このガイドでは、ファイルを Amazon S3 にバックアップする際に役立つステップについて順を追って説明します。ここでは、バケットの作成、ファイルのアップロード、ファイルの取得、およびファイルの削除を行う方法を説明します。このチュートリアルはすべて無料利用枠の範囲内で体験できます。

ファイルのバックアップ

コンソールにサインイン

Amazon S3 へのファイルのバックアップには、アカウントが必要です。

数分で AWS アカウントを作成 »

ここをクリックすると、順を追って説明するこのガイドを開いたまま、AWS マネジメントコンソールが新しいブラウザウィンドウで開くことができます。この画面が読み込まれたら、ユーザー名とパスとワードを入力して、作業を開始します。次に、[S3] を [ストレージ & コンテンツ配信(Storage & Content Delivery)] の下で見つけて、ダブルクリックします。ダッシュボードが開きます。

Backup Files to S3 - Console

(クリックすると拡大表示されます)

Backup Files to S3 - Console

[S3] ダッシュボードで、[バケットを作成(Create Bucket)]ボタンをクリックします。一意な名前を小文字で [バケット名(Bucket Name)] に入力し、[リージョン(Region)] が [Tokyo] に設定されていることを確認します。 次に、[作成(Create)] ボタンを押します (注: S3 バケット名にはいくつかの制限があります。すべての制限を表示するには、ここをクリックしてください)。

Backup Files to S3 - Create a Bucket

(クリックすると拡大表示されます)

Backup Files to S3 - Create a Bucket

1. 新たに作成したバケット [yourname-backup-bucket] を選択し、[アップロード(Upload)] ボタンをクリックします。

Backup Files to S3 - Upload

(クリックすると拡大表示されます)

Backup Files to S3 - Upload

2. [ファイルを追加する(Add Files)] をクリックし、バックアップするファイルを選択します。次に、[アップロードの開始(Start Upload)] ボタンをクリックし、選択したファイルのアップロードを開始します。

Backup Files to S3 - Add Files

(クリックすると拡大表示されます)

Backup Files to S3 - Add Files

c. バケットのホーム画面が再び表示され、右側の [upload status] 列に進捗バーが表示されます。

Backup Files to S3 - Progress Bar

(クリックすると拡大表示されます)

Backup Files to S3 - Progress Bar

1. ダウンロードするファイルの隣にあるチェックボックスをオンにし、[アクション(Actions)] ボタンをクリックして、[ダウンロード(Download)] を選択します。

Backup Files to S3 - Retrieve

(クリックすると拡大表示されます)

Backup Files to S3 - Retrieve

2. 画面に表示される "以下のダウンロードリンクを右クリックし、次のアイテムを選択してください"リンクに名前を付けて保存..."(Please right-click the download link below and choose "Save Link As…")" の指示に従って、バックアップしたファイルをダウンロードします(注: 右クリックせずに [ダウンロード(Download)] リンクをクリックすると、ファイルがブラウザ内で開きます)。

ダウンロードしたファイルを保存したら、[OK] をクリックしてメニューを閉じます。

Backup Files to S3 - Save

(クリックすると拡大表示されます)

Backup Files to S3 - Save

削除するファイルの隣にあるチェックボックスをオンにし、[アクション(Actions)] ボタンをクリックして、[削除(Delete)] を選択します。選択したファイルを削除する場合は、[OK] をクリックして削除を確認します。

Backup Files to S3 - Delete

(クリックすると拡大表示されます)

Backup Files to S3 - Delete

おめでとうございます。最初のファイルがクラウドにバックアップされました。AWS S3 は、99.999999999% の耐久性を持つように設計されており、ファイルは必要なときにいつでも利用できます。また、このチュートリアルで説明された方法を使用して、バックアップしたファイルを取得したり、保存しておく必要がない場合にファイルを削除したりすることもできます。


ウェブコンソールから Amazon S3 を使用する方法については理解できました。次のチュートリアルでは、コマンドラインを使用して、スクリプトにより同様のバックアップと復元のアクションを実行する方法について学びます。

コマンドラインによってファイルを Amazon S3 にバックアップする »


はい
いいえ