AWS Service Catalog では、IT 管理者が承認された製品のポートフォリオを作成および管理し、そのポートフォリオをエンドユーザーに配布できます。エンドユーザーは、パーソナライズされたポータルから必要な製品にアクセスできます。一般的な製品には、AWS リソース(Amazon EC2 インスタンス、Amazon RDS データベースなど)を使用してデプロイされるサーバー、データベース、ウェブサイト、アプリケーションなどがあります。特定の製品にアクセスできるユーザーを制御して、組織のビジネス標準へのコンプライアンスを実現したり、製品のライフサイクルを管理したり、ユーザーが確信を持って製品を見つけ、起動できるようにすることができます。

管理者ガイド
AWS Service Catalog の概要と、管理者としてサービスを使用するための詳しい手順について記載しています。
HTML | PDF
ユーザーガイド
AWS Service Catalog の概要と、エンドユーザーとしてサービスを使用するための詳しい手順について記載しています。
HTML | PDF
まずは無料で始める »

サインアップは簡単!無料範囲内で対象製品を 12 ヵ月無料でお試しいただけます。
AWS アカウント作成の流れはこちら ≫
AWS 無料利用枠の詳細はこちら ≫

日本担当チームへお問い合わせ

導入に関するご質問、お見積りなどご不明な点は、お気軽に日本担当チームまでご相談ください。

 

AWS のご利用開始方法 »

アカウント作成方法、Amazon EC2、Amazon S3 のご利用開始方法を動画でわかりやすくご紹介いたします。