spacer
spacer

Red Hat and AWS


技術とビジネスの革新を生む「Red Hat OpenShift on AWS」

~Red Hat OpenShift がリードする「コンテナ」技術と AWS 連携によるサービスとは~

spacer
aws-competency
spacer
spacer-apac
redhat-aws-logo_color
spacer

  ~ 密接な連携によって実現したクラウドネイティブシステム ~

Red HatとAWSは、長い間密接に連携し、Red Hat OpenShift を AWS上で利用出来るサービスを提供し続けていますが、その連携をさらに強化し、「Red Hat OpenShift Service on AWS」と称して、 Red Hat OpenShift をフルマネージドサービスとして提供を開始することが決定いたしました。このサービスは Red Hat と AWS が共同で管理、サポートし、企業の IT 部門がアプリケーションを迅速に構築・デプロイすることを可能にしたフルマネージドサービスです。AWSのさまざまなサービスと簡単に統合出来るだけでなく、インフラストラクチャモダナイゼーションの利点を生かし、柔軟性と敏捷性を兼ね備えたインフラやスケールアウトなシステム環境の構築など、変化に適応するデータ主導型のビジネスの可能性を広げるサービスです。

redhat-aws-interview02

ホワイトペーパー ダウンロード

AWS との連携により、拡張性に優れたアプリケーションを AWS 上で安全に実行することが可能となった背景や 、Red Hat と AWS の長期にわたる知識や経験を盛り込んだ「Red Hat OpenShift on AWS」の特長を AWS、Red Hat双方のエンジニアが詳しく解説した資料です。

redhat-aws-webinar-ondemand01

Red Hat and AWS 共催オンラインセミナー

AWS の幅広いサービスをフルに利用できるマネージドサービス Red Hat OpenShift。このサービスのもたらすメリットを、技術とビジネスの両軸でご紹介する対談ウェビナーを開催いたします。コンテナ活用を検討されているお客様必見の内容です。ぜひご参加ください。


Red Hat OpenShift と AWS連携のメリット

Red Hat OpenShiftは、AWSとの連携により、既存のアプリケーションを効率的にモダナイズしたり、新しいアプリケーション開発をスムーズに実行することが可能になります。

redhat-aws-history

アプリケーション開発とデプロイの加速化

Red Hat と AWS の両方が提供する柔軟なアプリケーション環境により、開発アプリケーションを広範囲にかつ柔軟にデプロイしたり、スケーリングできるようになります。

 DevOps プロセス管理の迅速化

セルフサービスや自動化を活用することで、開発者が必要とする機能を迅速に得ることができる他、運用チームとの連携を強化し、短期間でソフトウエア構築、テスト、リリースを可能にします。

コンテナプラットフォームによるオープンな環境維持

コンテナプラットフォームを活用することで、マイクロサービス化や広範囲にアプリケーションの可搬性を高める、オープンな環境を維持することが容易に実現できます。

ニーズに合わせた柔軟な提供形態

クラウドサービスの Red Hat OpenShift、マネージドサービスの OpenShift Dedicated、フルマネージド型のRed Hat OpenShift Service on AWSなど、システム要件や支払方法によって選択できます。

 

フルマネージドサービス Red Hat OpenShift Service on AWS

2021年、AWSとRed Hatはさらに連携を強化し、Red Hat OpenShiftのマネージドサービスを AWS 上で提供する「Red Hat OpenShift Service on AWS」をリリース予定です。この新サービスでは、クラスターの作成と運用、AWS のサービスとのより深い統合、オンデマンド (1 時間単位) の請求、AWS を介した単一の請求書、AWS へのサポート問い合わせが、セルフサービスで利用可能です。この新しいマネージド Red Hat OpenShift サービスにより、AWS の幅広さと奥深さをフルに活用しながら、完全に機能するマネージド型の Red Hat OpenShift クラスターをデプロイできます。

AWS サービスとの深い統合

redhat-aws-icon1

180以上におよぶ AWS サービスとネイティブに統合するコンテナ化したアプリケーションを構築可能

 

AWS を介した請求書

redhat-aws-icon2

AWS を介した単一の請求書により、Red Hat OpenShift と AWS の課金をまとめて支払うことが可能

共同サポート体制

redhat-aws-icon3

Red Hat と AWS の長期に渡るエンタープライズITの知識と経験に基づいたサポート体制を構築

AWS サービスとして展開

redhat-aws-icon4

AWS コンソールから Red Hat OpenShift をクラスタリングすることが可能

 


Red Hat and AWS 導入事例

世界最大の電子部品メーカー NXPセミコンダクターズ社、エネルギー関連企業のBPカストロール社(旧BP)、保険会社のHelvetia社、教育出版社のScholastic社など、「Red Hat OpenShift on AWS」は、様々な市場の企業や組織において採用され、生産性や業務効率の向上に貢献しています。

redhat-aws-TOKAI_logo

TOKAIグループは、事業の多角化によってWeb環境が急速に拡大。複雑化したバックエンド処理を外部サービスを利用することで対応していたが、Webシステムの運用管理の簡素化とセキュリティ強化のため、Red Hat OpenShift Dedicatedを活用し、コンテナ利用による一元的なアプリケーション開発・運用環境を AWS 上に構築。運用効率とセキュリティの向上に成功しました。

redhat-aws-CATHAY_logo

 

近日公開予定


APN アドバンスドテクノロジーパートナー レッドハット 会社概要

redhat-logo

会社名:レッドハット株式会社

所在地:〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿4丁目1番18号 恵比寿ネオナート3階、5階、8階

事業内容:LinuxディストリビューションのRed Hat Enterprise Linuxを製品として販売・開発・サポート

レッドハット株式会社は、エンタープライズLinuxの世界的なディストリビューターであり、オープンソース業界のリーディングカンパニーです。 オープンソーステクノロジーを基盤として、組込み系からエンタープライズサーバー、ミドルウェアであるJBossまで、幅広く対応する普遍的なプラットフォームとサービスを提供しています。AWSとは2008年から継続的に連携し「Red Hat OpenShift on AWS」を提供。さらに、2020年「Red Hat OpenShift Service on AWS」を発表し、AWS でのマネージド Red Hat OpenShift サービスとして AWS の幅広いサービスとより深くネイティブな統合を行うことで、使い慣れたインターフェイスと一貫した環境で、AWS の使いやすさとスケーラビリティを活用できます。