アマゾン ウェブ サービスが提供する開発・テスト向けのソリューションでは、マネージド型の開発環境の構築をはじめ、ソースコード管理、検証、デプロイメントまで、一連の開発プロセスをクラウドで準備できます。これにより、ソフトウェアエンジニアの開発工数の削減とプロジェクトの生産性向上が期待できます。

まずは無料で始める
日本担当チームへお問い合わせ
editorial_aws_managementconsole_orange

マネージド型の開発環境の提供により、ソースコードの管理及び共有が一元管理できます。モジュール化されたソースコード資産を別のプロジェクトに容易に流用できます。

editorial_dev-test_green

ビルド管理や一連のモジュールテスト、デプロイメントが一連のフローで管理可能です。これによりビルドの管理やテスト工数を削減し、プロジェクトの生産性が向上します。

editorial_app-hosting_blue

より自由にデプロイメントからプロビジョニングを実施するためのインターフェースが利用できます。定義済み構成の構築やアプリデプロイの自動化により、より柔軟な実行環境を構成でき、自動化や柔軟度が向上します。




アマゾン ウェブ サービスでカスタムの Amazon マシンイメージ (AMI) を作成できるため、簡単に繰り返し可能なプロセスを迅速に開始できます。これにより、すべての開発者およびテスト実行者が同じ構成で作業できます。ささらに、AWS CloudFormation を使用してクラウドインフラストラクチャ全体のイメージを取得したり、開発およびテスト用のインフラストラクチャの正確な複製ができるようにテンプレートを作成したりできます。

カスタムの AMI の作成の詳細 »

AWS CloudFormation の詳細 »

DevTest_Capabilities_EasilySetUp-2

アマゾン ウェブ サービスは、開発とテストが、決してハードウェアに制限されない世界を作り出します。新しい開発者は、マルチサーバーのインフラストラクチャが必要であっても、新しい開発環境を数分で開始できます。テスト用のインフラストラクチャを多数のマシンで迅速に作成できるため、テストの合否がすばやく判明し、終了後は設備、ユーティリティ、管理またはメンテナンスを必要とすることなくシャットダウンできます。

Amazon EC2 の詳細 »


アマゾン ウェブ サービスのクラウドでは、必要に応じてマシンを構成できます。フルの管理者アクセスを取得して、あらゆるソフトウェアやツール、また Redhat Enterprise Linux、SUSE Linux、Amazon Linux、Windows、CentOS など多岐にわたるオペレーティングシステムをインストールできます。AWS Marketplace ではデプロイ、構成、請求を簡単にする多くのソフトウェアパッケージも利用できます。 

アマゾン ウェブ サービスのマーケットプレイスにアクセス »


AWS は世界中の 11 か所のリージョンでリソースを提供します。チームメンバーに近い場所で、新しい開発およびテスト用のリソースの使用を開始して、低レイテンシーと地理的なデータ所有権限を確保します。リージョンを超えたデータ、マシンのイメージおよび AWS CloudFormation テンプレートのコピーがシンプルかつ簡単にできるため、開発者はいつでも正しいイメージと設定を利用できます。
 

アマゾン ウェブ サービスのクラウドでは、使用する開発およびテスト用のリソースについてのみ支払いが発生します。新しい開発システムを日中の間は立ち上げ、夜間には停止してアイドル中のハードウェアに対する課金を回避できます。AWS はまた、ニーズに最適な複数の価格オプションも提供しています。これには、計画済みの開発業務用としてディスカウント価格でキャパシティーを予約できるリザーブドインスタンスも含まれます。スポットインスタンス(EC2 キャパシティーを使用しない)を最大 90% のディスカウントで購入し、コストを削減しながらもテストの合否をすばやく判別できます。

AWS 料金表の詳細 »


AWS により開発およびテスト環境を簡単に保護できます。AWS Identity and Access Management (IAM) などのサービスでは、ビルトインの AES 256 ビットの暗号化による AWS ストレージサービスのデータ保護を利用しながら、リソースへのアクセス権を持つユーザーの管理をサポートできます。また、Amazon VPC ではインターネットアクセスが可能なマシンを管理したり、VPN 接続または AWS Direct Connect の専用線によってそれらのマシンへの接続を保護したりできます。


AWS はツールのセットを提供し、アプリケーションのライフサイクルの各ステップで管理をサポートします。AWS CodeCommit は安全で拡張性の高いマネージド型の管理サービスで、プライベートの Git リポジトリをユーザー用にホストします。AWS CodePipeline を利用して、継続的な配信向けに構築、テストおよびリリースプロセスを自動化できます。Amazon EC2 インスタンスにシンプルかつ自動的にコードをデプロイする、AWS CodeDeploy があります。これらの各サービスはエンドツーエンドのソリューションとして使用したり、サードパーティの他の統合ツール(Jenkins や GitHub など)とともに使用したりできます。これによりソフトウェアの配信プロセスの効率化をサポートします。

AWS CodeCommit の詳細 »

AWS CodePipeline の詳細 »

AWS CodeDeploy の詳細 »

DevTest_Capabilities_ALM

ha_ed_training_lightblue

AWS for Development and Test のオンラインセミナー(録画)は、アマゾン ウェブ サービスでの開発およびテスト作業の実行についての概要を網羅しています。録画では、実際のお客様の例、特定のサービスの紹介、AWS で開発およびテストのワークロードを実行するデモもご覧いただけます。

動画を見る »

ホワイトペーパー、Introduction to DevOps on AWS では、共通の DevOps の原則とプラクティスがどのように AWS でサポートされるかを説明します。このペーパーは、コードのデプロイと管理や、コード環境としてのインフラストラクチャにおけるデプロイ戦略に役立つ AWS サービスも網羅しています。

ホワイトペーパーを読む »