パフォーマンスと拡張性

クラウドでの高速かつ低レイテンシーのファイルストレージ

Amazon FSx for OpenZFS は、クラウドで利用可能な中でも最高レベルの、ファイルストレージ向けの低レイテンシーを提供します。最新の AWS コンピューティング、ディスク、およびネットワークテクノロジーに基づいて構築されており、頻繁にアクセスされるデータのレイテンシーをさらに低く抑えながら、高性能ワークロードのレイテンシーを数百マイクロ秒の高速で一貫したものとなるようにします。

スループットと IOPS のパフォーマンス

Amazon FSx for OpenZFS は、AWS Graviton ファミリーのプロセッサを利用して構築されており、最大 12.5 ギガバイト/秒 (GB/s) のスループットと、頻繁にアクセスされるキャッシュデータについて最大 100 万 IOPS をサポートします。永続ディスクストレージからアクセスされるデータの場合、FSx for OpenZFS ファイルシステムは、最大 4 GB/秒および最大 160,000 IOPS を提供します。ファイルシステムでデータ圧縮を有効にして、効果的なスループットの向上に役立てることもできます。

最大数千のクライアント向けのスケーラブルなパフォーマンス

FSx for OpenZFS は、最大数千のクライアントからの同時アクセスをサポートしているため、ユーザーまたはアプリケーションのために共有高性能ファイルストレージを大規模に提供できます。クライアントごとに複数の並列接続をサポートすることで、単一のクライアントであっても、ファイルシステムの最大レベルのスループットと IOPS を提供できます。

コストの最適化

柔軟なストレージとパフォーマンス容量

Amazon FSx for OpenZFS を使用すると、ストレージとパフォーマンスの容量を個別に設定して、特定のワークロードのニーズに合わせてファイルシステムを最適化できます。プロビジョニングされたスループットをいつでもスケールして、ニーズの変化に合わせてファイルシステムを適応させることができます。

ZFS を利用したストレージ効率機能

Amazon FSx for OpenZFS は、高レベルのストレージ効率を提供するように設計された、人気のある OpenZFS ファイルシステムを利用しています。Amazon FSx for OpenZFS は、最新の Z-Standard および LZ4 圧縮テクノロジーをサポートしています。これは、高性能 FSx for OpenZFS ファイルシステムおよびバックアップストレージのストレージコストを削減するのに役立ちます。また、ファイルシステムごとに複数のデータコンテナ (ボリューム)、シンプロビジョニング、およびユーザーまたはグループのストレージクォータをサポートします。これにより、単一のファイルシステム内で複数のチーム、アプリケーション、およびユースケースを効率的にサポートすることが可能となります。

従量制料金の請求モデル

Amazon FSx では、使用したリソースの料金のみをお支払いいただきます。ファイルシステムの料金については、プロビジョニングするストレージ容量 (GB-月あたり)、SSD IOPS (IOPS-月あたり)、およびスループット容量 (MBps-月あたり) に基づいて請求されます。1 秒ごとに課金されるため、お支払いいただくのは、リソースを使用している間の料金のみとなります。

アクセシビリティ

NFS の最新バージョンのサポート

Amazon FSx for OpenZFS は、NFS v3、v4.0、v4.1、および v4.2 のフルサポートを提供するとともに、NFS ベースまたは他の ZFS ベースのオンプレミスアプリケーションとストレージを AWS に移行し、シンプルで可用性が高く、パフォーマンスの高い NFS エンドポイントを使用して新しいクラウドネイティブアプリケーションを簡単に構築するのを支援します。

AWS コンピューティングインスタンスとコンテナからアクセス可能

Amazon FSx for OpenZFS ファイルシステムは、Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2)、Amazon Elastic Container Service (Amazon ECS)、Amazon Elastic Kubernetes Service (Amazon EKS)、VMware Cloud on AWS、Amazon WorkSpaces、および Amazon AppStream 2.0 で実行される数千の同時クライアントをサポートします。

AWS およびオンプレミスでアクセス可能

Amazon FSx for OpenZFS を使用すると、AWS Transit Gateway または VPC ピアリングを使用して別の VPC (別のリージョンの VPC を含む) からファイルシステムにアクセスできるとともに、AWS Direct Connect または VPN を使用してオンプレミスからファイルシステムにアクセスできます。

管理とマネジメント

データを操作するための幅広い ZFS 機能

Amazon FSx for OpenZFS は、FSx API を介してネイティブに、ポイントインタイムスナップショットやインプレースデータクローン作成などのデータを操作するための幅広い ZFS 機能を提供します。スナップショットを使用すると、データとアプリケーションの履歴バージョンを簡単に追跡し、ボタンをクリックするだけでこれらのバージョンを復元できます。データのクローン作成機能を使用すると、データのクローンをインプレースに作成して、既存のユーザーやアプリケーションを中断することなく、またデータを複製することなく、機能や変更を迅速にテストできます。クローンはほぼ瞬時に作成され、作成時に追加の容量を消費することはなく、データの変更は元のデータセットから分離されます。

