ワークロードのパフォーマンスを向上

Amazon FSx for Lustre のファイルシステムは、毎秒数百 GB 単位のスループットと、数百万単位の IOPS までスケールできます。FSx for Luster は、数千のコンピューティングインスタンスからの同じファイルまたはディレクトリへの同時アクセスをサポートしています。FSx for Lustre では、一貫した低レイテンシーでファイル操作を行えます。

世界で最も人気のある高性能ファイルシステム

Luster オープンソースファイルシステムは、増え続ける世界のデータセットを迅速かつ安価に処理するという課題を解決するために構築されたもので、世界で最も高速な 500 台のコンピュータで最も広く使用されているファイルシステムです。エネルギーから生命科学、メディア制作、金融サービスまで、幅広い業界でテストされており、ゲノム配列決定からビデオのトランスコーディング、機械学習、詐欺行為の検出まで、さまざまなワークロードに対応しています。

低レイテンシーのデータアクセス

ファイルデータにアクセスする際の平均ファーストバイトレイテンシーは、SSD ベースのファイルシステムではミリ秒未満、HDD ベースのファイルシステムでは 1 桁ミリ秒です。

すべての Amazon FSx for Lustre ファイルシステムは、デプロイタイプ、ストレージタイプ、スループット性能レベルを問わず、低レイテンシーの SSD ストレージを搭載したメタデータサーバーによってサポートされています。SSD ベースのメタデータサーバーにより、ファイルシステム操作の大部分を占めるすべてのメタデータ操作が、ミリ秒未満のレイテンシーで実行できます。

あらゆるコンピューティングワークロードに対応

FSx for Lustre は、Amazon Linux、Red Hat Enterprise Linux (RHEL)、CentOS、Ubuntu、SUSE Linux など、ほとんどの一般的な Linux ベースの AMI に対応しています。

Amazon S3 データのインポートとエクスポートを簡単に

Amazon FSx は Amazon S3 とネイティブに統合されているため、S3 データに簡単にアクセスしてデータ処理ワークロードを実行できます。

コンソールを数回クリックするだけで、S3 バケットにリンクされたファイルシステムを作成できます。S3 バケットをファイルシステムにリンクさせると、FSx for Lustre は S3 オブジェクトをファイルとして透過的に表示します。これにより結果を S3 に書き込むことができます。Amazon FSx for Lustre は、ファイルシステム上の変更を自動的に追跡し、ファイルシステム上の変更されたデータと新しいデータをいつでも S3 バケットに書き戻すことができます。ファイルシステムデータをエクスポートするたびに、Amazon FSx は増分データとそれに関連付けられたシンボリックリンク、ファイル所有権メタデータ、およびファイルタイムスタンプのみを S3 にコピーします。Amazon FSx for Lustre は、並列データ転送技術を使用してデータを S3 にエクスポートし、高速データ転送を可能にします。

コンピューティングサービスと簡単に連携

Amazon FSx for Lustre には、Amazon EC2 インスタンスまたはオンプレミスのコンピュータ/サーバーで実行されているワークロードからアクセスできます。マウントが完了すると、ローカルファイルシステムと同じように、ファイルシステムでファイルやディレクトリを操作できるようになります。FSx for Lustre ファイルシステムには、Amazon Elastic Kubernetes Service (EKS) で稼働しているコンテナからもアクセスできます。

Amazon SageMaker のトレーニングジョブを加速

Amazon FSx for Lustre は、入力データソースとして Amazon Sagemaker と統合されています。Amazon SageMaker を Amazon FSx for Lustre と併用する場合、S3 からの最初のダウンロード手順が排除されるため機械学習トレーニングジョブがスピードアップします。同じデータセットの反復ジョブで共通のオブジェクトの繰り返しダウンロード (S3 リクエストコストの節約) を回避することで、TCO が削減されます。

コンピューティング管理サービスで簡単にデプロイ可能

Amazon FSx for Lustre は、EC2 Launch Templates を介して AWS Batch と統合します。AWS Batch は、HPC、機械学習、およびその他の非同期ワークロード向けのクラウドネイティブバッチスケジューラです。AWS Batch は、ジョブリソース要件に合わせて自動的かつ動的にインスタンスのサイズを調整し、インスタンスを起動してジョブを実行するときに既存の FSx for Lustre ファイルシステムに使用します。

FSx for Lustre も AWS ParallelCluster と統合されます。AWS ParallelCluster は、AWS がサポートするオープンソースのクラスター管理ツールで、ハイパフォーマンスコンピューティング (HPC) クラスターのデプロイと管理に使用されます。クラスター作成プロセス中、FSx for Lustre ファイルシステムを自動的に作成するか、既存のファイルシステムを使用できます。

