AWS Direct Connect は、標準の 1 ギガビットまたは 10 ギガビットのイーサネット光ファイバーケーブルを介して、内部ネットワークを AWS Direct Connect ロケーションにリンクします。ケーブルの一端がお客様のルーターに、他方が AWS Direct Connect のルーターに接続されます。この接続を使用すると、AWS クラウドや Amazon Virtual Private Cloud への仮想インターフェースを直接作成できるので、お客様のネットワークパスの中でインターネットサービスプロバイダをバイパスできるようになります。

ユーザーガイド
AWS Direct Connect の概念的な概要と、コマンドラインインターフェイスを通じてさまざまな機能を使用する手順を説明します。
HTML | PDF | Kindle


AWS CLI リファレンスの「Direct Connect」セクション
AWS CLI の Direct Connect コマンドについて説明しています。これにより内部ネットワークを AWS Direct Connect ロケーションにリンクできます。各コマンドの構文、オプション、および使用例が掲載されています。
HTML

  API リファレンス
AWS Direct Connect に対して行えるすべての API 操作を詳しく説明します。また、サポートされるウェブサービスプロトコルについて、リクエスト、レスポンス、およびエラーのサンプルが掲載されています。
HTML | PDF

このドキュメントの古いバージョン: