リーダーがパンデミック時にワークライフハーモニーを促進できる 5 つの方法

 Ian Wilson、AWS 人事部門バイスプレジデント

Ian Wilson、AWS 人事部門バイスプレジデント

通常の状況下で調和を保つことは必ずしも容易ではなく、パンデミックによりさらに困難になっています。AWS 人事部門バイスプレジデントである Ian Wilson が、今回の危機で従業員が課題と作業のオポチュニティを乗り越えるよう支援する方法についてのアプローチを共有しています。

Spotify または Apple ポッドキャストでポッドキャストを聴く


現在、多くの人々の心には仕事と生活の調和があります。Amazon では、仕事と仕事の外側といった両方から活力を与えることで、仕事と生活の調和が成立すると考えています。Jeff Bezos はかつてこの概念をフライホイールの観点から説明し、あなたの人生のある部分から他の部分にエネルギー燃料を供給できるよう手助けしました。

通常の状況下で調和を保つことは必ずしも容易ではなく、パンデミックによりさらに困難になっています。通勤運転、懇親会、育児、休暇など、人が仕事を管理する上で役に立ってきた従来のガードレールは、急激に変化し、進化を遂げ続けています。AWS でこれらの予期しない課題にどのように取り組んだかについて多くのお客様から質問がありました。

Ian Wilson、AWS 人事部門バイスプレジデント

Amazon の従業員にとって、1 日目の考え方は私たちのアプローチの大部分を占めているため、変化に適応することにはかなり慣れています。Jeff Bezos は、Amazon 創業初期に 1 日目のコンセプトを形成しました。これは、Amazon で、毎日を新しいスタートアップの起業日と同じく扱う必要があることを意味します。過去に機能していたものではなく、現在と将来に求められるものに焦点を当てています。私たちが変化を受け入れ、期待することになるでしょう。

1 日目のコンセプトによれば、従業員は目の前にあるものを見て最善の決定を下すことができます。最善の決定は、以前とは意味が異なる場合があります。これは、AWS で従業員とリーダーが今回の危機の間に働くことについての課題や機会を受け入れたときに、私が目にしたことです。

AWS の人事部門バイスプレジデントとして、このトピックについて多くの人と話す機会がありました。Amazon の従業員が 1 日目のコンセプトと、新しい仕事と生活の調和を見つけるための Amazon リーダーシップ原則を受け入れるいくつかの方法を共有したいと思います。

GRAPHIC_Orange-rule_01

1.可能であれば、指示よりもガイダンスを選択してください

オフィスや学校の閉鎖や旅行の禁止など、非常に劇的な変化が一度に発生すると、混乱は波及効果をもたらし、あらゆる人々の生活に独自の方法で影響を与えます。当然のことながら、人々はこれをどう扱うべきかについて雇用主に質問しています。たとえば、従業員は、子供の世話やホームスクーリングを支援するために勤務時間を変更できるのか、あるいは代わりに出張を延期するか、仮想空間で人に会うべきかどうかを疑問に思っています。

重要な従業員の安全に関しては、保護手順が整っているため、質問に答える際にはより明確な答えを返す必要があります。ただし、他の設定では、すべての質問に答える必要もなければ、すべて答えることは不可能です。その代わり、AWS では、従業員に可能な限りの柔軟性を提供するように努めました。

たとえば、オフィスにいつ戻るべきかを指示する代わりに、「自宅から効果的に仕事ができる従業員は、2021 年 6 月 30 日まで歓迎します」というガイダンスを送信しました。 多くの従業員が家に残っていますが、中には帰国を決めた人もいます。それが彼らにとって最も効果的だったからです。従業員は、いくつかのガイダンスの範囲内で、目の前にある課題をどのように解決したいか、そしてどのように仕事に取り組みたいかを選択します。

GRAPHIC_Orange-rule_01

2.従業員の脈拍を確認する

過去数年間、従業員への理解を深めるために、毎日フィードバックプログラムである Connections を使用してきました。毎日、何千人もの Amazon の従業員が仕事に関する質問に答えてきたオプションを持っています。この情報は職場の改善に使用されています。パンデミック時の日常的な質問の多くは、前例のない状況で働かざるを得ない従業員に関連するものでした。

