お疲れ様でした。 このプロジェクトでは、サーバーレスデータ処理アプリケーションを構築する方法について学習しました。このモジュールでは、アプリケーションを詳しく理解するための追加の演習と、このプロジェクトで使用したリソースを削除する方法について説明します。

時間があるときに、以下のリストに記載されている作業を行って、ユニコーンのモニタリングシステムを操作してみることをお勧めします。

  • AWS SDK を使用して任意のプログラミング言語で wildrydes ストリームのコンシューマーを記述する。出力形式について実験する
  • Amazon Kinesis Data Analytics アプリケーションを構築し、 wildrydes ストリームからデータを読み取り、ユニコーンのバイタルサインが 100 ポイントを下回っているデータポイントを検出するよう設定する
  • AWS Lambda 関数を作成し、ストリームからデータを読み取り、ユニコーンのバイタルサインが 100 ポイントを下回った場合に運用担当者に事前アラートを送信するよう設定する
  • 別の Amazon Athena クエリを記述して以下の項目を検索する
    – 移動中のユニコーンから送信された緯度と経度のペアをすべて選択する
    – 特定のタイムスタンプの後に取得されたすべてのデータポイント
    – 各ユニコーンの総移動距離の合計
    – ユニコーンのバイタルが 100 ポイントを下回ったすべてのデータポイント

これで、サーバーレスリアルタイムデータ処理アプリケーションのプロジェクトは完了です。

AWS Lambda の使用を開始する方法を知る >>


  • Amazon Athena

    wildrydes テーブル

    a.[サービス] を選択し、[分析] セクションで [Athena ] を選択します。

    b. wildrydes テーブルの横にあるオーバーフロー (3 つの垂直方向のドット) アイコンを選択し、[テーブルの削除] を選択します。

    c.[はい] を選択して削除を確定します。

  • Amazon Kinesis Data Firehose

    wildrydes 配信ストリーム

    a.[サービス] を選択し、[分析] セクションで [Kinesis] を選択します。

    b.[View all] を Kinesis 配信ストリームで選択します。

    c.[wildrydes] を選択し、ラジオボタンを選択します。

    d.[Delete] を選択します。

  • Amazon S3

    データバケット (例えば、wildrydes-data-自分の名前)

    a.[サービス] を選択し、[ストレージ] セクションで [S3] を選択します。

    b.バケットの行 (例、wildrydes-data-自分の名前) を選択して強調表示します。

    c.[バケットを削除する] を選択します。

    d.バケットの名前 (例、wildryde-data-自分の名前) を入力し、[確認] を選択して削除を確定します。

  • AWS Lambda

    WildRydesStreamProcessor 関数

    a.[サービス] を選択し、[コンピューティング] セクションで [Lambda] を選択します。

    b.WildRydesStreamProcessor の横にあるラジオボタンを選択します。

    c.[アクション]、[削除] の順に選択します。[削除] を選択して削除を確定します。

  • Amazon DynamoDB

    UnicornSensorData テーブル

    a.[サービス] の「データベース」セクションにある [DynamoDB] を選択します。

    b.左側のナビゲーションで [テーブル] を選択します。

    c.UnicornSensor Data の横にあるラジオボタンを選択します。

    d.[テーブルの削除] を選択し、[削除] を選択して削除を確定します。

  • AWS IAM

    WildRydesDynamoDBWritePolicy ポリシー

    a.[サービス] を選択し、[セキュリティ、アイデンティティ、コンプライアンス] セクションで [IAM] を選択します。

    b.左側のナビゲーションで [ポリシー] を選択します。

    c.[フィルタ] から [ユーザーによる管理] を選択します。

    d.WildRydesDynamoDBWritePolicy の横にあるチェックボックスをオンにします。

    e.[ポリシーアクション]、[削除] の順に選択します。[削除] を選択して削除を確定します。

     

