AWS SDK for Ruby は、Amazon S3、Amazon EC2、Amazon DynamoDB などの AWS インフラストラクチャサービスを使用するアプリケーションの構築を始めるうえで役立ちます。

バージョン 3 は AWS SDK for Ruby の現行バージョンです。このバージョンは、動作が安定しており、必要なサポートがすべて提供されるため、本番用のアプリケーションおよび機能での使用が推奨されています。

 

開発者ガイド
使用開始および SDK のさまざまな機能を使用する方法について説明します。
HTML | PDF

aws-record リファレンス
Amazon DynamoDB 向けのデータマッパーライブラリである、aws-record API について説明します。また、コード例や、ライブラリの使用に関するヒントも掲載されています。
HTML

API リファレンス
SDK に対して行えるすべての API 操作を詳しく説明します。また、サポートされる AWS サービスについて、リクエスト、レスポンス、およびエラーのサンプルが掲載されています。
HTML

API リファレンス
SDK に対して行えるすべての API 操作を詳しく説明します。また、サポートされる AWS サービスについて、リクエスト、レスポンス、およびエラーのサンプルが掲載されています。
HTML

まずは無料で始める »

サインアップは簡単!無料範囲内で対象製品を 12 ヵ月無料でお試しいただけます。
AWS アカウント作成の流れはこちら ≫
AWS 無料利用枠の詳細はこちら ≫

日本担当チームへお問い合わせ

導入に関するご質問、お見積りなどご不明な点は、お気軽に日本担当チームまでご相談ください。

 

AWS のご利用開始方法 »

アカウント作成方法、Amazon EC2、Amazon S3 のご利用開始方法を動画でわかりやすくご紹介いたします。