Amazon ElastiCache に前払い料金は必要ありません。オンデマンドノードなので、消費したリソースのみについて時間単位でお支払いいただきます。長期間使用する義務はありません。リザーブドノードとは、低額の予約金を一括で先払いしていただくことで、ご希望のノードを 1 年間または 3 年間予約できるというものです。予約すると、そのノードの時間単位の使用レートが大幅に割り引かれます。

新規の AWS のお客様は、Amazon ElastiCache 無料利用枠を活用して、マネージド型キャッシングサービスの利用をクラウドで無料で開始できます。AWS 無料利用枠の対象となるお客様は、1 か月あたり 750 時間まで t2.micro または t3.micro ノードをご使用いただけます。

実際にご使用になった分のみ、お支払いいただきます。最低料金設定はありません。AWS 料金計算ツールを使って、月間の請求額をお見積りいただけます。

Amazon ElastiCache の料金の詳細 »

Amazon ElastiCache は、キャッシュに読み込まれたオブジェクトを保存できるようにすることで、読み込み量が多いアプリケーションの大量の作業負荷(ソーシャルネットワーキング、ゲーム、メディア共有、Q&A ポータルなど)や莫大な計算処理を必要とする作業負荷(レコメンデーションエンジンなど)におけるレイテンシーやスループットを改善するために使用することができます。さらに、Redis は高度なデータ構造をサポートしているため、コスト効率が高い方法で、データベース層を拡張し、データベース経由では簡単に達成できない機能を実行できます。

Amazon ElastiCache は、メモリ内キャッシュ環境の管理、モニタリング、操作を簡素化し、負荷を軽減するので、お客様はアプリケーションを差別化する部分に集中することができます。

Amazon ElastiCache には次の機能があります。

  • Memcached と Redis という 2 つのエンジンをサポートしています
  • AWS マネジメントコンソールで簡単に管理できます。数回のクリックで、使用するエンジンのキャッシュノードを設定して起動できます。
  • 特定のエンジンプロトコルとの互換性があります。つまり、クライアントライブラリのほとんどが、専用の各エンジンと共に使用できます。追加の料金や調整は必要ありません。
  • 追加コストなしで、Amazon CloudWatch を介してエンジンノードの詳細モニタリングの統計情報を使用できます
  • 使用したノードの時間に基づいて、消費したリソースに対してのみ支払いが発生します。

Amazon ElastiCache は、すべての AWS リージョンで使用できます。また、Amazon Virtual Private Cloud でキャッシュノードを実行できます。

従量課金制

ご利用可能なキャッシュノード

現在サポートされているキャッシュノードタイプを確認するには、ElastiCache の料金ページをご参照ください。

T1、M1、M2、M3、C1、R3 キャッシュノードをお探しですか? 旧世代のキャッシュノードのページをご覧ください。

想定される使用目的と制約

このサービスのご利用には、アマゾン ウェブ サービスカスタマーアグリーメントが適用されます。

Amazon ElastiCache の料金の詳細

料金ページにアクセスする
構築を始めましょう。
Amazon ElastiCache の使用を開始する
ご不明な点がおありですか?
お問い合わせ