    Wildrydes Kinesis Data Analytics のポリシー

    a.左側のナビゲーションで [ポリシー] を選択します。

    b.検索ボックスで [wildrydes] を入力します。

    c.kinesis-analytics-service-wildrydes-[region] の横にあるチェックボックスをオンにします。

    d.[Policy actions]、[Delete] の順にクリックします。[Delete] をクリックして削除を確定します。

     

    WildRydesStreamProcessor ロール

    a.左側のナビゲーションで [ロール] を選択します。

    b.WildRydesStreamProcessor の横にあるチェックボックスをオンにします。

    c.[Delete role]、[Yes, delete] の順にクリックして削除を確定します。

     

    wildrydes Amazon Cognito と Kinesis Data Analytics のロール

    a.左側のナビゲーションで [Roles] を選択します。

    b.検索ボックスで [wildrydes] を入力します。 

    c.Cognito_wildrydesAuth_RoleCognito_wildrydesUnauth_Rolekinesis-analytics-wildrydes-[region] の横にあるチェックボックスをオンにします。

    d.[Delete role]、[Yes, delete] の順にクリックして削除を確定します。

  • Amazon Cognito

    wildrydes ID プール

    a.[Services] を選択し、[セキュリティ、アイデンティティ、コンプライアンス] セクションで [Cognito] をクリックします。

    b.[Manage Identity Pools] をクリックします。

    c.[wildrydes] をクリックします。

    d.[Edit identity pool] をクリックします。

    e.下方へスクロールし、[ Delete identity pool] をクリックします。

    f.[Delete pool] をクリックします。

  • Amazon Kinesis Data Analytics

    wildrydes アプリケーション

    a.[サービス] を選択し、[分析] セクションで [Kinesis] を選択します。

    b.[Kinesis 分析アプリケーション] で [すべて表示] を選択します。

    c.[wildrydes] を選択し、ラジオボタンを選択します。

    d.[アクション]、[アプリケーションの削除] の順に選択します。[アプリケーションの削除] を選択して削除を確定します。

  • Amazon Kinesis Data Streams

    wildrydes と wildrydes-summary

    a.[サービス] を選択し、[分析] セクションで [Kinesis] を選択します。

    b.[Kinesis データストリーム] で [すべて表示] を選択します。

    c.wildrydes と wildrydes-summary の横のチェックボックスをオンにします。

    d.[アクション]、[削除] の順に選択します。[削除] を選択して削除を確定します。


ここでは、はじめてのサーバーレスリアルタイムデータ処理アプリケーションを構築しました。これから、より高度なアプリケーションを作成する方法を学習していきましょう。ウェブアプリケーションの構築に興味をお持ちの場合は、WildRydes サーバーレスウェブアプリケーションのプロジェクトをお試しください。AWS Lambda とサーバーレスデータ処理の開始方法に関するリソースをお探しの場合は、Lambda 開始方法ページをご覧ください。Lambda のリソースページでは、さらに詳しいリソースをご確認いただけます。

このチュートリアルでは、ユーザーが Wild Rydes のユニコーンへの乗馬をリクエストできるシンプルなサーバーレスウェブアプリケーションを作成します。 アプリケーションの HTML ベースのユーザーインターフェイスによって、ユーザーは乗馬する場所を指定できます。またアプリケーションに、バックエンド上で RESTful ウェブサービスとのインターフェイスを持たせることにより、リクエストを送信して近くのユニコーンを手配できます。

Lambda 開始方法ページでは、AWS Lambda の使用方法に関するチュートリアル、ワークショップ、オンラインセミナーをご利用いただけます。データ処理、ウェブアプリケーション開発、モバイルバックエンド開発、エッジコンピューティングなどの特定のユースケースに関するリソースも用意されています。

Lambda 開始方法 ページ には、専門知識のレベルに合わせたさまざまなリソースが用意されています。チュートリアルとワークショップ以外に、詳細なお客様導入事例、お客様の声、ホワイトペーパー、リファレンスアーキテクチャもあります。