シンプルで柔軟な管理

Amazon FSx for OpenZFS を使用すると、ファイルシステムの管理方法を極めて柔軟に制御できます。ファイルシステムは、AWS マネジメントコンソール、AWS Command Line Interface (AWS CLI)、および AWS SDK を使用して管理できます。

AWS のサービスとの統合

Amazon FSx for OpenZFS では、AWS Identity and Access Management (IAM) を使用して、ファイルシステム、ボリューム、およびバックアップ (作成、更新、削除など) を管理できるユーザーを簡単に統制できます。Amazon CloudWatch を使用してストレージとパフォーマンスのメトリクスをモニタリングし、AWS CloudTrail と IAM を使用して API コールをモニタリングおよび保護し、AWS CloudFormation を使用してファイルシステムを管理できます。

可用性とデータ保護

災害対策のための自動ファイルシステムバックアップ

Amazon FSx for OpenZFS は、耐久性の高い日々のファイルシステムのバックアップを Amazon S3 に自動的に取得します。いつでも、バックアップスケジュールを変更したり、ファイルシステムの追加のバックアップを作成したり、既存のバックアップを新しいファイルシステムに復元したりできます。バックアップは、ポイントインタイムの一貫性があり、増分的かつ管理が簡単です。また、作成と復元を迅速に実行できます。データ保護の追加レイヤーを提供し、ビジネス継続性、災害対策、およびコンプライアンスの要件を満たすために、これらのファイルシステムバックアップを AWS リージョン間でコピーすることもできます。

スナップショットを使用した簡単なファイルレベルの復元

Amazon FSx for OpenZFS は、ファイルシステム内に直接保存されるほぼ瞬時のポイントインタイムボリュームスナップショットをサポートします。エンドユーザーは、ボリュームを過去のスナップショットに簡単に復元できるほか、変更を元に戻したり、個々のファイルやディレクトリのバージョンを比較したりすることもできます。

セキュリティとコンプライアンス

暗号化

すべての Amazon FSx for OpenZFS ファイルシステムのデータは、AWS Key Management Service (AWS KMS) で管理されているキーを使用して、保存中に自動的に暗号化されます。サポートされている Amazon EC2 インスタンスタイプからアクセスすると、データは転送中に 256 ビット暗号化で自動的に暗号化されます。

ネットワークの隔離

Amazon FSx for OpenZFS は IAM と統合されており、ファイルシステム、ボリューム、およびバックアップ (作成、更新、削除など) を管理できるユーザーを統制できます。Amazon FSx for OpenZFS リソースにタグを付け、それらのタグに基づいて IAM ユーザーとグループが実行できるアクションを制御することもできます。

リソースレベルの許可とタグ付け

Amazon FSx for OpenZFS は IAM と統合されており、ファイルシステム、ボリューム、およびバックアップ (作成、更新、削除など) を管理できるユーザーを統制できます。Amazon FSx for OpenZFS リソースにタグを付け、それらのタグに基づいて IAM ユーザーとグループが実行できるアクションを制御することもできます。

API アクティビティのモニタリング

AWS CloudTrail と IAM を使用して API コールをモニタリングおよび保護し、Amazon GuardDuty を使用して疑わしい API の使用パターンを検出してフラグを立てることができます。

ファイルレベルおよびディレクトリレベルのアクセスコントロール

Amazon FSx for OpenZFS は、POSIX 許可をサポートしているため、個々のユーザーとグループについて、ファイルレベルとディレクトリレベルのきめ細かいアクセス許可を定義できます。

コンプライアンス

AWS のコンプライアンスプログラムはクラウドで最も長く実行されており、AWS はお客様がコンプライアンス要件を満たせるよう支援することに真摯に取り組んでいます。Amazon FSx for OpenZFS は、HIPAA 要件を充足していることに加えて、PCI DSS、ISO 9001、27001、27017、および 27018、ならびに SOC 1、2、および 3 に準拠しており、グローバルおよび業界のセキュリティ基準を満たすものとして評価されています。詳細とリソースについては、コンプライアンスのページを参照してください。また、コンプライアンスプログラムによる対象範囲内のサービスのページでは、サービスおよび認定の詳細な一覧を参照することも可能です。

Amazon FSx for OpenZFS の料金の詳細はこちら
Amazon FSx for OpenZFS の料金の詳細はこちら

Amazon FSx for OpenZFS の料金の料金オプションを詳しくご覧ください。

詳細はこちら 
無料のアカウントにサインアップ
無料のアカウントにサインアップ

AWS 無料利用枠にすぐにアクセスできます。 

サインアップ 
コンソールで構築を開始する
コンソールで構築を開始する

AWS マネジメントコンソールで Amazon FSx for OpenZFS を使用して構築を始めましょう。

サインイン