Amazon Amplify でウェブアプリケーションをデプロイする

入門ガイド

モジュール 4: リソースをクリーンアップする

このモジュールでは、前のモジュールでデプロイしたリソースをクリーンアップします

はじめに

これで本ガイドは終了ですが、このガイド中に作成したリソースをクリーンアップする必要があります。アカウントを無料利用枠で使っている場合、月額料金は一切発生しません。無料利用枠が終了すると、API コールが行われなければ費用はかかりません。アプリケーションを使用する場合にのみ費用が発生します。 詳細については、AWS AppSync の料金ページをご覧ください。

これで、アプリケーションと、AWS で作成されたすべてのリソースを削除します。

学習内容

  • Amplify CLI で作成された AWS リソースを削除する方法

 所要時間

< 2 分

 モジュールの前提条件

  • 管理者レベルのアクセス権を持つ AWS アカウント**
  • 推奨ブラウザ: Chrome または Firefox の最新バージョン

[**] 過去 24 時間以内に作成されたアカウントは、このチュートリアルに必要なサービスへのアクセス権限がまだ付与されていない可能性があります。

実装

AWS 環境をクリーンアップする

これを行うには [amplify delete] を実行し、要求されたら [y] で確認します。Amplify から、アプリケーションの削除を確認するように求められます。

? Are you sure you want to continue? Yes
⠋ Deleting resources from the cloud. This may take a few minutes...
Deleting env: dev.
✔ Project deleted in the cloud.
Project deleted locally.

クラウドでプロジェクトが削除されているのが確認できたら、すべてのリソースが削除されています。

まとめ

おめでとうございます。 AWS Amplify でウェブアプリケーションをデプロイするの入門ガイドを修了しました。下記の、次のステップセクションに従って AWS のクラウドジャーニーを続けましょう。

当社のサービスについてご意見をお聞かせください。

フィードバックありがとうございます。
このページがお役に立てれば幸いです。今後の改善のために、追加の詳細情報を共有していただけますか?
閉じる
フィードバックありがとうございます。
このページがお役に立たず申し訳ありません。今後の改善のために、追加の詳細情報を共有していただけますか?
閉じる