるようになります。

AWS のロゴ

AWS を使用して災害対策費用を削減する方法

eBook を読む »

CloudEndure のロゴ

CloudEndure Disaster Recovery の仕組み

テクノロジー概要を読む »

クラウド上での災害復旧戦略の図

Leveraging the Cloud for Your Disaster Recovery Strategy

eBook を読む »

サーバーとフレームを使用した災害復旧の図

ベストプラクティスに従う: IT 災害対策プランチェックリスト

チェックリストを見る »

「CloudEndure と AWS の使用で、何かを回復するときに、何時間もかけることなく、実質的に数分で回復が可能になりました。これは、本当に助かります。もし以前のまま変化せず、このすばやい回復能力を現在持っていなかったとしたら、完全にトラブルに巻き込まれていたことでしょう」
Greg Ward 氏、Malibu Boats、情報システムおよびテクノロジー担当 VP

Malibu Boats のプライマリデータセンターでサーバーの停止が発生した際、CloudEndure Disaster Recovery によりトラブルから救われました。何時間や何日もファクトリーを閉める必要がなく、バックエンドアプリケーションを数分で AWS にスピンアップすることができました。結果として、ファクトリーは通常のオペレーションに戻り、出荷の遅れや財務上の損失は発生しませんでした。Malibu Boats の担当者たちは、フェイルオーバー中も AWS で同社のアプリケーションがとても良く実行されていたことに感銘を受けました。そのため、同社のオンプレミスデータセンターを CloudEndure Migration を使用した AWS への移行を迅速に進めることを決定しました。結果として、Malibu Boats では運用効率と IT の耐障害性が大幅に向上しました。 

詳細 »


「クラウドに災害対策を構築することはオンプレミスで同等のソリューションを構築した場合より 73% 安くなると計算しています」
Matthieu Traverse 氏、Transdev、リード IT アーキテクト

Transdev では、CloudEndure Disaster Recovery を使用してビジネスクリティカルなワークロードを保護し、災害対策費用を 73% 削減しました。以前の災害対策インフラストラクチャを更新するのではなく、Transdev では AWS に対策サイトを移動させることを決定しました。それにより、IT リソースを節約でき、AWS 移行戦略も順調に進むことが想定されました。チームは、広範囲に及ぶ複雑な、書き込み集中型のワークロードで災害対策ソリューションのテストを始めました。Transdev のテストはうまくいかず、クラウドベースの災害対策の断念も検討せざるを得ない状況でした。ところが、CloudEndure Disaster Recovery をテストしたところ、まさに同社が望んでいたとおりの結果を得ることができました。現在、Transdev では、CloudEndure Disaster Recovery を使用して、Microsoft Active Directory、SQL Servers、MSCS クラスター化された SAP ワークロード、ニッチアプリケーションを含む多くのビジネスクリティカルなワークロードを保護しています。

詳細 »


製品の特徴を見る
製品の特徴を見る

CloudEndure Disaster Recovery では、ダウンタイムやデータ損失を最小化するさまざまな機能が提供されています。

詳細 
オンライントレーニングを受ける
オンライントレーニングを受ける

CloudEndure Disaster Recovery をセットアップして実装する方法についての解説 

サインイン 
今すぐ使用を開始する
今すぐ使用を開始する

CloudEndure Disaster Recovery を今すぐお試しください。

開始方法