以下の手順通りに、E メール通信に使用される FROM アドレスをカスタマイズします。各ステップの番号をクリックして、セクションを展開してください。 

  • ステップ 1: リージョンを選択する

    このワークショップは、Amazon AppStream 2.0、Amazon S3、Amazon SES、AWS IAM、AWS Lambda、AWS Step Functions、および Amazon API Gateway を含む、すべてのサービスをサポートする任意の AWS リージョンにデプロイできます。サポートされているリージョンのうち、選択できるリージョンは以下のとおりです。

    • 米国東部 (バージニア北部)
    • 米国西部 (オレゴン)
    • 欧州 (フランクフルト)
    • 欧州 (アイルランド)
    • アジアパシフィック (東京)
    • アジアパシフィック (ソウル)
    • アジアパシフィック (シンガポール)
    • アジアパシフィック (シドニー)

    リージョンの詳細情報は、AWS リージョン表を参照してください。

    これらの手順を完了するには、AWS アカウントが必要です。アカウント作成の詳細については、アマゾン ウェブ サービスアカウントの新規アカウントを作成してアクティベートする方法を教えてくださいを参照してください。

    1. https://console.aws.amazon.com/console/home で AWS マネジメントコンソールにサインインします。
    2. E メールアドレスまたは AWS アカウント ID を入力し、[次へ] を選択します。
    3. AWS アカウントパスワードを入力し、[Sign In] を選択します。
    4. コンソールの右上にあるメニューで、必要な [AWS リージョン] を選択します。

  • ステップ 2:Amazon SES で新しい E メールアドレス ID を追加して検証する

    Amazon SES は、独自の E メールアドレスおよびドメインを使用して E メールを送受信できる E メールプラットフォームです。このセクションの手順を実行して、Amazon SES コンソールで E メールアドレス ID を追加して検証します。この E メールアドレスは、ワークショップの後半のテストで使用します。
    新しい Amazon SES アカウントを作成すると、アカウントに特定の制限が適用され、不正使用防止が支援されるほか、送信者としての評価を守ることができます。新しい Amazon SES アカウントはすべて Amazon SES サンドボックスに配置されます。送信者 E メールアドレスおよびドメインはすべて検証する必要があります。

    注意
    開発段階とテスト段階では、Amazon SES サンドボックス環境の使用で事足ります。しかし、ソリューションを本稼働デプロイする場合には、サンドボックスから出ることをお勧めします。そうすることで、アプリケーションを AppStream 2.0 にオンボードするようにリクエストするユーザーに対して、制限なしでメールを送信できます。詳細については、Amazon Simple Email Service 開発者ガイドから Amazon SES サンドボックスの外への移動を参照してください。

    1. Amazon SES コンソールを https://console.aws.amazon.com/ses/ で開きます。
    2. ナビゲーションペインで [ID 管理] の下にある [E メールアドレス] を選択します。
    3. [新しいメールアドレスを確認する] をクリックします。
    4. [新しいメールアドレスを確認する] ダイアログボックスの [E メールアドレス] フィールドに、追加および検証する E メールアドレスを入力します。この E メールアドレスは、お客様がアクセスできるものである必要があります。
    5. [このメールアドレスを確認する] をクリックします。
    6. 指定した E メールアドレスに検証 E メールが送信されます。E メールが届くまで最大 1 時間かかる場合があります。 メッセージには次の件名が付いています。アマゾン ウェブ サービス - リージョン RegionName の E メールアドレス検証リクエストで、[RegionName] には、SES コンソールで選択した AWS リージョンの名前が入ります。
    7. 検証 E メールを受信したら、メッセージ内の検証リンクを開きます。 注意: 検証メッセージのリンクは、メッセージの送信後 24 時間で有効期限が切れます。検証 E メールの受信後 24 時間が経過した場合は、ステップ 1~7 を繰り返して、有効なリンクを含む別の検証 E メールを受信してください。
    8. SES コンソールで E メールアドレス ID のステータスを確認できます。ナビゲーションペインで、[E メールアドレス] をクリックします。 E メールアドレス ID のリストから、追加した E メールアドレスを見つけ、アドレスの検証ステータスが検証済みであることを確認します。