AWS Identity and Access Management(IAM)は、アマゾン ウェブ サービス(AWS)のお客様が AWS でユーザーとユーザー許可を管理できるようにするウェブサービスです。このサービスは、複数のユーザーやシステムがクラウド上で Amazon EC2、Amazon SimpleDB、AWS マネジメントコンソールなどの AWS 製品を使用する組織を対象としています。IAM を使用すると、ユーザー、アクセスキーなどのセキュリティ認証情報、ユーザーがアクセスできる AWS リソースを制御するアクセス権を、集中管理できます。

IAM ユーザーガイド
ユーザーやグループをセットアップするために役立つ AWS Identity and Access Management について紹介し、アクセスコントロールポリシーでリソースを保護する方法を説明します。また、他のアイデンティティサービスに接続し、AWS リソースに外部ユーザーのアクセス権を付与する方法も説明します。
HTML | PDF


AWS CLI リファレンスの IAM セクション
IAM の管理に使用できる AWS CLI コマンドを説明します。各コマンドの構文、オプション、および使用例が掲載されています。
HTML


IAM API リファレンス

AWS Identity and Access Management のすべての API 操作を説明します。また、サポートされるウェブサービスプロトコルについて、リクエスト、レスポンス、およびエラーのサンプルが掲載されています。
HTML | PDF

 

AWS CLI リファレンスの STS セクション
一時的なセキュリティ認証情報の生成に使用できる AWS CLI コマンドを説明します。各コマンドの構文、オプション、および使用例が掲載されています。
HTML


STS API のリファレンス
AWS STS に対して行えるすべての API 操作を詳しく説明します。また、サポートされるウェブサービスプロトコルについて、リクエスト、レスポンス、およびエラーのサンプルが掲載されています。
HTML | PDF

このドキュメントの古いバージョン:


まずは無料で始める »

サインアップは簡単!無料範囲内で対象製品を 12 ヵ月無料でお試しいただけます。
AWS アカウント作成の流れはこちら ≫
AWS 無料利用枠の詳細はこちら ≫

日本担当チームへお問い合わせ

導入に関するご質問、お見積りなどご不明な点は、お気軽に日本担当チームまでご相談ください。

 

AWS のご利用開始方法 »

アカウント作成方法、Amazon EC2、Amazon S3 のご利用開始方法を動画でわかりやすくご紹介いたします。