以下に示す手順に従って REST API を作成します。各ステップの番号をクリックして、セクションを展開してください。

  • ステップ 1:新しい RESTful API を作成する

    Amazon API Gateway を使用すると、独自の REST および WebSocket API オペレーションを作成、公開、保守、監視、保護することができます。新しい RESTful API を作成するには、以下の手順を実行します。

    1. Amazon API Gateway コンソールを https://console.aws.amazon.com/apigateway で開きます。
    2. 以下のいずれかを行います。
      • これが最初の API 操作の場合は、[開始する] ページが表示されます。[開始] を選択します。
      • [サンプル API を作成] ダイアログボックスで、[OK] を選択します。
      • 2 回目以降の API オペレーションの場合には、[API を作成] を選択します。
    3. [API タイプを選択する] で、[REST API] を選択し、[構築する] を選択します。
    4. [プロトコルを選択] で、[REST] を選択したままにします。
    5. [新しい API を作成] で、[新しい API] を選択したままにします。
    6. [設定] で、以下を行います。
      • [API 名] に、[examplecorp_eao] と入力します。
      • [説明] には、必要に応じて説明を入力できます。
      • [エンドポイントタイプ] で、[リージョン] を選択したままにします。
    7. [API を作成] を選択します。
  • ステップ 2:Lambda 統合用の API ゲートウェイを設定する

    このワークショップの API Gateway を構成するには、次の手順を実行します。

    1. Amazon API Gateway コンソールを https://console.aws.amazon.com/apigateway で開きます。
    2. ナビゲーションペインで、[examplecorp_eao API] の下にある [リソース] を選択します。
    3. [アクション、リソースを作成] の順に選択します。
    4. 次に、以下を実行します。
      • [リソース名] に、[execute] と入力します。
      • [リソースパス] の値が [/execute] であることを確認します。
      • [API Gateway CORS を有効にする] チェックボックスをオンにします。
      • [プロキシリソースとして設定] チェックボックスをオフのままにします。
    5. [リソースを作成] を選択します。
    6. [リソース] ペインで新しく作成したリソース (/execute) が選択された状態で、[アクション]、[メソッドを作成] の順に選択します。
    7. [オプション] で [POST] を選択し、リストの右側にあるチェックマークを選択します。
    8. [POST - 設定] ペインで、以下を実行します。
      • [統合タイプ] で、[AWS サービス] を選択します。
      • [AWS リージョン] で、お客様のリージョンを選択します。
      • [AWS サービス] では、[Step Functions] を選択します。
      • [AWS サブドメイン] は空のままにします。
      • [HTTP メソッド] で、[POST] を選択します。
      • [アクションタイプ] で、[アクション名を使用する] を選択したままにします。
      • [アクション] に、[StartExecution] と入力します。
      • [実行ロール] には、前に作成した IAM サービスにリンクされたロール examplecorp_eao_role のロール ARN をコピーして貼り付けます。
      • [コンテンツ処理] で、[パススルー] を選択したままにします。
      • [デフォルトのタイムアウトを使用する] のチェックボックスをオンのままにします。
      • [保存] を選択します。
    9.  [リソース] ペインで新しく作成したメソッド (POST) が選択された状態で、[アクション]、[CORS を作成] の順に選択します。
    10. [CORS を有効にする] ペインで、デフォルト値をそのまま使用し、[CORS を有効にして既存の CORS ヘッダーを置き換える] を選択します。
    11. [メソッド変更を確認する] ダイアログボックスで、[はい]、[既存の値を置き換える] を選択します。
    12. リソースが CORS 用に構成されたことを通知するメッセージが表示されます。
    13. [リソース] ペインで、[POST] を選択します。
    14. [アクション、API をデプロイ] の順に選択します。
    15. [API をデプロイ] ダイアログボックスで、以下を実行します。
      • デプロイステージで、[新しいステージ] を選択します。
      • [ステージ名] に、[test] と入力します。
      • [ステージの説明] および [デプロイメントの説明] には、必要に応じて説明を入力できます。
      • [デプロイ] をクリックします。
    16. [ステージ] ペインで、新しく作成したステージ [test] を展開します。
    17. [POST] を選択します。
    18. [ステージエディタ] ペインの最上部に、[URL を呼び出す] が表示されます。この URL を書き留めます。この URL は後ほど必要になります。