コストの最適化

管理負担を排除

Amazon FSx コンソール数回クリックし、または CLI や API を使用し、高性能の Lustre ファイルシステムを作成して起動できます。Amazon FSx ファイルシステムにより、ファイルサーバーとストレージボリュームの管理、ハードウェアの更新、ソフトウェアの設定やパフォーマンスの調整について心配する必要はありません。Amazon FSx がこれらの時間の要する管理タスクを自動化します。

複数のデプロイタイプ

FSx for Lustre では、スクラッチファイルシステムと永続的なファイルシステムのいずれかを選択し、短期および長期のデータを処理できます。スクラッチファイルシステムは、データの一時的な保存と短期的な処理に最適です。データはレプリケートされず、ファイルサーバーに障害が発生すると保持されません。永続的なファイルシステムは、長期的なストレージとワークロードに最適です。永続的なファイルシステムでは、データがレプリケートされ、障害が発生するとファイルサーバーが置き換えられます。

永続的ファイルシステムのデータ保護を強化し、ビジネスや規制コンプライアンス要件を満たすために、Amazon FSx はファイルシステムの増分バックアップを自動的に取ることもできます。バックアップは、99.9999999999% (イレブンナイン) の耐久性で Amazon S3 に保存されます。

複数のストレージオプション

FSx for Lustre では、SSD (ソリッドステートディスク) と HDD (ハードディスクドライブ) のストレージオプションが用意されており、ワークロードのコストとパフォーマンスを最適化できます。一般的に小規模でランダムなファイル操作を特徴とする、低レイテンシーワークロードや、IOPS 負荷の高いワークロードでは、SSD ストレージオプションのいずれかを選択します。通常、大規模で連続したファイル操作を特徴とする、高いスループットを必要とするワークロードでは、HDD ストレージオプションのいずれかを選択します。

HDD ベースのファイルシステムを選択した場合は、SSD キャッシュをプロビジョニングし、アクセス頻度の高いファイルに対してミリ秒未満のレイテンシーと高い IOPS を提供できます。

ストレージクォータで消費を管理する

ストレージクォータを使用すれば、ファイルシステムでのユーザーレベルおよびグループレベルのストレージ消費をモニタリングおよび制御して、ユーザーまたはグループが過剰な容量を消費できないようにすることができます。ストレージクォータは、データサイエンティスト、計算エンジニア、ゲノミクス研究者のユーザー共有など、マルチユーザーファイルシステムを管理するストレージ管理者を対象としています。

セキュリティとコンプライアンスの要件を満たしている

すべての Amazon FSx for Lustre ファイルシステムは、保管時の暗号化を使用しています。また、一部のリージョンでは、転送中の暗号化をご利用いただけます。

AWS のコンプライアンスプログラムはクラウドで最も長く実行されており、AWS はコンプライアンス要件を満たせるようお客様を支援することを固く決意しております。Amazon FSx は、世界および業界のセキュリティ基準に適合していると評価されています。PCI DSS、ISO 9001、27001、27017、27018)、SOC 1、2、3 に適合しており、さらに HIPAA 対応です。詳細とリソースについては、コンプライアンスページを参照してください。また、コンプライアンスプログラムによる対象範囲内のサービスのページにアクセスして、サービスおよび認定の詳細な一覧を参照することも可能です。

ネットワークの隔離

Amazon VPC のエンドポイントから Amazon FSx ファイルシステムにアクセスすることにより、ファイルシステムを独自の仮想ネットワークに分離することができます。セキュリティグループルールを設定し、Amazon FSx ファイルシステムへのネットワークアクセスを制御できます。

リソースレベルのアクセス許可

Amazon FSx は AWS Identity and Access Management (IAM) に統合されています。この統合により、AWS IAM ユーザーおよびグループがファイルシステムを管理するために実行できるアクション (ファイルシステムの作成や削除など) を制御できるようになります。Amazon FSx リソースにタグを付け、それらのタグに基づいて IAM ユーザーとグループが実行できるアクションを制御することもできます。

AWS Backup による一元化されたバックアップとコンプライアンスの管理

Amazon FSx は AWS Backup と統合されており、Amazon FSx ファイルシステムのフルマネージド型ポリシーベースのバックアップおよび復元機能を有効にします。AWS Backup との統合により、顧客データを保護し、ビジネス継続性を目的として AWS サービス全体のコンプライアンスを確保できます。 

 

Product-Page_Standard-Icons_01_Product-Features_SqInk
FSx for Lustre 料金の詳細

Amazon FSx for Lustre の料金と、料金の例をご覧ください。

詳細 
Product-Page_Standard-Icons_02_Sign-Up_SqInk
無料のアカウントにサインアップ

AWS 無料利用枠にすぐにアクセスできます。 

サインアップ 
Product-Page_Standard-Icons_03_Start-Building_SqInk
AWS コンソールで構築を開始する

AWS コンソールで Amazon FSx for Lustre を使って構築を始めましょう。

サインイン