AWS DeepLens チャレンジ

AWS Intel

AWS DeepLens を使った機械学習プロジェクトを構築して未来を作ろう

 

チャレンジ内容

2018 年に実施される 8 つのテーマのチャレンジで、自分のアイデアと AWS DeepLens の機能を組み合わせ、世界にポジティブな影響を与える機械学習プロジェクトを作成しましょう。これらのチャレンジを通じて、楽しく、互いに協力しあう刺激的な環境の中で機械学習の経験を積むことができます。人々のくらしを向上させ、社会に貢献する非営利活動を支援することができます。

報酬

人のために貢献する方法は寄付だけではありません。積極的な変化を起こすことでも貢献できます。得られるものはチャレンジごとに異なりますが、チャレンジに関係する非営利組織へのプロジェクト提出による寄贈、最もポジティブな影響を与えるプロジェクトのブログでの紹介などがあります。何よりも、最大の報酬は、自分が学習するのと同時に、コミュニティに大きなプラスの影響を与えられるものを構築できることです。提出されたプロジェクトとその作者には、AWS によるプロモーションも行われます。

リソース

あらゆるスキルレベルの開発者が AWS DeepLens を使用した深層学習プロジェクトに着手できるよう、サンプルプロジェクト、コンピュータ視覚モデル、チュートリアルをご用意しています。また、物理デバイスを使った実際の環境での実習も提供しています。クリックすればデバイスで実行可能なトレーニング済みのモデルを AWS DeepLens コンソールのコレクションから選ぶこともできますし、Amazon SageMaker でカスタムモデルを構築することもできます。AWS DeepLens のリソースをチェックして、今すぐ始めましょう。AWS DeepLens チャレンジの Slack チャネルに参加して、他の参加者と協力することもできます。


チャレンジ #1: インクルージョン

この最初のチャレンジでは、インクルージョンを促進し、バリアを克服し、能力にかかわらずすべての大人と子どもの間のきずなを強化する DeepLens プロジェクトの作成をお願いします。

参加条件を満たす各プロジェクトに対し、AWS では 249 USD を (AWS DeepLens の小売り価格) シアトルを拠点とする非営利組織である Northwest Center に寄付します。着想を得るため、Northwest Center の CEO である Gene Boes 氏の動画から、あらゆる能力の人に平等な機会を差し伸べる点でのテクノロジーの貢献に関する詳細をご覧ください。

アイデアをもっと得るには、DeepLens コミュニティの作成したプロジェクト、およびこのチャレンジについて発表した AWS ブログを参照してください。

チャレンジ期間が伸ばされました!7/10/2018 から 8/19/2018 深夜 (PST) です。参加をお待ちしています。

Northwest Center の CEO、Gene Boes 氏による AWS DeepLens Inclusivity チャレンジの説明

AWS がチャリティの対象となる各エントリに対して寄付を行う場合、AWS では、チャレンジの対象となる各エントリに 249 USD を寄付します。AWS の任意のチャリティに最低 5,000 USD を寄付する必要があります。寄付の最高額は 10,000 USD です。エントリの対象となるためには、送信フォームのフィールドすべてに入力し、各チャレンジで定められた申し込み期限までに提出する必要があります。

AWS DeepLens の詳細
AWS DeepLens は、世界初の深層学習対応のワイヤレスビデオカメラです。
機械学習の利点を探求する
Amazon Machine Learning の強力なアルゴリズムを使用して、既存のデータからパターンを発見し、モデルを作成します。