Connections を通じて収集したデータに加えて、特定のトピックについて話し合い、さらに深く掘り下げました。そして、私たちはパンデミック全体を通して同じ質問をして、物事がどのように変化しているかを追跡してきました。この情報は、従業員の感情を理解し、より有意義なサポートを提供する機会を特定する上で非常に貴重です。

組織が時間をかけて従業員の話に耳を貸したとき、見つけた情報に驚いてしまう可能性があります。良い意味で私を驚かせたのは、AWS のマネージャー満足度スコアが、文字通りこれまでの私のキャリアの中で最高点であったことです。マネージャーが従業員とのつながりを保ち、可能な限りサポートを提供するなど、素晴らしい仕事をしていることを表しています。このデータを収集していなかったら、これらの並外れた努力とマネージャーが果たした貴重な役割について認識できなかった可能性があります。

フィードバックを収集することにより、組織は、従業員をサポートする方法と、従業員が最大の影響を与える方法に対して、データに基づいた意思決定を行うことができます。これは、Amazon のリーダーシップ原則「詳細を掘り下げる」と密接に一致しています。 この原則により、従業員はすべての段階の作業にかかわり、詳細にも気を配ります。頻繁に現状を監査し、メトリクスと個別の事例が合致していないときには疑問を呈します。

GRAPHIC_Orange-rule_01

3.背景を受け入れる

この危機により、人々は自分が誰であるか、より完全な本物の自分、完全な全体像の共有を余儀なくされました。過去 10 年間よりも、直近 6 か月間で、ペットを含め、同僚の家族にたくさん会いました。危機以前は、このような出会いをもっと不快に扱っていたと思います。しかし、私たち全員が同じ船に乗っているので、心の壁も崩れ落ちているようです。私たちが見てきたことからすれば、良いことです。

私のお気に入りの Amazon リーダーシップ原則の 1 つである「学び、好奇心をそそる」という項目を思い起こします。従業員の学びを促すものです。そして今、私たちはお互いについてもっとたくさん学んでいます。実際、調査でわかったことの 1 つは、従業員の所属感、つまり「受け入れられたと感じている」という感覚が実際に大幅に上昇しており、今回の危機の間、非常に高い状態をずっと保っていたことです。

私たちがさらにばらばらになった時期に、その所属感がそれまでと同じくらい上がるとは、全く予測できませんでした。私たちが今、人間的なレベルでお互いに関係しているからだと思います。同僚の Ian だけではありません。子供たちを家で教育する環境に置かれているのは Ian です。彼は家族と自分の家に何かが起こったことに気付きました。

お互いについてもっと学ぶことはまた、私たちにもっと共感を与えます。それは関係を構築する際に重要です。このため、私は組織に、私たちが持っているこの新しいウィンドウを隠すのではなく、お互いの生活に取り入れるように勧めたいと思います。

背景を受け入れる
GRAPHIC_Orange-rule_01

4.休憩時間を作る

ほとんどの人が考えていることにもかかわらず、必ずしも在宅勤務がより多くの自由時間を生み出すとは限りません。新しく利用可能な時間をダウンタイムに置き換える代わりに、通勤する必要がなくなったため、より多くの作業時間に置き換えることができます。確かに、仕事に簡単にアクセスできるときにもっと生産したいという誘惑は、一部の人々にとってはやりすぎになってしまいます。その結果、彼らはオフィスで働くよりも自宅でもっとたくさん働いていたことに気づきました。

もう 1 つの問題は、人々がそれほど多くの休暇を取っていないということです。これは問題を悪化させます。一部の人にとっては、どこにも旅行に行けないため、休暇が無駄のように思えるでしょう。他の人は、ウイルスが再発し、検疫が制限されたときに育児ができなくなる場合に備えて、休暇日数を節約しています。残念ながら、今回のパンデミックは当初私たちが予想していたものより長続きしています。状況が終わるまでにまだしばらく時間がかかるかもしれません。その間、みんなに休憩が必要となります。

すべてがパンデミックのストレスと相まって、人々が燃え尽き症候群を経験しています。仕事を減らすよう説得するのがこれほど難しいとは思ってもいませんでした。しかし、従業員が自分自身や家族、または他の好きなもののために時間を割かないと、元気になることができません。そして、通常、長期的になれば仕事に悪影響を及ぼし、彼らが望んでいたものとは逆の効果をもたらします。

