AWS CloudTrail を使うと、アカウントの AWS API コールの履歴を取得することによって、クラウド上の AWS デプロイをモニタリングできます。 その履歴には AWS マネジメントコンソール、AWS SDK、コマンドラインツール、高度な AWS サービスによって作成された API コールが含まれます。CloudTrail に対応するサービスの AWS API を呼び出したユーザーやアカウント、呼び出し元であるソース IP アドレス、呼び出しが発生した時間を特定できます。CloudTrail と API を使用しているアプリケーションとの統合、組織の証跡作成の自動化、証跡のステータスのチェック、および管理者が CloudTrail ロギングを有効または無効にする方法の制御を行うことができます。

ユーザーガイド
すべての製品コンセプトの詳細説明を提供し、コンソールとコマンドラインインターフェイス両方のさまざまな機能の使用について説明します。
HTML
| PDF
  API リファレンス
AWS CloudTrail に対して行えるすべての API 操作を詳しく説明します。また、サポートされるウェブサービスプロトコルについて、リクエスト、レスポンス、エラーのサンプルを掲載します。
HTML
| PDF