私たちは、全員、心がはっきりしているときに、より良い決定を下します。したがって、休息と休憩が重要です。確実に休憩を取る方法はいくつかあります。私は一日中休憩を取るためにカレンダーを遮断し、仕事が終わったらコンピュータをシャットダウンして、子供たちと一緒に裏庭でキャンプをしています。仕事から解放されたいので、中を覗き見することはありません。

GRAPHIC_Orange-rule_01

5.健康的な行動をモデル化する

ことわざにあるように、「大事なのは、あなたの言葉ではなく、あなたの行動です」 たとえば、マネージャーが従業員に夜間にログオフして 1 日中休憩するように勧めているとしましょう。しかし、彼自身がこのアドバイスに明らかに従っていないので、チーム員がアドバイスを守る可能性は低いです。他のチームメンバーが休まずに作業している場合、みんな自分のことを「怠け者」だと感じたくはないはずです。しかし、常に働き続けることは健康的でもなければ、持続可能なものでもありません。

マネージャーにとって、これはもう 1 つの Amazon リーダーシップ原則である「信頼を得る」ための優れた方法です。彼らの言葉が彼らの行動と一致するとき、人々は誰かに対して大きな信頼を持つことができます。休みを取ることに加えて、私の説教を実践していることをチームが確認できるように、他にもいくつかの行動を行いました。たとえば、ビデオ会議中に子供たちが机のそばを歩いている場合は急いで離席する代わりに、子供たちを認め、時には会議の他のメンバーに子供たちを紹介することさえあります。

GRAPHIC_Orange-rule_01

お客様への影響

仕事と生活の調和は従業員に利益をもたらすだけでなく、顧客にも利益をもたらします。飛行機に乗っているときのように、客室乗務員は乗客に「他の人を助ける前に酸素マスクを着用する」ように指示します。 自分の酸素が足りない状態で、他の人を助けることはできないからです。

従業員が元気になり、刺激を受けて仕事をするようになると、顧客の世話をし、革新的なアイデアを生み出し、年内には尽きそうもない課題に取り組めるようになります。私たちはすべての答えを持っているわけではありませんが、1 日目の哲学に従い、Amazon のリーダーシップ原則を守ります。これにより、多くの従業員がこれらの途切れ途切れの海を渡り、新しい仕事と生活の調和を見つけることができました。

------------------

この記事は、AWS と Amazon の幹部がパンデミックの際の経験と洞察を共有している、従業員に対する再考ブログの新しいシリーズの一部です。シリーズの他の記事をご覧になりたい場合は、ここをクリックしてください。

著者について

Ian Wilson、AWS 人事部門バイスプレジデント

Ian Wilson
AWS 人事部門バイスプレジデント

Ian Wilson は、2018 年に入社して以来、アマゾン ウェブ サービス (AWS) の人事部門でバイスプレジデントを務めています。彼が率いる AWS HR チームは数十か国で活動し、数千人の従業員をサポートして、AWS 文化を育み、才能を伸ばし、AWS 顧客の要求を可能にする機能を構築しています。

現在の役職に就く前は、Microsoft の Windows and Devices Group で HR リーダーとして働き、ハードウェアエンジニアリング、製造、サプライチェーン、およびインタラクティブエンターテインメントビジネス (Xbox) の HR イニシアチブを主導していました。Microsoft に勤務していた Ian は、中華圏の地域人事部長として中国の北京を拠点としていました。Microsoft に入社する前、Ian は Allied Signal/Honeywell の航空宇宙および産業オートメーション業界で、さまざまなライン HR ジェネラリストおよびスペシャリストといった役割で 7 年間働きました。

Ian は、コーネル大学の労使関係学部で学士号を取得しています。彼は妻と 2 人の子供と一緒にワシントン州イサクアに住んでいます。Ian は現在、ワシントンにある非営利の幼児発達センターであるキンダリングの理事を務めています。


チームをどのようにクラウドに移行しますか?

新しいチームを雇うよりも、現在のスタッフのスキルを整え、スケールアップする方が費用がかかりません。